笑えるけど笑えるだけじゃないおすすめ本。

fc2blog_2016071103475846b.jpg




どっから辿り着いたんだか忘れてしまいましたが、ネットサーフィン中にたまたま見つけたこちらの本。

twitterで5万人以上のフォロワーさんを持つTestosteroneさん(@badassceo)の

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

という本。

なんじゃこりゃ?と思ってamazonレビューを見てみたら、軒並み高評価なんですけど

「筋トレが最強のソリューションである」というタイトルなのに、


筋トレの「やり方」は一切書いていない


と。

興味をそそられ、さっそく買って読んでみたところ


上司も取引先もいざとなれば力尽くで葬れると思うと得られる謎の全能感


とか


「人間不信で信じられるのはワンちゃんだけ…」って感じでメンがヘラってる人には筋トレをお勧めしたい。

筋肉は犬より従順で裏切らないし育てるという観点で犬の飼育と似てるし、

筋トレにより男性ホルモンであるテストステロンが分泌されると

『裏切ったら潰すぞ?』というメンタルに切り替わる。



などの清々しいマッスル思考。

単純に面白くて笑いながら読み進めてたんですけど、「ただ笑える」だけじゃないのですよ。


カロリー制限や糖質制限と一言で言い切るから間違ったダイエットが横行する。

カロリー制限=摂取カロリーを代謝マイナス500キロカロリー前後に制限することであり絶食することではない。

糖質制限=マクロ栄養素(タンパク質・炭水化物・脂質)の割合を変えることであって

炭水化物食べないだけってほど単純ではない。



とか


高タンパクな食事、筋トレを維持しないと筋肉は減っていき代謝は下がっていく一方。

運動を増やしても食事量を減らしても体重が減るどころか増えたなんて経験ないかい?

体脂肪を燃やしてくれるのは筋肉なのに、

一般の方はダイエットというと真っ先に有酸素と食事制限でその肝心な筋肉を犠牲にしてしまう。


とか


どうしてもカロリー摂取を抑えて痩せたいというならプロテイン=タンパク質をしっかり摂取することがカギです。

50kgの女性であれば最低でも80g~100g、

カロリーにするとタンパク質1g=4キロカロリーなのでたったの320~400キロカロリー。

野菜スープがどうとかって話はその後の話。



とか

女性の皆さん、けっこう耳に痛いこと書かれてませんか? ( ´∀`)


野菜スープがどうとかって話はその後の話


読んだときなんてギクーーーー!!!でしたよわたし。



「今日からできる簡易ダイエット習慣」という頁(P.56)では


1、白い炭水化物を抜く。(白米、食パン等)

2、朝食→昼食→夕食の順にカロリー減

3、一食抜き厳禁 (代謝が下がる)

4、タンパク質中心

5、良質な脂質摂取 (オリーブオイル、ナッツ、アボカド等)

6、水を2~3ℓ

7、野菜摂取 (ビタミン・ミネラル不足だと痩せない)



さらには


ハードに運動しても痩せないって嘆いているそこの君!

身体はジムで作られるんじゃない、キッチンで作られるんだ!

週2筋トレの2ヶ月プランで考えると運動は16回、食事は180回だ。

どちらに集中すべきか単純に数を比べるだけでも分かる。

基本は「高タンパク+低GI値炭水化物&カロリー量→朝>昼>夜」



これらはざっくりと簡単に書かれていることですが、大筋としては


世界一の美女になるダイエットでお馴染み、元ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさんや



sekaiichinobijo.jpg




アンチエイジングの鬼の勝田小百合さん



anti-ageing.jpg



と、ほぼ同じことを説いているんですよ。



そのほかにも

「代謝を知らんとどの程度のカロリー制限をするべきかも見えてこない。マクロ栄養素の理解なしに糖質制限は絶対に成功しない

とか

「筋トレオタクに学ぶ一般の方も摂取した方がよいサプリ」として

フィッシュオイル (脂肪燃焼、関節、脳に好影響、抗メンタルトラブル)や

マルチビタミン(身体が正常に動くためにビタミンは必須)が紹介されていたりと

(筆頭はプロテインでしたけどw)

ムキムキになりたい人・ムキムキを共有したい人だけに向けて書かれたものではなくて


筋肉=ダイエット=美容=健康体


であり

もっと言うなら


「=健全な精神」も地続きで


全てが繋がっていることを、しみじみと感じさせられる本なのです。




前回ちらりと


その組織や機能を構成するものは全て繋がっていて、「コレをやっときゃいい」なんていう「ショートカット」はないっつーことを改めて感じますね。


って書いてたんですが、この本は、改めてそう思うきっかけになったと言っても過言ではないのですよ。

筋肉はタンパク質で出来ていて、この本でもタンパク質(プロテイン)を摂ることがいかに重要か説かれていますし、

タンパク質が重要なのは、筋トレをしてなくても知識としてはありますよね。

だけど、ただタンパク質をとればいいというものではなく、筋肉を動かすには炭水化物を摂って、エネルギーとなるブドウ糖を補給しておく必要があります。

厳密に言うと、取り込んだブドウ糖が「グリコーゲン」という形に変換し、筋肉に蓄えられ、それがエネルギーとして使われます。

昨今はとにかく敵視されがちな炭水化物ですが、炭水化物が不足していると身体はエネルギー(グリコーゲン)不足になり、

その状態で運動をしてしまうと、身体は筋肉からエネルギーを取ろうとして、結果的に筋肉が分解されてしまうのです。

つまり、ブドウ糖が不足している状態で筋トレをすればするほど、筋肉が衰えてしまうわけですね。

っていう話をギューーーー!!!っと縮めたことを、本書では「マクロ栄養素の重要性」として紹介されているわけです。


さらに、筋肉っつーのは

筋繊維を傷つける→修復する

の繰り返しで発達していくわけですが、この「修復」にビタミン・ミネラルが必要で (このへんのことまで書き出すときりがないので今回は端折ります)

つまるところ


なんも省けない


わけですよ。



もっと言うなら、Testosteroneさんはしっかり

「基本は『高タンパク+低GI値炭水化物&カロリー量→朝>昼>夜」

と「GI値」についても言及していて

細かい「how to」はないにしろ、ただ笑わせようとしてるだけじゃない、そして嘘のない良書だと思いました。

ダイエット面、美容面、健康面、全てから見て避けて通れないのが「GI値」。

これは私も今実践しているところなんですけど、これについて書きはじめたらとんでもなく長くなるので、また改めて書きに参ります。w



まだまだ「ゆる」ではあるものの、日常生活に運動を取り入れ、出来うる限り食事に気を使い、睡眠時間を確保するようになってから

つくづく、「人間の身体ってよく出来てるなあ」と感動しっぱなしです。

身体の不調も心の不調も、全てが因果応報で

逆に、そしてシンプルに言ってしまえば


ちゃんと食べる、ちゃんと動く、ちゃんと寝る、日の光を浴びる


をやってれば、身体は正常に機能するんだな。というのを実感する日々です。


そもそも私たち「動物」。

もともとのつくりが「静止向き」ではなく、動けるように作られているわけですから、せっかくの可動域を不可動にしてたら、そりゃ錆びつくだろうし、不具合も生じるよなと。


そんなわけで、今日もスクワット100回からのスタートです。


関連記事
●過去ログランダム表示●



●愛用品ログ一覧●

fc2blog_20141114011140e3d.jpgfc2blog_20131215083012ca2.jpg
fc2blog_20150213013703f08.jpgfc2blog_201502101300178da.jpgfc2blog_20131222133640db6.jpgfc2blog_201311011114277ba.jpg
fc2blog_20131105124305216.jpgfc2blog_201311180228231b1.jpgfc2blog_20140401035020166.jpgfc2blog_20140419115949bdb.jpg
fc2blog_201311041253183ac.jpgfc2blog_20131104125241c83.jpgfc2blog_201311011115436b2.jpgfc2blog_20131101111556736.jpg
fc2blog_201311051132592b6.jpgfc2blog_20131101124245813.jpgfc2blog_201401071218522a5.jpgfc2blog_201311011241517f7.jpg
fc2blog_201311011242226d3.jpgfc2blog_201401111255144ca.jpgfc2blog_2013112812265944b.jpgfc2blog_20140408054901db4.jpg
fc2blog_20140505162514765.jpgfc2blog_20131119022911a17.jpgfc2blog_20131123141106243.jpgfc2blog_2013110612513398a.jpg
search
profile

奈々

Author:奈々
82年製。

instagram @18nana
Twitter @r18nana_2

「30代なに着る?」アンケート。
ads
楽天
all categories/all archives
 
calendar
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
links
このブログをリンクに追加する
R