スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「パッション」

最近と呼ぶにはちょっと時間が経ってしまったんですが、「502」のあやめさんが「パッション」の記事を書いてらっしゃって、それを皮切りに普段仲良くさせて頂いているブロガーさんの間で一時話題になりました。

これから書くことは私自身が感じたことをだらだら書き連ねているだけなので「映画レビュー」とは言えないものになっています。(いつものことだけど)
しかも笑い一切ナシ!!!!!むしろ重たいです。
なので興味のある方だけ続きをご覧下さいませ。

20051115125504.jpg



内容はイエスキリスト最後の12時間を描いたもので、イバラの冠をかぶらされ、ゴルゴダの丘で両手両足を釘打ちされた凄惨な十字架刑の事実が克明に映像化されています。

ゆえに全米ではR指定となり、ローマ法王をも巻き込んでの論争に発展し、日本でも公開前から話題になっていました。

とは言っても私はキリスト教徒ではないし、キリスト教という宗教やイエス・キリストに対して正直まるで興味がなかったので、有名すぎるほど有名なレオナルドダヴィンチの「最後の晩餐」という絵にしたって何故「最後の」晩餐であるのかすら知らなかったくらいでした。

もともと「欧米版時代劇」のような作品にもあまり興味がないので、この映画もあやめさんの記事や、その記事に寄せられたコメントなどを見ていなければ手に取ることはなかったと思います。

この映画を見たからと言ってキリスト教やイエス・キリストの事が全て理解出来たわけではないし、理解出来るわけもないと思いますが、それでもキリスト教の信者、それから聖書の発行部数が世界で一番多いことの理由が少しだけ分かったような気がします。それだけ見る人の心を揺さぶり、衝撃を与える内容でした。

いい映画か、悪い映画か、面白いか、面白くないか、そう言う風に括ることは出来ないように思うし、見応えがあるのは確かだけれど「面白い」と表現するのは絶対に違うと思います。

あやめさんもご自身の記事でおっしゃっていましたが、目を背けたくなるようなシーンがたくさんあり、実際私は何度も視界を覆い画面から目をそらしました。

映画の中で、イエスは「むごい」という一言では片づけられない迫害を受けます。
なぜそれほどまでに群衆はイエスを迫害するのか、そして迫害している自分自身に何の疑問も感じないのか、群衆達の心理が不思議で仕方なかったし、稚拙な感想で申し訳ないですが「人間ってこわい」と思ったけれど、世界史や日本史を振り返ればキリストの迫害だけに留まらず、ヒトラーのユダヤ人迫害、バテレン追放令、キリシタン狩り、など、現代にしてみれば「有り得ない、ひどすぎる」と思う異常な事がその時代では当然のこととしてまかり通っていたわけです(疑問を持っていた人は居たにせよ)。

だとすれば私たちが現在進行形で何の疑問も持たずに受け入れていることも後々「有り得ない、理解出来ない、異常だ」と言われるようになるのではないか、当たり前のこととして受け入れていること、常識とされていることが正常なのかどうか、一体何の根拠があってそう言えるのか、疑問を持たざるをえなくなりました。

北朝鮮の拉致問題などにしたってずっとずっと問題になっていますがいまだ解決していないし、昔ほどではないにせよ人種差別も残っています。
以前「生きながら火に焼かれて」というノンフィクションの本を読んだのですが、それは中東シスヨルダンで起こった信じられない男女差別の記録で、先進国では考えられない事が今もなお現在進行形でまかり通っているというショッキングな内容でした。
それらはあと何十年、何百年と経ったら「そんな有り得ない問題で何十年も足踏みしていたなんてその時代の人たちの考えが理解出来ない」と言われるようになるでしょう。

私一人が疑問を持ったところでどうにもならないけれど、自分がいかに漫然と生きているのかを思い知らされる映画でした。

見た方が良いとか、見て損はないなどと人に勧めようとは決して思わないけれど、私自身は見て良かったと思っています。


関連記事
●過去ログランダム表示●



●愛用品ログ一覧●

fc2blog_20141114011140e3d.jpgfc2blog_20131215083012ca2.jpg
fc2blog_20150213013703f08.jpgfc2blog_201502101300178da.jpgfc2blog_20131222133640db6.jpgfc2blog_201311011114277ba.jpg
fc2blog_20131105124305216.jpgfc2blog_201311180228231b1.jpgfc2blog_20140401035020166.jpgfc2blog_20140419115949bdb.jpg
fc2blog_201311041253183ac.jpgfc2blog_20131104125241c83.jpgfc2blog_201311011115436b2.jpgfc2blog_20131101111556736.jpg
fc2blog_201311051132592b6.jpgfc2blog_20131101124245813.jpgfc2blog_201401071218522a5.jpgfc2blog_201311011241517f7.jpg
fc2blog_201311011242226d3.jpgfc2blog_201401111255144ca.jpgfc2blog_2013112812265944b.jpgfc2blog_20140408054901db4.jpg
fc2blog_20140505162514765.jpgfc2blog_20131119022911a17.jpgfc2blog_20131123141106243.jpgfc2blog_2013110612513398a.jpg
search
profile

奈々

Author:奈々
82年製。

instagram @18nana
Twitter @r18nana_2

「30代なに着る?」アンケート。
ads
楽天
all categories/all archives
 
calendar
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
links
このブログをリンクに追加する
R






                          
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。