帰って来たウルトラマン

fc2blog_20150331014459195.jpg




すでにあいちんのブログの方で書かれているのですが、我らが中野愛子が、去年嫁ぎ先から帰ってきました。www

1年が経つ今は、もはや笑い話。



あいちんは離婚を経て、

そして私の方にもなんやかんやあり、

ついでに「厄年」という名の自己暗示(というか、もはや自家中毒?)にかかっていたこともあって、お互いに元気がなかった2014年。


今となっては「結局は、相性の問題」と思うことが出来るけれど、

長年の片思い感情を手放して「エイヤー!」と飛び込んだ相手と、たったの1年半で終わってしばらく経った頃、その事実がボディブローのように効いてきて


私には、なにか、人として決定的な欠陥があるんだろうな


と思いました。


私には、「一緒に居続けたい」と思われるに足る、なにか重大な要素が欠けているんだろう

「なんか、思ってたのと違った」とガッカリされるような人間なんだろう

そんなふうに、思うようになっていたんです。


っていう話を、一人暮らしを再開したあいちんの新居で泣きながら吐き出した記憶があります。
(で、「バカか!!!」と怒られましたw)


しかし当時は、長い付き合いになるだろうと思っていた相手と、たったの1年半で終わってしまい、30を過ぎて婚歴なし、子どももなし、彼氏もいない上に、数ヶ月で10キロ増。

「自信を持て」と言われても、このスペックのどこにどうやって自信を持てばいいの?と途方に暮れていました。


そんな矢先、

「今の私たちに必要なのはネイチャーな癒しよ…」

とあいちんが言い出し、二人で等々力渓谷へ行ったのが去年の5月。




fc2blog_2014050413042433e.jpg



fc2blog_20140504113405531.jpg



fc2blog_2014050411341507e.jpg



fc2blog_20140504154051b31.jpg



fc2blog_20140504154126755.jpg



fc2blog_20140504113637f7a.jpg



fc2blog_20140504115122e36.jpg




そして同じ日に、念願かなって根菜会の主要メンバーにあいちんを紹介し



fc2blog_20140504115616932.jpg




その翌日が、不良中年Mさん・ソンくんをあいちんと再会させる日だったのですが、実はこの日集まったのは、「バツイチあいちんお帰り!!!www」セレモニーを催すためでもあったのでした。



以来、ギター部が発足


fc2blog_20140513005402208.jpg




私の誕生日会があり

fc2blog_20150330160433dad.jpg



fc2blog_20150330160445d16.jpg



あいちんのお誕生日会があり

fc2blog_201407130802028c7.jpg



fc2blog_20140713045454ead.jpg



fc2blog_20140713045443711.jpg



花沢会を挟みつつ

fc2blog_20141007010822ef3.jpg



ソン先生のお誕生日会

fc2blog_20141120004907a17.jpg



クソスマス会と

fc2blog_201412260134538a1.jpg



プリンス宅でのクリスマス会

fc2blog_20141226013020421.jpg



そして新年会を兼ねた牡蠣パーティー

fc2blog_20150112150133491.jpg



あいちんが嫁いでいる間、物理的な距離もあってすっかり止まってしまった歯車が、またくるくるとまわりだしました。



こないだ会ったとき

「1年経つし、離婚したこと、書こうと思うっちゃん」(博多弁)

と、あいちんは若干不安そうに言っていたけれど


むしろこの1年、

わたしはずっとずーっと


「帰って来たウルトラマン」


というタイトルを用意して、

こうやって書ける日が来ることを、待っていました。





あいちんの結婚と離婚もそうだし、私のあの1年半とそして「今」もそうだけど、

「どっちが正解」で「どっちが間違い」ってわけじゃないんだよなあと思う今日この頃なのです。

例えば私の場合、

結局はあのまま居ても同じことになっていただろうから、別れて正解だった

んではなくて、あのまま居ても、正解を「作る」ことは出来たと思うんですよ。




「正解を選ぶ」わけではなく、自分が「正解だと思うこと」を決めて、穴を埋めたり帳尻を合わせて行けば、それは、誰がなんと言おうと正解になるんですよね。

逆に言うと、自分が「間違いだった」と思って、今を楽しめなければ、周りがどんだけ「今の方がいいよー正解だよー」って言ったって、「そうかなあ??」って思うでしょうし。

つまるところ、「どうにでもなる」っていう話で。

なんとなく、自己肯定がしたくて「私は間違っていなかった」と言い聞かせるのもいいけど、ぐらぐらしながら言い聞かせなくたって、自分がそう決めたのであれば、いくらでもそのように「作って」いけるんだなと、思うようになりました。

自分の思う「正解」って、「真実」のようなはっきりしたものではなくて、「味覚」くらいに曖昧なんですよね。

自分が「美味しい」と思えば、それでいいんだなと。


だから、私の友達が、私から見てどんだけ嫌な男と結婚していても、その友達が幸せそうだったらそれでいいと思うし、逆に、周りがどんだけ羨ましい!と思う人と結婚していても、本人が幸せじゃないと意味がない。

結局「誰かありき」では、どこまで行っても満足や幸せって作れないんですよね。

なんか、ようやく最近実感を持ってそう思えるようになってきて。いまさら?って話なんですけど。笑

と言うか、分かってるんだけど、ぐらついて疑って見失ってまた「やっぱそうか」って思い出すっていう繰り返しなんですよね、この命題。笑


ケムマキさんと一緒に居た期間、派手な喧嘩をしたりすると、やっぱり少なからず「わたしあれだけの片思い感情を手放して来たのに!こんな腹立たしい思いをするためにこっちにきたんじゃないのに!!」って思いが、あったと思います。思います、っていうか、ありました。w

それは、「幸せにしてもらおうとしてた」っていう依存心があったからなんですよね。

思いますけど、そういう状態のときって、「暇」なんですよ。

ほかに考えることとかすることないの?ってくらい、恋愛に依存しちゃってるんです。渦中に居るときには自覚がないんですけど。

ここ最近痛感しているのが、「なんかパタパタしてて今日この時間まで1回もその人のこと考えてなかったな」くらい、ほかにもたくさんやることがあるときのほうが、わたし、元気なんですね。

やることがたくさんあってそこそこ忙しく、それでもふとした瞬間に「今頃なにしてんのかな」ってその人のことを思い出したり、「あー、そろそろ会いたいなー」って思ったり、

その人に依存するわけじゃなくて、お互い結構忙しいんだけど、限りある時間のいくばくかを割いてでも、一緒に過ごしたいと思える人と過ごしたいし、向こうもそうであって欲しいなと、ようやくそう思えるようになってきました。というか、むしろそうじゃないとやだなって。

「週末だから」とか、「前回からこのくらい経ってるから」とかで、なんとなく「そういうもの」みたいな基準で会うのって、惰性で会ってるみたいじゃないですか。

で、この基準、それは例えば「会う頻度」だとかなんですけど、そこは本当に人それぞれだから、ここを人と比べると、自分が傷つくだけだなっつーのもようやく分かって来たところで。

曲がりなりにも自分にとって「特別」だと思ったから好きになるのに、なんで「頻度」とか、その他もろもろの「接し方」に関しては「普通はこうなのに!」とかって平均値をとろうとしてしまうんでしょうね。笑



んで何が言いたいかって、わたしは、あいちんと会うのが楽しい。

誰がなんと言おうと、帰って来てくれて嬉しい。



そんなわけで




あいちん、改めて


おかえりーーーーーー!!!!!!!











春は感傷的になりすぎていけませんね。

感傷ついでに、本日は、24時ちょうどにもう一度、センチメンタルに浸りに参上する予定です。笑



関連記事
●過去ログランダム表示●



●愛用品ログ一覧●

fc2blog_20141114011140e3d.jpgfc2blog_20131215083012ca2.jpg
fc2blog_20150213013703f08.jpgfc2blog_201502101300178da.jpgfc2blog_20131222133640db6.jpgfc2blog_201311011114277ba.jpg
fc2blog_20131105124305216.jpgfc2blog_201311180228231b1.jpgfc2blog_20140401035020166.jpgfc2blog_20140419115949bdb.jpg
fc2blog_201311041253183ac.jpgfc2blog_20131104125241c83.jpgfc2blog_201311011115436b2.jpgfc2blog_20131101111556736.jpg
fc2blog_201311051132592b6.jpgfc2blog_20131101124245813.jpgfc2blog_201401071218522a5.jpgfc2blog_201311011241517f7.jpg
fc2blog_201311011242226d3.jpgfc2blog_201401111255144ca.jpgfc2blog_2013112812265944b.jpgfc2blog_20140408054901db4.jpg
fc2blog_20140505162514765.jpgfc2blog_20131119022911a17.jpgfc2blog_20131123141106243.jpgfc2blog_2013110612513398a.jpg
search
profile

奈々

Author:奈々
82年製。

instagram @18nana
Twitter @r18nana_2

「30代なに着る?」アンケート。
ads
楽天
all categories/all archives
 
calendar
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
links
このブログをリンクに追加する
R