スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆様へ

13日の記事に、信じられないくらいたくさんのコメントを頂きました。
コメントをくださった方々、本当にありがとうございます。

なんていうか、安っちい言葉ではありますが、感無量です。ほんとに。

このブログに遊びに来てくださる方の存在を、普段はアクセス解析を通して漠然としか把握出来ていなかったのですが、今回のことでたくさんのコメントを頂いて、こんなにも多くの方が目を通してくださってるのだなーと感極まる思いで一つずつコメントを拝見させて頂きました。


自分が女として生まれてきたことは「人間」という分類で考えれば2分の1という確率で、それは決して希有なことではなく、男か女か、ただそれだけのことかもしれないけど、自分が女であること、ただそれだけのことで皆さんに「私たちは仲間だよ」と勇気づけられたように思います。そしてそれはとても心強かったです。

話が壮大になりすぎてる気もしますが、今回本当にそう思ったのでした。(弱ってる証拠なのかもしれませんが)

今はもうだいぶ落ち着いていて、徐々にですが痛みも引いてきています。心配してくださった方々、コメントを寄せてくださった方々、本当にありがとうございました。

コメントをくださった方々のブログへは後ほどゆっくりお邪魔させて頂きたいと思っています。



さて…、前回は「これはかなり個人的なことだし…」と思って省いていたのですが、たくさんの方々に心配して頂いて、そして子宮や卵巣の異常や不調は決して他人事ではないと深く実感したので、今回事の成り行きを詳しくお話ししたいと思います。

そして、同じようなことが他の方にも起こってしまったときに少しでも力になれればと思います。
(追記へ)

ただ、先生に話を聞いているときにメモを取っていたわけでも録音していたわけでもないのでニュアンス的にちょっと違うようなところもあるかもしれませんが、そこは大目に見て頂きたいと思います。(一番重要なのはこれを読んでくださってる方自身が検診を受けることですので、あくまで「予備知識」として頭に入れておいてください)


これは同居人にも詳しく話していないことなのですが、今回私がこんなにも子宮付近で出血したのは、排卵の日と性交の日が重なったからでした。

性交の最中に痛みを感じ、それが後になっても少し残った、などという経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

だけど、その最中に真顔で「痛い」なんて言えなかったりします。それに、明らかにその性交が原因で今回こんなに出血した、なんて本人に言ったら責任を感じることは間違いないのでその辺はぼかしています。

私の場合今までにも何度かそういうことがあったので、考えたくはないけど以前にも体内で出血していたのだろうと思います。
ただ今までは出血量が少なかったために、すぐによくなったのでしょう。

今回はその出血量が多かったせいで出血の出所も分からなければ原因も分からないと言われてしまったのでした。(血が多くて見えなかったのです)

結果的には、卵巣で作られた卵子が排出される際に、その出入口を強く突かれて、血管に傷が付いたのだろう、という診断が出ましたが、この血液は1週間も経てば吸収され、回復すると言うことでした。

ただそれに伴って次の生理が来るまで排卵出血と呼ばれる不正出血を起こすこともあるそうですが、それはそんなに問題ないそうです。
そして私自身、今日になって生理二日目かと思うくらい大量の出血がありましたが、病院に問い合わせたところ、そんなに問題はないと言われました。(ただ気になるようならまた病院に来るように、とは言われましたが)

問題ない、とは言ってもこのような状態になったらすぐに病院へ行ってください。全く同じケースかどうかは素人には判断出来ませんので。

そして問題なのはこういうこと(今回の私のようなケース)が頻繁に起こると卵巣の機能がちょっとずつ狂っていき、最終的には妊娠しにくい体になってしまう恐れがあるということ。

妊娠・出産の問題は私だけの問題ではないので、それはこれからよく考えなければいけないことの一つになりました。

普段、ツーインカムノーキッズでいいし、と思ってるノープランな私ですが、出産出来る体をもってして「産まない」と選択することと、もとからそういう体をもっていなくて「産めない」のとでは全然違います。

先生には見透かされたかのように「子供はいらない、なんて言ってないで、はやいうちに作った方がいい」と言われてしまいました。

私の場合、病気と言うよりは怪我に近い状態でしたが、STD(性感染症)を放置しておくことによって子宮内膜症や卵巣腫瘍や不妊症に発展することだってあります。

STDは何も性交によって感染するとは限りません。私の友人の中には処女の時にプールで感染してしまった子も居ます。
もっと言えば、男友達で古着のGパンを履いていたらそのGパンからSTDに感染した、という子も居ます。嘘みたいだけど本当の話です。

「自分は絶対大丈夫」とは思わずに、何もなくてもせめて1年に1度検診を受けるとか、付き合っていた人と別れた後、もしくは新しい人と付き合うようになってから、とかどこかの節目で病院に行くことをおすすめします。

ほっておけばそれだけ完治させるのに時間が掛かるし、現実的な問題として治療費だってかさんでいきます。

診察に行ってみて、何の異常がなかったとしても、何もないと断定出来るのであれば行く価値はあるというものです。

自分の好きな人がSTDの感染者ではないなんて根拠は残念ながら何処にもないのです。
そして自分の子宮や卵巣に全く異常がないなんて根拠も何処にもありません。

婦人科に足を運ぶことは確かに抵抗があるかもしれませんが、女医さんが診てくれる病院もたくさんありますので、個々でよさそうな病院を調べてみてください。

学生の方は扶養家族として保険に入っていると思うので、親御さんに言いづらいかも知れません。でもそこは「生理痛がひどいから」とか「生理が不順だから」とか「下腹が痛いから」とか何でもいいから理由をこじつけてでも婦人科へ行ってください。


今回、もちろん私自身も落ち込みましたが、同居人のことも不必要に追いつめてしまったようでした。
自分と一緒に暮らしていることでストレスを感じ、こういうことになったのではないかとか、実家に帰りたがってるんじゃないかとか、だとしたら帰すべきなのだろうか、とか。

一緒にいることでストレスなんて感じていないし、むしろこれからだってずっと一緒に居たいと思っているのに、大事な人を悩ませて追いつめていたのかと思うとやりきれない思いでいっぱいです。

自分が心身共に健康でいることは相手にとっても不要な心配や迷惑をかけないことに繋がるし、逆に自分の健康に支障をきたすことは自分だけでなく相手にも不安を与えてしまうのだということを今回身を持って教わりました。

だから、自分のためだけでなく、かけがえのない人に無用な心配をかけないためにも、異常を感じたらすぐに病院へ行ってください。


長くなりましたが、この記事を読んで一人でも多くの人が重い腰を上げてくださることを切に願っています。

心配してくださった方々、本当にありがとうございました。



次回からはまた通常のアホブログに戻ると思いますので心機一転またよろしくお願い致します。


R-18管理人奈々より。
関連記事
●過去ログランダム表示●



●愛用品ログ一覧●

fc2blog_20141114011140e3d.jpgfc2blog_20131215083012ca2.jpg
fc2blog_20150213013703f08.jpgfc2blog_201502101300178da.jpgfc2blog_20131222133640db6.jpgfc2blog_201311011114277ba.jpg
fc2blog_20131105124305216.jpgfc2blog_201311180228231b1.jpgfc2blog_20140401035020166.jpgfc2blog_20140419115949bdb.jpg
fc2blog_201311041253183ac.jpgfc2blog_20131104125241c83.jpgfc2blog_201311011115436b2.jpgfc2blog_20131101111556736.jpg
fc2blog_201311051132592b6.jpgfc2blog_20131101124245813.jpgfc2blog_201401071218522a5.jpgfc2blog_201311011241517f7.jpg
fc2blog_201311011242226d3.jpgfc2blog_201401111255144ca.jpgfc2blog_2013112812265944b.jpgfc2blog_20140408054901db4.jpg
fc2blog_20140505162514765.jpgfc2blog_20131119022911a17.jpgfc2blog_20131123141106243.jpgfc2blog_2013110612513398a.jpg
search
profile

奈々

Author:奈々
82年製。

instagram @18nana
Twitter @r18nana_2

「30代なに着る?」アンケート。
ads
楽天
all categories/all archives
 
calendar
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
links
このブログをリンクに追加する
R






                          
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。