思ってた以上にプレミアム酵母がスゴかった件。

fc2blog_2015123003423922b.jpg




昨年9月から飲んでいるプレミアム酵母


過去記事
>>> 折れないこころ

>>> 改めてプレミアム酵母について語りたい

>>> 今年一番お世話になったサプリはこれ


プレミアム酵母は「有限会社いいもの生活」さんが販売してらっしゃるのですが、なんと、直接お話をする機会に恵まれまして、

開発者の小野さん(ホームページにも登場なさっています)をはじめとした担当の方に、気になっていたいろいろを伺って参りました。



なぜ満腹感を感じるのか??


これは私が飲み始めてから一番実感したこと & 友達からもらう感想でも一番多いんですが

「この満腹感、どうなってんの?」

というもの。


ホームページにも書かれてあるんですが、改めて伺ってみたところ、この満腹感にはいくつか理由があって

まずは、プレミアム酵母に含まれている「酵母ペプチドDNF-10」というものが

食欲を抑制する因子(「レプチン」と言うらしい)と食欲を増進させる因子(「グレリン」と言うそうな)の両方に働きかけているそうな。

そしてプレミアム酵母には、プロポールAというグルコマンナン(コンニャクイモを原料にした、90%以上が水溶性の食物繊維)が含まれていて、このプロポールAはお腹の中で最大約200倍にまで膨らむそう。

なので酵母ペプチドが「食べたい気持ち」、いわゆる満腹中枢にアプローチし、

プロポール(グルコマンナン)がお腹の中で膨れ、さらに、糖質を分解しているときに発生する炭酸ガスの効果もあって、満腹感を感じるようアプローチをしていると。


また、プロポールA(グルコマンナン)は膨らむと同時に善玉菌のエサになり、

水溶性食物繊維であるプロポールAは、多量な保水性質によりゾル化され、腸管の洗浄をするとともに、スムーズな排泄を促すそう。




いつ飲むのがおすすめ??


もうひとつ気になっていたのが飲むタイミング。お問い合わせもよくいただきます。

サプリは医薬品ではないので、この手の質問の回答はだいたい「いつでもOK」と書かれていて、プレミアム酵母のホームページでも

「食品ですので特に決まりはありません。食前・食後など、毎日決まったタイミングでお飲みいただくことをオススメします。」

と記載されています。


プレミアム酵母のウリは「満腹感の持続」と「糖質カット」ですが

満腹感の持続を期待したい場合と、糖質カットに期待したい場合とでは、推奨するタイミングも違うのではないか?

と思い、それぞれのベストタイミングを聞いてみました。(あくまでも「おすすめ」の範囲内です)


私はずっと食前に飲んでいたんですが、満腹感を持続させて腹八分にとどめたい場合には、やはり食前に飲むのがおすすめだそう。

では、「糖質カット」の場合はどうかと言うと、これは「食後、すぐ」がおすすめのタイミングだそうです。


と言いますのも、酵母は糖質が大好物。

ご飯やパン、麺類、ケーキなどの甘いもの、はたまたビール、ワイン、日本酒などの「糖質」を食べて、酵母は活発に活動し、水、炭酸ガス、酢酸などに分解して、余分な糖質をカットしてくれるそうなんですね。

ホームページをスクロールしていくと動画があるのですが

砂糖水の入ったビーカーに、生きている「糖質分解酵母」をいれると、約2時間で、砂糖水(20kcal)のカロリーが0になる(!)そうです。

(ちなみにこの様子、目の前で実演していただいたんですが、ぷくぷく発砲してかすかな音もするし、発酵する香りまで漂ってきて酵母が頑張ってる感じがなんかかわいかったですw)

なので、腹八分にとどめたい(食べ過ぎを防止したい)場合は食前、糖質カットに期待をしたい場合には食後すぐがおすすめ、とのこと。


さらに、「ビール」「日本酒」「ワイン」などの糖質もカット(分解)してくれるということは、二日酔いの緩和にも一役買ってくれる、という副産物も!

私ここ盲点で、「食べ過ぎ」にばかりフォーカスしていたので、お酒を飲んだからと言ってプレミアム酵母を必ず飲む、というふうにはしてなかったんですね。(つまみなしでお酒飲むこともあるので)

ですが、お話を伺ったところによると、ダイエット目的ではなく、二日酔いの緩和のために酵母を飲んでいる男性もたくさんいらっしゃるのだとか。



プレミアム酵母の独自の製法


酵母はもともと「健康食品」として、実は100年以上前から研究されていた歴史があるそうです。

プレミアム酵母にはビタミン、ミネラル、タンパク質、アミノ酸、食物繊維、核酸も含まれているので、ダイエット面だけでなく、健康面でもサポートしてくれるそう。

通常、酵母は未開封でも3ヶ月から半年で死んでしまうそうなのですが、プレミアム酵母の酵母は「休眠」している状態で、

腸に届いたときの温度(40℃くらい)で目を覚まし、目覚めたときにエサ(糖質)があることによって活動が活発になり、糖質の分解をはじめるのだそうです。

プレミアム酵母が抹茶味なのにも理由があって、酵母がスヤスヤ気持ちよく眠っていられるのに一番適しているもの(業界内では「ベッド」と呼ばれているらしい)が抹茶なんですって。

プレミアム酵母の品質保持期限は2年と記載されているのですが、心地よいベッドのおかげで、3年を過ぎたものでも酵母が発酵=酵母が生きてた、ことが確認されているそうな。

糖質カットやビタミン・ミネラル・タンパク質などの栄養補助食品としてだけでなく、酵母が糖質を分解して行く過程で「酵素を発生」させるので、消化中に消費されがちな酵素をも補ってくれ、飲み続けることによって胃もたれもしにくくなるのだとか。

余談ですが、プレミアム酵母を飲んで「お腹が張ってしまう」というケースがあります。

私の周りでも1人該当する人がいて、それは何故なんでしょう?と伺ってみたところ、「張ってしまう」に該当される方は傾向として「体が冷えている」方が多いそうです。

なので、その場合には、60℃以下の白湯で飲むことをおすすめしてらっしゃいました。

(60℃以上だと酵母が活動できなくなってしまうそう)


ただ、あくまでも「傾向として冷えている方が多い」とのことでしたので、どうしても張ってしまうという方は、体質も影響しているのかもしれません。



いやしかし、私、もともとは酵素ドリンクでの置き換えダイエットに失敗して、ほぼやけくそで「酵"素"がダメなら酵"母"はどうだ」と思って試したのが最初だったんですけど

やっぱ「素」より「母」は偉大なのね…と思った貴重なお話の数々を聞かせていただきました。

ありがとうございます!!


最後に、

営業部長さんが超イケメンだった。

とご報告させていただき、結びの言葉とさせていただきます。【完】


(でも指輪してた)



関連記事
●過去ログランダム表示●



●愛用品ログ一覧●

fc2blog_20141114011140e3d.jpgfc2blog_20131215083012ca2.jpg
fc2blog_20150213013703f08.jpgfc2blog_201502101300178da.jpgfc2blog_20131222133640db6.jpgfc2blog_201311011114277ba.jpg
fc2blog_20131105124305216.jpgfc2blog_201311180228231b1.jpgfc2blog_20140401035020166.jpgfc2blog_20140419115949bdb.jpg
fc2blog_201311041253183ac.jpgfc2blog_20131104125241c83.jpgfc2blog_201311011115436b2.jpgfc2blog_20131101111556736.jpg
fc2blog_201311051132592b6.jpgfc2blog_20131101124245813.jpgfc2blog_201401071218522a5.jpgfc2blog_201311011241517f7.jpg
fc2blog_201311011242226d3.jpgfc2blog_201401111255144ca.jpgfc2blog_2013112812265944b.jpgfc2blog_20140408054901db4.jpg
fc2blog_20140505162514765.jpgfc2blog_20131119022911a17.jpgfc2blog_20131123141106243.jpgfc2blog_2013110612513398a.jpg
search
profile

奈々

Author:奈々
82年製。

instagram @18nana
Twitter @r18nana_2

「30代なに着る?」アンケート。
ads
楽天
all categories/all archives
 
calendar
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
links
このブログをリンクに追加する
R