コスメに愛される人

30892655.jpg
via:weheartit.com





つい先日、師匠おすすすめコスメ最新版を更新いたしました。

>>> 師匠おすすめコスメ2015年11月版 前編

>>> 師匠おすすめコスメ2015年11月版 後編


11月3日の文化の日、まだギンギンに明るい15:00台から師匠と飲んでたんですけど

そのときに改めて思ったのは、師匠は「コスメに愛されてる人だなあ」ということ。

今回師匠イチオシだった「アンリサンク」なんて特に、「どうしてそれを知り得たんすか??」と、私なんかは思うんですよ。

しかし師匠はしれっと言います。


師「たまたま通りかかって」


たまたま通りかかったって、「アンリサンク」を試してみようとは、私だったら思わない。

アンリサンクに悪意があるわけではなく、「前情報を知らないコスメ」って、まずあんまり視界に入ってこないと思うんですよ。

ましてやアンリサンクのパッケージはどれもシンプルなので、「きゃわわー♡」と目に止まるようなものではないんです。

それが師匠の目に止まる、さらにはそれが「アタリ」であるのは、やっぱり師匠がコスメに愛されてるからなんですよ。

話すと分かりますが、それはもう、師匠はコスメを愛しています。

その愛情の強さが、コスメの愛も引き寄せるんじゃないかって、その結果「相思相愛」になってるんじゃないかって思ったんです。

いらない例えかも知れませんが、「さかなクン」もそうだと思うんですよ。

彼は、誰より魚を愛しているから、魚にも愛されるのだろうなと。


それに加えて師匠の「徳」の高さな。

これは私が思う「師匠像」だから、師匠からしたら「そんなことねーよ」って思うかもしれないんですけど

師匠は、前向きに「人に期待してない」んです。

突き放すでも、歯向かうでも、背を向けるでもなく、

「人とは分かり合えない」

ことを、前向きに認めているんです。

もうちょっと補足すると、

「人を『知る』」ことはできても、「人を『分かる』」ことはできない

と認めていると言った方がいいかな。

その上で、愛を持って人と接しているんです。

そんな師匠を見ていると、星野源が「くせのうた」で歌う


知りたいと思うには

全部違うと知ることだ



ってこういうことなんだろうなと。



昔、島田紳介さんが

「人としてちょっとアレ」な人

って、前世が人間じゃなくて「人間初体験」、あるいは「経験浅」だからまだ(人間としての)要領を得てない、みたいな話をしてたんですね。

(ざっくり言うと、です)

それを踏まえて考えると

「ああ…師匠はきっと、今までに何度も何度も人間をやってきたんだろうなあ…」

と思わされる「徳」の高さがあって、師匠と話してると自然「合掌」。

ありがたや…みたいな。



「ヒモザイル」休載騒動と、コメント欄の「ざわつきはじめ」が重なったこともあり、

世の中には、自分とは異なった価値観を持つ人に対して


「間違い」だと認めさせたがる人が多すぎる。


という話をしたんですね。

これ、震災のときもそうでした。

何かを呼び掛ける人が居て、実際に動く人が居て、それを偽善だと罵る人が居て、沈黙する人が居て、冗談を飛ばす人が居て、それを不謹慎だと非難する人が居て、不謹慎よりも不寛容になっていることが問題だと指摘する人が居る。


(1) 動く人は、動くことがその人の正義であり、美学です。

(2) 沈黙する人は、沈黙を守ることがその人の正義であり、美学です。

(3) 冗談を飛ばす人は、以下同文。


自分が(1)である場合、(2)に「違和感」を持つのは自然なことだし、「悪」でもない。

だって「違う」んだから、「違和感」を持つのは当然です。

ただ、そこに対して「あなた間違ってますよ」とわざわざ突撃し、ましてや謝罪すら求める人は「おやおや」ですよ。

そこにはたぶんいろいろ「正論」をくっつけて突撃しているから、

言ってる本人すら「それらしいこと」を言ってるような気になるんでしょうけど、

その根源は、「相手に間違いを認めさせる=自分が正しいと認めさせる」っていう承認欲求だろうなと。

もうね、傲慢以外のなにものでもないと思うんです。

これは、震災のときのような「対・その他大勢」だけじゃなく、

日常で起こる「パートナーとのケンカ」にすら当てはまります。

身に覚えないですか?私はあります。そういうケンカを、今まで何度もやってきてる。


師匠は言いました。

師「わたしさあ、『代替案』を示さないで、クレームだけつけるヤツって、大っ嫌いなんだよね」

と。

これは「政権」のような大きなものから、それこそ「パートナーとのケンカ」のような、

日常にごくごく寄り添った「半径1m以内」のことにも言えるなあと思い、

師匠の「深さ」に改めて「合掌」する私なのでした。









関連記事
●過去ログランダム表示●



●愛用品ログ一覧●

fc2blog_20141114011140e3d.jpgfc2blog_20131215083012ca2.jpg
fc2blog_20150213013703f08.jpgfc2blog_201502101300178da.jpgfc2blog_20131222133640db6.jpgfc2blog_201311011114277ba.jpg
fc2blog_20131105124305216.jpgfc2blog_201311180228231b1.jpgfc2blog_20140401035020166.jpgfc2blog_20140419115949bdb.jpg
fc2blog_201311041253183ac.jpgfc2blog_20131104125241c83.jpgfc2blog_201311011115436b2.jpgfc2blog_20131101111556736.jpg
fc2blog_201311051132592b6.jpgfc2blog_20131101124245813.jpgfc2blog_201401071218522a5.jpgfc2blog_201311011241517f7.jpg
fc2blog_201311011242226d3.jpgfc2blog_201401111255144ca.jpgfc2blog_2013112812265944b.jpgfc2blog_20140408054901db4.jpg
fc2blog_20140505162514765.jpgfc2blog_20131119022911a17.jpgfc2blog_20131123141106243.jpgfc2blog_2013110612513398a.jpg
search
profile

奈々

Author:奈々
82年製。

instagram @18nana
Twitter @r18nana_2

「30代なに着る?」アンケート。
ads
楽天
all categories/all archives
 
calendar
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
links
このブログをリンクに追加する
R