57年会 蟹甲羅部

fc2blog_201401140025486ef.jpg




なんだか最近このカテゴリの日記が多くて「あれ?私もしかして友達多い?」って錯覚起こしそうになるのですが、

私の携帯は発信専用なんじゃと思うくらい鳴らないので、やっぱりどう考えても全然多くないですご心配なく。(←?)

なのですが、今日は珍しく男友達の話を。

たぶんですねー、私のことを「今もなお友達だと思ってくれてる男の子」って、片手で足りるんですよ。

と言いますのも、私は今や基本的には「まじりっけなしの男女の友情は存在しない」と思っているのと

(っていう長い話を昔ココで書いております)

年々「女子校マインド」が強くなっているのとで、究極の話、友達って女子とゲイだけいればいいとすら思うようになったんですね。


「基本的には」そう思っているのですが、例外もおりまして、その一人が「どっちゃん」という男の子。

どっちゃんは私と同じ年で、誕生日も2日しか変わらない6月24日生まれ。ちなみに私は6月26日生まれ。

なもんで、干支と星座が一緒なんですね。

干支だとか星座だとかを熱烈に信じているわけではないのですが、

「おさまりどころ」としてなんだか納得のいく「便利なくくり」になることは多々あるのです。


私もどっちゃんも、基本は人見知り。

だけどなつくととことんなついて尻尾ブンブン振ってついていってしまうところがまさしく「犬」。

モコにゃんも私のこと犬って言ってたし。  (つーかあの子はほんとに更新せんなw)

んで、これは石井ゆかりさんの本からの引用なのですが


蟹座は甲羅によって「内側の世界」と「外側の世界」をキッチリと分けます。

「内側」には、いくらでも自分の水を供給しますが、外側には絶対に出さないように気をつけるのです。

このため、蟹座は、身内びいきだったりえこひいきしたりする、とされます。

仲間には限りなく寛容で、そうでない人々に対しては、徹底的に冷たくなってしまうこともあります。

蟹座は「家庭的な人々」と書かれている本が多いのですが、実際「この人とはわかりあえない」と思うと、それが家庭であっても、きっちりと境界線を引いて外側に出してしまうことも、しばしば、あるのです。



この「蟹甲羅の内外」の話がとても印象的で、というのも思い当たる節がありすぎて、この内容が付箋のようにずっと心に貼り付いていたんですね。

同じ蟹座のどっちゃんにこの話をしたことがあって、どっちゃんも「すごく分かる」と言っていて、

実際どっちゃんは、家族や友達や親しい先輩には「そこまでやるか」というくらいに親切だし、余すところなく愛情を注ぐのですが、

「甲羅の外側」だと認識している人に対しては、「え、どっちゃんそんなんできんの?wwww」と思うくらい違う顔を見せます。

そしてそれは私も同じなのです。


もちろんこれは蟹座に限ったことではないのでしょうが、私やどっちゃんはこの性質が極端だと思うのです。

言ってもまだ5、6回しか会っていないモコにゃんにもしっかりバレてて「多分心開いた人にだけ自分の心の鍵を渡してくれる人」と言われているし(w)、私もかなり自覚症状があります。

私は自分で自分のことを「たぶん、人が思うほど薄情じゃないけど、自分で思うほど情に厚くはない」と思うのですが、

それは「内外」の温度差が激しく、好意をあらわにするか否かが「時と場合と人によりすぎる」ことを、誰より自分が知っているからだと思います。

いやあ、私ももうちょっと隣人愛の強い優しい人になりたいんですけどねえ…。



「蟹甲羅」というのは私とどっちゃんのキーワードのようになっていて、二人が同席している大勢の場で、「苦手」だと思う人がいると、

「蟹甲羅が発動しました」

とか

「蟹甲羅シャッターが下りました」

などと言って「わたしあの人苦手」を人知れず伝え、さりげなくフォローしてもらっています。


今でこそ仲の良いどっちゃんですが、最初に出会った頃は割と遠縁と言いますか、「知り合ったところで特別親しくなりそうにない」間柄だったんですね。

同じ年でもお互い「ですます」で話していたし、個人的に連絡を取り合うこともありませんでした。

ですが、大勢が集まる席で何度も顔を合わせているうちに自然と親しくなり、年も同じだし「今度(昭和)57年会をやりませんかー^^」という話になって、あるときパチっとタイミングが合い、下北の土間土間で(w)朝まで一緒に飲んだのです。


それがきっかけになって本格的に仲良くなり、以来、定期的に「そろそろ57年会やろーよー」とどちらからともなく、ってゆうかほとんど私から誘うようになって、

外で飲むこともあれば、私がどっちゃんの家に行ったり、どっちゃんが私の家に来たりと、ほんと、笑えるくらい色がつくことのないまま、いろんな話をしてきました。

ド下ネタをゲラゲラと言い合っても、あまりにも「なにもない」ので、

「(我々のこの感じ)なんなんだろうね??」

とかいう素朴な疑問を二人で言い合ったりも。w


しかし仲は良いので、というか仲良くなりすぎて、大勢の場で狙ってないのにハモる機会が多くなり、「お前ら仲良すぎて気持ち悪いwww」とか言われてしまうようにもなりました。

ただ、ご存知の通り、昨年私がケムマキさんと別れてからは

「こういう状態で二人してツルんでたらお互い彼氏も彼女もできねんじゃねーか」

という話になり (どっちゃん、彼女いない歴相当長い。ゲラゲラゲラ!!!!←おい。)

意識的にここ数ヶ月は会わないようにしていました。


しかししかし、ここ数ヶ月の間に、私は自分の心が随分と凪いで、「彼氏がいないところで、なに?」みたいな感じになってて(いいのかそれで)、

ていうかむしろ若干「今出来ても困る」状態で、なぜならやっぱりどうしても彼氏が出来ると生活のペースが乱れてしまうんですよ、私の場合。

今はねえ、とっても良い状態で、家事はサボってないわ、一人飲みは減ったわ、仕事は楽しいわ、家はきれいだわ、っていうか「これ恋?」っていうくらい家が好きだわ、週末は充実してるわで、この感じを乱したくないのですよ。

なもんで、今は全然積極的に彼氏を作ろうと思ってないし、全く焦ってもないしで、「まあ、時がきたら」くらいのゆる~い感じでいて、どっちゃんと会おうが会うまいがその感覚は変わりそうになく、「もう、いんじゃないの?」と勝手に解禁。

そんなわけで、昨晩(1/13)は新年会とお祝いを兼ねて、うちでどっちゃんとサシ飲み。



どっちゃん料理上手。

fc2blog_20140114114549d84.jpg



fc2blog_20140114114540d8b.jpg



fc2blog_20140114002621fb6.jpg



fc2blog_20140114002658412.jpg



fc2blog_201401140025486ef.jpg

豆乳鍋やりました。




なんで「新年会を兼ねた"お祝い"」なのかと言うと、実はどっちゃんはドラマーで、どっちゃんがドラムを演奏している曲が、先日、iTunesから配信されたのです。

J-waveの「Hello World」という番組の、1月度エンディングテーマにもなっていて、リリース元の残響レコードで視聴出来るのでぜひ聴いてみてほしいのですが、

これは「蟹甲羅」の身内びいきではなく、本当にめちゃくちゃかっこいい曲なので、私がここに書かずとも、すでにすごく反響があるそう。

鍋中に関西の知り合いから「聴いたよ!!」という電話がかかって来たりも。w↓



fc2blog_2014011412045061b.jpg






fc2blog_20140110044454533.jpg



一番左がどっちゃん。

私が言うのもなんだけど、とっても男前です。ええ。これは完全に身内びいきなコメントです。

私は「どっちゃん」(時々「のりっぷ」)と呼んでますが、「NOKI」という名前で活動しています。

・どっちゃんブログ NOKIのBLOG
・iTunes Life - Single




fc2blog_2014011412122066e.jpg



どっちゃんは私にとってお兄ちゃんのようで弟のようで、そして私はどっちゃんにとって姉のようで妹のようで、そしてとっても大切な友達です。

なにしろ私がフラれたときにもジャスミン茶といいちこ(通称「マイごちセット」)を持って慰めに来てくれましたしwww

ほんと「も~…また~…もっとうまくやんなよー(=_=;)」っていうくらい不器用に性格の良い人なので、そんなどっちゃんが今後バサバサと飛躍していくことを心から願っています。

あと、はやく彼女作りなよ。(人のこと言えない)



関連記事
●過去ログランダム表示●



●愛用品ログ一覧●

fc2blog_20141114011140e3d.jpgfc2blog_20131215083012ca2.jpg
fc2blog_20150213013703f08.jpgfc2blog_201502101300178da.jpgfc2blog_20131222133640db6.jpgfc2blog_201311011114277ba.jpg
fc2blog_20131105124305216.jpgfc2blog_201311180228231b1.jpgfc2blog_20140401035020166.jpgfc2blog_20140419115949bdb.jpg
fc2blog_201311041253183ac.jpgfc2blog_20131104125241c83.jpgfc2blog_201311011115436b2.jpgfc2blog_20131101111556736.jpg
fc2blog_201311051132592b6.jpgfc2blog_20131101124245813.jpgfc2blog_201401071218522a5.jpgfc2blog_201311011241517f7.jpg
fc2blog_201311011242226d3.jpgfc2blog_201401111255144ca.jpgfc2blog_2013112812265944b.jpgfc2blog_20140408054901db4.jpg
fc2blog_20140505162514765.jpgfc2blog_20131119022911a17.jpgfc2blog_20131123141106243.jpgfc2blog_2013110612513398a.jpg
search
profile

奈々

Author:奈々
82年製。

instagram @18nana
Twitter @r18nana_2

「30代なに着る?」アンケート。
ads
楽天
all categories/all archives
 
calendar
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
links
このブログをリンクに追加する
R