入口

fc2blog_2014032317271424b.jpg




引き続き、健康、おもに食事について考えることの多い今日この頃なのですが、

糖質制限、ローフード、マクロビオティック、etc

それぞれに理論があって、その理論に基づいた頷ける推奨理由があって、哲学があって、どれを実行すればいいのか?って、わかんなくなっちゃいますよね。

私ちょっと前まで、生野菜や豆類、ひじき、切り干し大根など、食物繊維を含むものを積極的に食べ、炭水化物や肉類、乳製品などを控えていたんですけど、

体調的に良くなったかというと「んー…?」で、むしろお通じが全くなくなってしまい、お腹がパンパンに張って苦しいし不快だしで気もそぞろ、みたいなことになっていたんですよ。

でもこれって、グリーンスムージー習慣を始めたばかりの人にもしばしば起こるそうで、「好転反応とやら?」って思っていたんですね。

でも、それにしたってあまりにも滞ってて、これ、ほんとに好転反応なのかなあって疑問に思っていたんです。

もともとがかなりスムーズなほうなので、それについて悩んだことがなかったんですけど、多くの女性がお薬に頼ってまで出そうとする気持ちが痛いほど分かりましたよ。

私だって「もういっそコーラック買いにいくか!?」って思ったり、「オリゴ糖試してみるか!?」って思ったり、水溶性食物繊維や不溶性食物繊維について調べたり、バイトちゃんたちに「普段どうしてる?」って聞いてみたり。W

いろいろと見たり聞いたりしてみた結果、「今の食事、私には向いてないのでは」って、思ったんですね。

糖質制限にも、ローフードにも、マクロビにも、それぞれにいい点があって、そしてそれぞれに注意点がありますが、「こういう人にはこういう食事法が向いている」って、もうちょっと体系化してくれたらこんなに「総当たり」しなくて済むのになー。

何かを盲信してしまうと、何が自分に向いていて、何が自分に向いていないか、よく分からなくなるじゃないですか。

それこそ、不調に感じても前述した私のように「好転反応なのかな?」で片付けてしまったり。


そんななかで辿り着いたのが「白湯」なんですが、そういやここ数年「白湯ダイエット」なんてものをよく目にしていました。

んで、知らなかったんですけど、白湯って「アーユルヴェーダ」から来ていたんですね。

アーユルヴェーダはインドの伝承医学で、その名前は知ってるし(アロマテラピー検定のテキストでもちらりと登場するのです)、「ひまし油湿布」とか、試したことはないけど聞いたことはあったんです。

(でもあとで調べたところによると、ひまし油湿布はアメリカのエドガー・ケイシーによって広められたデトックス法で、インドから伝わったものではないらしい)


白湯がアーユルヴェーダ発信ということは知らなかったんですけど、わたし、白湯なら日常的に飲んでるんですよ。

なので「え、白湯?」って思ったんですけど、私が思ってた白湯とアーユルヴェーダの白湯って全然違ってました。

白湯ダイエットが流行ったくらいですから、ご存知の方も多いと思うのですが、アーユルヴェーダ式の正しい白湯の作り方は

(1) やかんにキレイな水を入れ、強火にかける。換気扇も回しておく。

(2) 沸騰したら、やかんのふたを取って湯気が上がるようにする。
  大きな泡がブクブク立っているくらいの火加減に。

(3) 2の状態から火を弱め、10〜15分間沸かし続ける。

(4) 飲める温度に冷まして、すするようにして時間をかけて飲む。
※残りは保温ポットに入れておくのがおすすめ


白湯を飲むベストなタイミングは、朝起きてすぐ。少しずつ飲むことで胃腸が温まりデトックスにつながります。量は1日700ml〜800mlが理想。
(蓮村誠著:「白湯毒出し健康法」より)



行程(3)の「10〜15分間沸かし続ける」というのが私には初耳で「えーーー??」と。

んでまあ半信半疑ではあったんですが、ワラにもすがるような気持ちで飲んでみたところ




出たんですよ。




飲みはじめた翌日はまだ全快とは言い切れず、多少残ってる感はあったのですが、どんなに頑張っても出なかったものが白湯だけで出た、っていうのが私には驚きで。

そしてその翌日。は、出たどころか下したんですけど(www)でもそれは前日の晩に飲みに行ったせいもあったかと思い、カウントせず。

本格的に出始めたのはその翌日からで。

前日はかなり食事量を抑えていたというのに、お腹ゴロゴロで「まだ出るか」っていうくらいに出たんですよ。

でもですね、その前の「出ない週間」に思ったんですけど、あの、「出したいのに出て来ない」状態に比べたら、腹痛が起きてでも出てくれることの方が断然嬉しい!って思ったんですよね。

私、今までがあまりにもスムーズすぎてそのありがたみをまったく感じてなかったんですけど、排泄はジャスティス!ってくらい、出るというのはこんなにも胸のすくことなのか…って腹痛にすら感謝。


ていうか排泄についてせつせつと語るこのブログなに?



一気にアーユルヴェーダが気になりはじめ、関連する情報をネットで拾い読みしてみたところ、ざっと目を通しただけでも「オージャス」とか「アグニ」とか「アーマ」などなど、聞き慣れない言葉のオンパレード。

そんななか、「ドーシャ体質チェック」というのに行き当たりましてね。

「ドーシャ」とは「カパ」、「ピッタ」、「ヴァータ」の3つからなる生命エネルギーのことをいいます。健康状態にあるときの身体はこの3要素からなる「ドーシャ」のバランスが取れていますが、このバランスが崩れると体は不調を訴え、様々な病気を引き起こします。アーユルヴェーダは、そのドーシャのバランスを保つことそのものなのです。それにより病気を治し、また病気を予防し、健康の維持そして増進を図るのです。

どんな人の体質にも、それぞれレベルは違いますが、この3つのドーシャすべてによって成り立っているというのがアーユルヴェーダの基本の考えです。たいていの人は3つのドーシャのうち、1つもしくは2つ優勢なドーシャがあります。


だそうで、試しにチェックをしてみたのです。
アーユルヴェーダの体質チェック

面白いのが、「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」の体質別に、向いている食べ物、避けた方が良い食べ物、食べるとしてもそのときの食べ方、はたまたスパイス、オイル、精油まで向き不向きが分けられているのです。

ちなみに私は「ヴァータ」体質と出たのですが、ヴァータの特徴がすんごい当たってる!www

バイトちゃん二人にもこのドーシャ体質チェックをやってもらったんですが、チーママの据え置きちゃんはヴァータとピッタ混合体質、ヅカファンのKちゃんはカパ体質で、客観的に見て「分かる」という感じなのです。

そんでもって、このドーシャ、私の場合は「ヴァータ」なわけですが、身体に不調がある場合、「ヴァータが乱れている」などという言い方をするそうです。

どういうときにヴァータが乱れるかというと、ヴァータを乱す食べ物を摂取している、というのが一例なのですが、ヴァータを乱すらしい食べ物というのが

生野菜、ナス科の食べ物(ナス、トマト、ジャガイモ、ピーマン、唐辛子など)。
ドライフルーツ。多量の豆類(豆腐は可)。
「勧められる食事」においても過度のとり過ぎは控えること(ヴァータはバランスを崩しやすいため)。
冷たい食べ物。


って私まさに生野菜も豆もめっちゃ積極的に摂ってたんですけど。

ものすごく単純なんですけど、「どうりで」って思っちゃったんですよね。

そして逆に、私が控えていた米や小麦粉なんかはヴァータ体質に向いているのだそう。


ただ、これはヴァータに限ったことではないのですが、ドーシャ体質別の向いている食材・向いていない食材を調べてみると、書いているところによって違っていたりするので、これは要リサーチです。

いやしかし、関連する情報を読めば読むほど面白いのですよ。

もともと、アロマの勉強を始めた時からホリスティック医学への関心は高まっていたので、アーユルヴェーダには興味津々で、これは試してみる価値があるのではないかなあと思い、まずは「白湯」生活からはじめてみたのです。


で、このような本を買ってみました。


fc2blog_20140326001923025.jpg



蓮村誠さんの白湯毒出し健康法

斜に構えて読むと「観念的すぎない?」と思われるかもしれませんが、わたしこの辺り影響されやすい人なので「ふんふん」と素直に読んでいます。w

そーしーて。

先日、コーヒーを飲まなくなったと書いていましたが、ヴァータ、ピッタ、カパ、どの体質でも刺激物であるコーヒーは「やめとけ」と言われているのですよ。(でもこれはマクロビなんかもそうですね?)

コーヒーが良くないっていうのは前々から分かっていたことではあったものの、コーヒーなしでどうやって生活すればいいの!?って思うくらいに私コーヒーが大好きだったんですよ。

だけど、いざやめてみると、案外平気。

もうかれこれ2週間前からコーヒー断ちをしていて、かと言って「絶対飲まない!」と課しているわけでもないのですが(時には飲んでもいい、くらいにゆるく構えている)やめようと思えばやめられるもんなんだなと拍子抜けしました。

2015.11.17追記:今は普通に適度にコーヒー飲んでます。

で、コーヒーの代わりにチャイを飲みはじめた理由がですね、私が飲んでいるチャイ(これなんですが、早々に飲みきってすでにお徳用を買いました)に入っているスパイスが、ジンジャー、カルダモン、シナモン、月桂樹、クローブで、このうちのジンジャー、カルダモン、シナモン、クローブはヴァータに合うのですよ。

(人様のブログですがこちらを参考にしております)

んで今や、もう、出たとか出てないとかにフォーカスしないくらい、また、普通のサイクルに戻りました。

あの停滞はほんとなんだったんだろう??というくらい。w



fc2blog_20140323172723c60.jpg



そして。top画像のこちらはロシア限定のスタバタンブラー。

ロシアに赴任になったゲイからお土産でもらいました。w

これは自宅で白湯を飲むときに使っています。



fc2blog_20140402124530a5f.jpg



んでこちらは職場用。

サーモスの350mlタンブラー。

【ポイント10倍】【送料無料】【定形外】BRUNO ブルーノ アルファベットタンブラー 350mlブルー


当分は、白湯生活を続けてみまっす。

ていうかもはや習慣として定着しつつあるのですが。



fc2blog_20140425014401bf3.jpg fc2blog_201404181119510c7.jpg fc2blog_20140422113143eef.jpg


関連記事
●過去ログランダム表示●



●愛用品ログ一覧●

fc2blog_20141114011140e3d.jpgfc2blog_20131215083012ca2.jpg
fc2blog_20150213013703f08.jpgfc2blog_201502101300178da.jpgfc2blog_20131222133640db6.jpgfc2blog_201311011114277ba.jpg
fc2blog_20131105124305216.jpgfc2blog_201311180228231b1.jpgfc2blog_20140401035020166.jpgfc2blog_20140419115949bdb.jpg
fc2blog_201311041253183ac.jpgfc2blog_20131104125241c83.jpgfc2blog_201311011115436b2.jpgfc2blog_20131101111556736.jpg
fc2blog_201311051132592b6.jpgfc2blog_20131101124245813.jpgfc2blog_201401071218522a5.jpgfc2blog_201311011241517f7.jpg
fc2blog_201311011242226d3.jpgfc2blog_201401111255144ca.jpgfc2blog_2013112812265944b.jpgfc2blog_20140408054901db4.jpg
fc2blog_20140505162514765.jpgfc2blog_20131119022911a17.jpgfc2blog_20131123141106243.jpgfc2blog_2013110612513398a.jpg
search
profile

奈々

Author:奈々
82年製。

instagram @18nana
Twitter @r18nana_2

「30代なに着る?」アンケート。
ads
楽天
all categories/all archives
 
calendar
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
links
このブログをリンクに追加する
R