だから僕らは夢を見る

68e7cdfbc6104275215fba82748b19bd.jpg




先月、2度にわたってご紹介した東村アキコさんの「東京タラレバ娘」。




そのときの記事。

>>> これ、第なに出動ですか。

>>> 第なに出動っていうかもはやコードブルー

私はただ紹介しただけなんですけど(しかもモコにゃんから教えてもらって)、

コメント、リプライ、LINEで「買っちゃったよ!!!」報告をたくさんちょうだいし、なかにはブログで取り上げてくださる方までいらっしゃいました。

(ナカヤさんありがとうございます!!)


東村作品に限らず、この数年はマンガ離れを起こしていたので、「最新のマンガ事情」を、私はぜんぜん知らないんですね。

そんなときにモコにゃんから「タラレバ娘」を教えてもらい、ブログで触れずにはいられないほど面白かったので、ほかの東村作品も楽天koboで買って読んだんですよ。

それが「かくかくしかじか」です。



ちなみに、ほかの東村作品は「きせかえユカちゃん」、「ママはテンパリスト」、「海月姫」を読んでいました。(ただし実家に居た頃、姉のを借りていたので、途中までしか読めていない)

「かくかくしかじか」は、笑いあり、涙あり、身につまされる「グサー!」が多分にありの、これもまた素晴らしい作品だと思いました。

そのようにして「空前の東村アキコ(マイ)ブーム」が起こり、「ヒモザイル」という新連載も、「くっそ面白いなwww」と楽しく拝見させていただいてたのです。

1話め、2話めはネットで読むことができたので、「もういっかい読み返したいな~」とウキウキで検索をしたある日のことです。


人気漫画家東村アキコの新作「ヒモザイル」が批判殺到!


東村アキコ『ヒモザイル』が炎上! 主婦&バリキャリ女子を攻撃する“勝者”目線の偏り





え?




この時点でモヤモヤと私の中でボヤが出始め、大火事になりそうだったのですが

専業主婦は夫のヒモ?東村アキコ「ヒモザイル」休載によせて

という、ブログ記事を発見し、一読させていただいて「ははあ。なるほど」と思いました。(鎮火)

この方、「そもそも"ヒモザイル"ってなに?」というところも、「で、なんで批判が殺到したんだろう?」というところも、ご自身の意見も織り交ぜつつ、とても冷静に分かりやすくまとめていらっしゃいます。(鮮やか!)

そして何より、最後「私の意見」としてまとめていらっしゃるところに、ものすごく共感。

なかでも


漫画は道徳の教科書ではない


というところ。

「批判殺到で休載」を知ったときの、私の第一印象も、それだったんですよ。

ヒモザイルは、「ヒモ」とか、そして超人気グループを連想させる「ザイル」とか、もろもろ「地雷」が多かったんだなー、って言っても私はそれらが自分の地雷にはなってないから想像の域でしかないけどーという感じなんですが

仮に、それらが私の地雷であったとしても、「まあ、そういう漫画も世の中にはあるのだね」で済む話なんですよ。

その漫画が自分の地雷に触れるか触れないかというよりも、そういった「物議をかもす」ものが、こういとも簡単に「休載」に追い込まれてしまう時代であることに、私はものすごく危機感を感じました。

こんなんで簡単に「世に出た本(漫画)」が排除されていったら、市場に出回るそれらは、「学級文庫」に並ぶような本だけになってしまうのではないか?って。

私に子どもは居ないけど、もし仮に、自分に子どもが出来た時、そのような本しか出回っていない世の中に、自分の子どもを「いってらっしゃい!」って送り出すの、めちゃくちゃ怖いですよ。

そんな「無菌室」みたいなところで、自分の子どもはどうやってサバイブするの?って。

人畜無害で手触りと耳触りのいい、だけど「なんの爪痕も残さない」ものたちの中で、どうやって「見る目」を養うの?って。

ああ、そして。この日記を書いている最中で「新着コメント来てるかなー」と休憩してたら、タイムリーにも、「それや!」というコメントを頂きました。


結局、人間って自分の経験からしか考えられないものだから、わかんないんだなーって。(その経験値を少しだけ稼げるのが、読書だと思います)


これ、一理以上あると思いますね。(千秋さん、ありがとうございましたm(_ _)m)

だからこそ、世の中にはあらゆるジャンルの本や漫画があってほしいんですよ。

「感覚」や「感情」が違うのは当たり前だし、

みんなそれぞれ「自分の正義」があります。

自分の正義、それは言い換えると「自分の美学」でもあります。

自分の正義や美学にのっとること。それは、生きていく上でとても大事だと、私も思っています。

そうじゃないとブレますから。

ただ、それを、人に「押し付けること」。

これがねえ、わたしどうかと思うんですよ。

「(他の人の正義に)違和感を持つのは構いませんが、それでしたらあなたはあなたなりに、ご自分の正義を貫けば良いのであって、それを他人にまで遵守させようとするのはどうかと思いますけど???」

というのが、私の思うところなんですね。

そして、「自分の正義」というのも、塗り替えられていきます。

ここ最近の温度高めな日記を書いているときに、過去記事を読み返していて「ああ、そうそう。私こういうの、前にも書いてたわ」って思い出したんですが、

フィルター」という2010年2月の日記に、このようなことを書いています。


あいちんとその時話していたことと言うのは、自分が信じてた、重んじてた美学が不変じゃないという話で。

その話をした帰りにしみじみと思ったのは、「美学=戒律」じゃないんだよなーってこと。

「こう在りたい」と願って心がけることと「こう在らなければ」って、自制とは別の、強迫観念のようなものに捕らわれることは違うし、

そして後者の在り方で守ろうとする美学は、美学と言う名に背いており、決して美しくないと思ったのでした。

なんですかね。過去にはちゃんとこんなふうなことも書き記してあるのに、

「変わらないこと」に美を見出そうとしていたと言うか、

そういうゆるぎない素晴らしいことも実際にたくさんあるけど、

でも「貫くこと」を間違った風に解釈して、近頃は「固執」に至っていたような気がします。

思い出したのは大槻ケンヂさんがエッセイで再三触れてる「のほほん」スタイル。

そう在りたい。だけど、「のほほんとしなきゃ」と思った時点でのほほんとしてないんですよね。そういう話。



だからですね、思いますに、自分にも他人にも厳しい人が多すぎるんじゃないかなあ?って。

一度自分が「こう」と決めたことって、途中で変わると「わたし、グラグラ?」と、自分自身が後ろめたくなったりすることもあると思うんですよ。私もそうでした。

だけどそこは「アップデートした」くらいに前向きに考えていいのではないでしょうか。

私が先日

「なにか」を信じて走った結果、その「なにか」がカンチガイだったら、そのときは「あれ、まちがえた」で、いいではないですか。

と言っていたのも、同じ意味なんですよ。


ヒモザイルの話に戻りますが、

言葉選びに地雷が多かったとは言え、私結構「現代社会の風刺漫画」だと思ったんですね。

だって実際、私周囲には「もう、自分が養っていく方向で結婚するしかないのか…」みたいな女子、いるんですよ。

それもあって「ああ…いよいよそっちの方向にスポット当たり始めたな」って、私思ったんです。

そりゃあみんな「理想」はあります。

たとえば「もう、自分が養っていく方向で結婚するしかないのか…」と思っている女子だって、「本音を言えば、好みのタイプの、そして経済力のある男子と結婚出来たら文句ねえ」と思っている。(ていうか、言ってる)

だけど、自分の描く理想や社会が描く理想と、現実世界には、乖離があるではないですか。

その乖離があるからこそ、埋めようと努力したり、頭をフル回転させて「折衷案」を考えたりする。

乖離があるからこそ、私たちは「夢を見る余白」を与えられているんじゃないかなあと私は思うんですが、どうでしょうか。

そして、心配しなくても(?)そのとき感じていた乖離が埋まったところで、「埋まりきる」ということはなく、

埋まったらまた別の乖離が発生するので、私たちは、たぶん永遠に夢を見続けていられると思います。w



物申したいことは、私だっていっぱいあるし、「辛抱ならん」というときには、声を張りたいと思っています。

だけど、「異議申し立て」、つまりは「嫌いなもの」について声を張るより、私は「好きなもの」を声高に叫びたい。

とどのつまり、


連載休止に陥ろうが、私は「ヒモザイル」を面白いと思ったし、


東村アキコさんが大好きです!!!!


そう思っている読者がここにいます!!!



ということを、ネットの海に向かって叫びたく、このような日記を書いてみました。


かしこ。


関連記事
●過去ログランダム表示●



●愛用品ログ一覧●

fc2blog_20141114011140e3d.jpgfc2blog_20131215083012ca2.jpg
fc2blog_20150213013703f08.jpgfc2blog_201502101300178da.jpgfc2blog_20131222133640db6.jpgfc2blog_201311011114277ba.jpg
fc2blog_20131105124305216.jpgfc2blog_201311180228231b1.jpgfc2blog_20140401035020166.jpgfc2blog_20140419115949bdb.jpg
fc2blog_201311041253183ac.jpgfc2blog_20131104125241c83.jpgfc2blog_201311011115436b2.jpgfc2blog_20131101111556736.jpg
fc2blog_201311051132592b6.jpgfc2blog_20131101124245813.jpgfc2blog_201401071218522a5.jpgfc2blog_201311011241517f7.jpg
fc2blog_201311011242226d3.jpgfc2blog_201401111255144ca.jpgfc2blog_2013112812265944b.jpgfc2blog_20140408054901db4.jpg
fc2blog_20140505162514765.jpgfc2blog_20131119022911a17.jpgfc2blog_20131123141106243.jpgfc2blog_2013110612513398a.jpg
search
profile

奈々

Author:奈々
82年製。

instagram @18nana
Twitter @r18nana_2

「30代なに着る?」アンケート。
ads
楽天
all categories/all archives
 
calendar
02 | 2017/03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
links
このブログをリンクに追加する
R