初鰹

fc2blog_201412300913175c4.jpg




何年前でしたかねえ。5年前だったか、6年前だったか、、、

ある年の秋、

「あ、こないだ鰹食べました」

という話をしたときのことです。


「目に青葉 山ほととぎす 初鰹、、、だからいまは、戻り鰹か」


と言われ、


「…なんですか、その呪文みたいなやつ」


と答えた私は、かの有名なこの句を、このときまで知りませんでした。


小さい頃、「お箸を持つ方が右、お茶碗を持つ方が左」のような教わり方をしますが、

以来この句はわたしにとって、初鰹と戻り鰹を見分けるときの、お箸とお茶碗のような存在になりました。


そして今週月曜日、ミモレで見て「おお!」と嬉しくなったこちらのテキスト。


歌舞伎「梅雨小袖昔八丈ー髪結新三ー」を観てまいりました。

江戸の悪党、髪結の新三(しんざ)が、お金目当てに大店の美少女を誘拐して拉致、身代金で一儲けしようと企むお話です(大部分省略&割愛・笑)


目に青葉 山時鳥 初鰹ーー髷にさしたる房楊枝 浴衣の裾をかいどりて 髪結新三はいい男…粋でいなせな江戸っ子の悪党、新三の湯帰りのようすを描いた小唄です。


上機嫌で朝風呂から帰ってくる途中、当時とても高価だった初鰹を魚屋さんから景気良く買う場面で「江戸っ子は”初”に大金を払うんだ」というセリフがありました。


なんでも一番初めじゃなくては格好良くない…まさに江戸っ子気質の最たるもの!というより江戸の悪人は粋だったり格好良かったり可愛かったり、ヒーローのような扱いだったのですね。今回は中村橋之助丈のニヒルな「格好良い新三」を堪能しました。


(関 瑠璃 「お江戸の悪党」より)


先日、歌舞伎に連れて行ってもらったと書きましたが、それがまさしくこの

「梅雨小袖昔八丈ー髪結新三ー」

だったんです。


これはずいぶん後になって知ったことでしたが、

江戸時代の俳人、山口素堂が詠んだ句は、正確には

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」

で、「目に」のあとに「は」が入っています。

だけど私は、「は」のない句の方が語呂が良くて好きで、

「髪結新三」を書いた河竹黙阿弥の狂言を好きになったのも、「七五調」と呼ばれる耳に気持ちのいい台詞がたくさん登場するからです。

役者さんから発せられた調子の良い台詞は、耳から入り、体内で反響し、また耳から抜けるように通り過ぎて、

一定のリズムが体を巡っていくその気持ちよさは、幸せな眠気を誘うほどです。




この狂言の中で欠かせないのが「初鰹」の存在。

わたしは教えてもらうまで知らなかったけれど、この狂言の中で大家さんが言う

「鰹は半分もらって行くよ」

は、

弁天小僧で言うところの

「知らざあ言って聞かせやしょう」

のような(までは言い過ぎかもしれませんが)、有名なセリフなのだそうです。


初鰹を肴に燗酒を酌み交わすシーンは、役者さんの力量もあってとても美味しそうで、それを見て鰹が食べたくなったのは、どうやらわたしだけではなかったようでした。

終演後、劇場近くのお店で食べた初鰹のたたきは、まだ脂こそのっていないものの、もっちりと噛みごたえがあって、とても美味しかったです。

この時期の鰹は、ねっとりした身が包丁に絡み、切るたび刃を拭き取らなければならないほどで、そういう鰹のことを「モチ鰹」なんて呼んだりもします。

そのもっちり感が、戻り鰹とは少し違う初鰹の美味しさであり、この季節の味ですね。


何より、「初物」を食すときのあのふっくらとした幸福感は、一緒に嗜むお酒の味や、食事の時間そのものまでを豊かにしてはくれませんか?^^





鰹を食べに行く前に、神社へお参りしに行きました。

「じゃあ、奈々さんの前途を祝して、奮発してあげよう」

と手の平に載せられた5百円玉を握りしめ、お賽銭箱に近づく私に、

「お願いごとは、ひとつだけだよ」

などと背後から釘をさすこの人は、いったい私を何歳だと思っているのかと笑ってしまいました。(32歳です)

鈴を鳴らし、柏手を打って、言われた通り、ひとつだけ願い事をしました。



境内を抜け、食事処へ向かう道すがら、細い枝にちんまりと花をつける、数本の木を見ました。

「これは…梅?」

「梅だね」

「かわいいですね~」

「今はボケの木もいいよ」

「ボケかあ。あんまり馴染みないなあ」

「青山霊園には、もう早咲きの桜が咲いてるよ」

「へえ~」

「『十月桜』の鉢を買うといいよ。小さな鉢があって、今は高いけど、秋になると安く出回るから。春と秋に咲くんだよ」

「へえ~」


知らなかった花の名前や、渋柿と柿の見分け方や、鰹の句。

そういったものを教えてくれるのはいつもこの人で、「歩く歳時記」のような人です。




全然関係ないけれど、

「目に青葉 山ほととぎす 初鰹」

を知ってしばらくしたあと、再び鰹を食べていて、ふと思ったことがありました。


「戻り鰹の句って、あるのかな」


ふと思ったその疑問をSNSで呟くと

「確かに聞かないね~」

なんていう友達のコメントがあっただけで、有力な情報は得られませんでした。

ですがその翌日、くだんの「歩く歳時記」から



「いちねんに いきつもどりつ 鰹かな」



という、おそらく自作の、"句だけ" が綴られたメールが、ひょっこりと送られてきたのでした。




関連記事
●過去ログランダム表示●



●愛用品ログ一覧●

fc2blog_20141114011140e3d.jpgfc2blog_20131215083012ca2.jpg
fc2blog_20150213013703f08.jpgfc2blog_201502101300178da.jpgfc2blog_20131222133640db6.jpgfc2blog_201311011114277ba.jpg
fc2blog_20131105124305216.jpgfc2blog_201311180228231b1.jpgfc2blog_20140401035020166.jpgfc2blog_20140419115949bdb.jpg
fc2blog_201311041253183ac.jpgfc2blog_20131104125241c83.jpgfc2blog_201311011115436b2.jpgfc2blog_20131101111556736.jpg
fc2blog_201311051132592b6.jpgfc2blog_20131101124245813.jpgfc2blog_201401071218522a5.jpgfc2blog_201311011241517f7.jpg
fc2blog_201311011242226d3.jpgfc2blog_201401111255144ca.jpgfc2blog_2013112812265944b.jpgfc2blog_20140408054901db4.jpg
fc2blog_20140505162514765.jpgfc2blog_20131119022911a17.jpgfc2blog_20131123141106243.jpgfc2blog_2013110612513398a.jpg
search
profile

奈々

Author:奈々
82年製。

instagram @18nana
Twitter @r18nana_2

「30代なに着る?」アンケート。
ads
楽天
all categories/all archives
 
calendar
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
links
このブログをリンクに追加する
R