いや〜、コメント欄でちょいちょいケムマキさんとは最近どうですかー、みたいなのを頂いてたので、「えーっと、ゲフン」みたいな感じだったんですが、実はですね、私ケムマキさんと別れたんですよ。

っていう長い話を追記にて。



7月末のことなのでかれこれ3ヶ月以上が経過しているのですが、もったいぶってたわけではなく、ましてや「彼氏まだ居ます然」としてたかったわけでは全然なく、ちょっとね、様子を見てたんです。自分の。

別れた直後はまだ全然実感がわいてないんだろうなとは思っていて、ふとしたときに「うわー」みたいになっちゃったらどうしよう、って思ってたんですが、いまだにそういう衝動はなく、日常の些細なことでケムマキさんに連動する何かに触れて、フラッシュバックしたりはするんだけど、かといってそれが引き金になって「うわー」とは、なってない。

ひょっとしたら案外こんな感じで、明確なショックもなく、曖昧にブワブワと薄れていくものなのかなあ、えー?うっそだあー、と自分を茶化すように思ってて、その様子見がこの3ヶ月ちょいだったんですね。
なんか、自分の中でまだちゃんと別れを理解してないんでは、だからなんか他人事のように感じてるのでは、って思ってて、それがはっきり分かるまでは書かないでおこうって思ったんです。

で、もうすぐ4ヶ月が経とうとしているのですが、どうやら本当に、明確なショックもなく曖昧にブワブワと薄れていくものみたいで、そしてすでに一人に慣れている私が居ます。

というわけで、ご報告が遅れてごめんなさい。
付き合い出したときにお祝いのコメント下さったり、今までケムマキさんのことを書いていたときに、読んでくださったりコメントしてくださったりと、あたたかく見守ってくださってた方々、本当にありがとうございました。


もう結構時間が経っているもんで、もはや周囲(主にゲイ)には「そういえばそんなことあったね」みたいな過去の出来事にされてて、「私こないだ別れたじゃん」みたいなこと言おうものなら「え、アンタまだそれ最新情報気取って言ってんの?」的な、「いつの話?」的な反応で、私の扱い、「ちょっと前まで彼氏いた人」とかではなく、容赦なく「彼氏いない歴3ヶ月の女(ワラ」です。
そう、私はもう「ただの彼氏居ない人」。

別れた翌日、さっそくゲイ友達が「奈々の失恋パーリー」と称して、もうなんかみんな半笑いで失礼にもほどがあるんですけど、でもね、我々行きつけの店に集合してくれたんですよ。
んで、その際にも

奈「鐘は打ったんだけどまだ鳴ってない感じなんだよね。だから時間差で『ゴオオオン』と鳴るんじゃないかと思って、それが怖い」

と話しており、

友「そうなんじゃない?そんなにすぐ実感なんてわかないよ~。あとからくるんだよきっと~」

とも言われていたので、え〜いつ鳴んの〜??って思ってたんですけど、別れた当日から今日までの間、いまだに「ゴオオオン」とは鳴ってないし、変な話、涙の1滴も出ていないのですよ。


とは言え、別れた直後はその喪失感から、ありふれた言葉だけどポッカリと心に穴は空いていて、ボンヤリしていたこともありました。

だけど私ももういいトシなんで、男と別れたくらいで日常を淀ませたり滞らせることはないようにと、「部屋を荒らさない」「洗濯物をためない」「ちゃんと仕事はする」っていうのだけは自分にしっかり課し、そのおかげで、毎日洗濯カゴは空。部屋もきれい。仕事でも「なんかあったの?」なんて言われることはないまま、「普通に」生活してました。

別れてから1ヶ月以上経ってからですかねー。仕事場で「私実は別れたんですー」って言ったのは。

ひた隠しにしたいわけではなかったんですが、「別れたんですー」とか言っちゃうと、仕事中にどんよりしてたりイライラしてたりする原因がほんとはただのPMSだったとしても「ああ、別れたから…ねえ…」とか思われんのがイヤで言わなかったんですよ。w

言葉に言い表せない喪失感はあって、悲しくないと言えば嘘になるし、たぶん、自分ではそれほど自覚していないけど周囲(ゲイ)から見れば強がっているように見えるのかもなーとも思っていたのですが、別れて最初に訪れた連休(お盆休み)も、1日目女子会、2日目女子会、4日目ゲイとデート、5日目ゲイ6人と横須賀でBBQという内訳で、めっちゃくちゃ楽しくてめっちゃくちゃ充実してて、久しぶりに会った友達には

「晴れがましい顔してる」

だの

「なんか肌艶よくなってない?」

だの

「別れてよかったんじゃない?」

だのと言われる始末。


深く考えるのを後回しにしていたところもあります。
ハナちゃん(猫)コタちゃん(犬)の顔や、一緒に過ごした時間がチラついて記憶の引き金を引きそうになったときには、バイトのシフト考えたり、人に会ったり、飲みに行ったり、本を読んだりしてやり過ごしていました。

でも、3週間以上が経った頃、もういっそ積極的に自分から失恋の悲しみに浸りにいってみてもいいんじゃないかー?と思い、泣く気満々でわざわざ部屋の照明落としてaikoしばりでiPodのシャッフル再生なんてしてみたんですよ。(インナー乙女)

なのに、「花火」で思い出すのは高校のとき付き合っていた○君、「カブトムシ」で思い出すのはそのあと付き合った△君、「桜の時」で思い出すのは11歳上の□さん、「アンドロメダ」で思い出すのは4年間付き合った旧同居人のYさま、、、ってどれもノスタルジックな記憶ばかりで、最新の思い出に関しては浸れるほどの水深がなく、チャプチャプした水遊びのような冷やかしで終わってしまいました。

何度か試したんですよ。(まじめか)
Huluで映画を見ている最中、BGMも相まっていい感じに感動的に盛り上がるシーンがあり、その盛り上がりに私の失恋の悲しみも乗せて一緒に泣いてやろうと思ったのに、曲が終わったとたんすっと涙が引っ込んで肩すかし、みたいな。

もともとが友達同士で、そんなにアマアマな二人ではなかったからなのかなあという気もしています。
例えば、それまでの好きな人に見せていたような湿った「女」の部分を、私はずっとケムマキさんにはあらわにしていなかったし、何かと言うと笑いに持って行くようにしていたので(二人とも)、シリアスになりきれないのかもしれないです。

ゲイ集団は、コミュニティの狭さゆえ、友達の中に「元カレ」やら「過去なんやかんやあった人」たちが普通にウヨウヨいるので(ビバヒルのように)、

奈「私もみんなみたいに元カレ元カノになっても普通にしてたいんだよね。もともと友達だから共通の友達も多いし、腫れ物みたいに扱われるのも嫌だから、今後みんなで集まったときに遭遇したら『あ、あれ元カレ』『これ元カノ』つって『夜の生活があわなくて別れました(ワラ』とか『音楽性の違いで別れました(ゲラ』とか言ってもういっそ笑いに昇華しちゃいたいんだよ」

と言いましたら

ゲ「アンタ…どんどんコゲついていくね…」(※)

と言われましたが。

※コゲつく→オナベ化してるの意。


別れた当日、深夜にも関わらず友達が「ヨシ、飲むか!」と家まで来てくれたんですね。

友達が来た時、我が家のテーブルの上にはまだ、ケムマキさんから返されたばかりの合鍵が載ってて

「その生々しいやつどかしてもらっていいですかwww」

とか言われつつ、

友「これ見て元気出せよ…」

と差し出されたのはiPhoneに保存されてる友達のハ○撮り動画で

奈「なんでだよ」

と言いながらも最後まで見て、「ちょ、もっかい見ていい?」ともう一回見て、ていうかなんだったら何回も見て、(ただし友達のアノ声とか聴きたくないのでミュートで)

翌日通勤電車の中で

「なんであたし男と別れた日に友達のハ○撮り見せられたんだろう」

と思ったらなんかすごい笑えてきて、確かに元気になりました。


ケムマキさんのことは大好きだし、いいこともたくさんたくさんあったんだけど、その反面苦しいことも多くて、でもそのおかげでこの1年半の間に私は相当鍛えられました。
ただそれは、ケムマキさんも私のことを必要としてくれているのなら耐えられるというもので、向こうが必要としなくなったら、「あれをもう1回やれって言われたら、正直、つらいなあ」とは、思う。

なもんで、いろんなことを総合して考えると、「これでよかったんだ」と思う私もいて、ていうか当初は「そう思っとけ!」っていう自分に対しての言い聞かせ色が強かったんだと思うけど、3ヶ月以上が経つ今は、安定感を伴って、ゆるやかに、だけど確実に「これでよかったんだろうな〜」が馴染んできてる私が居ます。

変な話になりますが、心の中で「お願いごと」ってしませんか?
「○○になりますように」とか「○○でありますように」みたいなの。

ケムマキさんと付き合い始めてから、破滅的なケンカをしたりすると、はやく仲直りしたいとは思うんだけど、その場しのぎでただ仲直りをすればいいわけじゃないというのは自分が一番よくわかっていて、だとしたらなんて願えばいいのか、ずっと仲良くしていたいけど、それが果たしてお互いにとっていいことなのかも分からなくて、願い事の照準すら定まらなかったんです。

だから、「仲直り出来ますように」だとか「ずっと一緒にいられますように」よりも、「二人にとって一番いい方向に行きますように」と願っていたんですよね。

結果、別れてしまって、当然すごく「ガーン」となったんだけど、別れた後のね、私の精神状態もそうなんですけど、周囲の反応も照らし合わせて考えてみると、うーん、やっぱよかったのかなと。

もともとケムマキさんは本当に気の合う飲み友達だったから、男女として付き合っていくことはそれはそれで別の楽しいことや尊いことも付属してくるんだけど、その代償として「一番理解のある男友達を失くしてしまった」という大きな喪失感もあったんですね。

友達時代の印象が強いから、「友達で居た方がお互いに良かったのかなあ」というのは、付き合っていた1年半、ところどころで感じることではありました。私が思うってことはたぶん、向こうも同じなんですよね、きっと。


別れたばかりのとある土曜日、渋谷であいちんと待ち合わせをしていて、待ち合わせ場所まで向かう電車の中で唐突に

4年半ってだてじゃねーなー。

と思いましてね。

ケムマキさんと付き合っていた期間は1年半。
その前の4年半、私は別の人に対して「片思い」という立場にあって、正式には誰とも付き合わずにほとんどの時間を一人で過ごしてしました。
家で一人で本を読み、一人で映画を観、一人で美術館に足を運び、一人で飲み歩き、時々ガス欠を起こしたら「サービスステーション」みたいな人の元に立ち寄って給油し、なんとなく承認欲求を満たしてまた元の道に戻る、というのを繰り返していました。

ケムマキさんと付き合い出してから、「I」で行っていたことのいろいろが「WE」に変わり、私はその新しい習慣や世界そのものを、煩わしく思うどころかとても好もしく受け入れていました。

でも、いざ一人になったら、割とあっさり1年半前までの生活に再び順応してしまっている私が居て、習慣って侮れないなあ~…慣れって怖いなあ~…って思ったんです。

たかだか、と言うと言い方悪いけど、たかだか1年半の生活は、それまでの4年半を簡単には凌駕出来ないんだなと思ったし、ほんとに「あたし大丈夫か?」と思うんだけど、以前のようにちゃんと本を読んで、何かについて深く考えて、こうやって日記書いたり、頭の回転が速いゲイたちに負けまいと脳みそフルスロットルで「トークセッション」(笑)してる「今」が楽しくて、頭は冴えてるし(自分比)、トークはキレるし(自分比)で、

あたし…誰とも付き合ってないときの方が面白い女なんじゃないの…?

と、思ってしまっているのです。



ヒーーーーーーーーーーー!!!!!



そして、そんな自分が嫌いじゃない自分がいるのです。



ヒィィーーーーーーーーー!!!!!


ゲイと仲いいって言うと、「どうやったらゲイと仲良くなれるの?」と問われることが時々あるのですが、私とゲイに共通しているのは「インナー乙女」であるところなんですよ。

普段は一緒に赤文字系(キャンキャンとかJJとか)女子をdisったりしてるんですけど、私も彼らもほんとは乙女なものが大好きで、私は自意識が邪魔をして女性性を表に出せない、彼らは社会性が邪魔をして女性性を表に出せない、どちらも抑圧された女性性を抱えていて、それを「同類」というか、「分かってくれる人」の前でしかさらけ出せないんですね。

んでこれは、女性性だけリンクしてもだめなんですよ。

「(男女混合の)バーベキューに手作りピクルス持ってくる女と仲良くなれる気がしない」

とかdisりつつ、ゲイ同士で行く夏フェスには全員手作り料理を持ち寄る、という「どないやねん」ないびつさがないとだめなんです。(メンドクサァ!!!) (そう!!私たちめんどくさいんですよ!!!)

その点ね~…私はケムマキさんとのデートでは「なに、どうしたの?www」とか突っ込まれるのが嫌であえてラフな格好で蕎麦居酒屋に行くのに、ゲイとのデートでは事前に「今日のドレスコードは?」とか打ち合わせしてばりばりにめかしこんで一緒にイタリアンに行く、みたいな…。ちなみにですが、「ドレスコードは?」って提案してくんの、私じゃなくてゲイの方ですからね。


今でも印象に残ってることがあるんだけど、以前、ケムマキさんとラーメンを食べに行ったときに、ラーメンの上に散らされたネギの切り口が「♡」みたいになってたときがあって、

「あー、ハート形になってる~!」

つったら、脊髄反射かっていう勢いで

「お前そんなキャラじゃねーだろ」

って一蹴されたんですね。

「いや、別にぶりっこしたわけじゃなくてただの『写実』じゃん!!wwww」

つったんだけど、私はケムマキさんに、ほんとはずっと分かってほしかったんだと思います。

いや、私、そんなキャラなんだよ。ってことを。






で、何が言いたいかって言うと、




ゲイたちと一緒に居るとすげーラク




ということ。




ヒィィィィィィィィーーーーーーーーー!!!!!




あーもー、「独活者のしんがり」とか自分で言って自分に呪いかけてたんだなー。言霊飛ばしてたんだなー。滅多なこと言うもんじゃないですよ、ほんと。笑


で、ですね。
変な話なんですけど、ケムマキさんとは今も仲良いんですよ。
ケムマキさんちでみんなで飲む日もあるし、外でも飲むし、電話もするし、まだケムマキさんちには荷物全部置きっぱなしだし。(なもんで、私が買った調理器具などは「別宅に置いてある」という書き方をしていました)

んでなー。あれっだけしてたケンカをね(してたんです、それはもう派手なやつを)、別れてからは1度もしてないんですよねー。
だから今の状態が我々の適正者間距離なのかなあと。


ここ最近更新頻度が高かったのは、別れたからと言うよりも、大々的な断捨離と掃除をしていた(っていうか今もしてる)せいですね。
昨年もそうなんですよ。ケムマキさんと付き合う直前、毎日掃除ばっかりしてる時期があって、2月12日から始まり、連日掃除に没頭してブログ更新しまくってたんですよね。
掃除してる時ってね、もう面白いくらいに頭の曇りが晴れてくるんです。なもんで、頭が冴えて(自分比)更新頻度が上がるんですよ。笑

でも最近本当にドライアイが深刻になってきたのと、連日怒濤のように更新してたから若干気が済んだのとで(w)、また元のペースに戻そうかなーと思っています。

ほんとはこの報告日記は、断捨離と模様替えが全部終わってからにしようかなーと思ってたんですが、私と同様(?)彼氏の話書き散らかしてたモコにゃんが自分のブログのコメ欄であっさり「別れた」とか書いてんの見て、なんか、時期とかどうでもよくなりまして。笑

そうそう、モコにゃんと近いのよね。別れた日が。「あたしたち、30(歳)界隈で、二人揃ってなにしてんだろうね」っつー話を酒飲みながらしましたよ。


あ、余談ですが、こういう経緯なもんで、指輪は結局もらってないです。
なので、私が今年の誕生日にもらえたのは、「請求書」と名前のつけられた紙1枚です。笑()
あと、去年もなんですが、今年も沖縄旅行はドタキャンされました。ハハハ。

あ、そうそう。別れてから最初に思ったのが、「あーこれでやっと普通に約束が出来るー」ってことなんですよね。前はね、これまた破られたらどうしようっていう不安が強くって、破られたら破られたで「マジこいつ…!」ってなってたんですけど(w)、今は、まず口約束を「確固たるもの」として見なくなったんですよね。
「彼女」とか「彼氏」って一番身近な反面、一番後回しにされてしまったりもするじゃないですか。んでまた、それを「彼女」や「彼氏」にやられると腹が立つんですよ。だけど、今くらいの距離感だと、もし約束を破られたとしても全然気にならない。「いーよいーよー、私彼女じゃないから気にしないで〜」ってなるんですよ。彼女の方が約束守られてないのに。w
イヤミっぽく聞こえるかな、これ。でも、イヤミじゃなくて、本当にそう思いますね。


こーんな長い独り言を最後まで読んでくださった方、お疲れさまです。ありがとうございます。
あのー、また独り者の奈々っぺに戻りますんで(ていうかとっくに戻ってたんで)よろしくお願いします!!敬礼!!



●2015.03.17追記●
女の閻魔帳にも書きましたが、この日記を書いてしばらくしたあと、荷物を全て引き取りにいき、以降は一度も会ってないし連絡も取っていませんねえ。

これほど短期間でスッッパリ関わりを持たなくなった「元カレ」というのも、私のなかでは珍しい部類です。笑

だけど彼に教わったのは、周りに何を言われても、自分が「アリ」だと思えば「アリ」として消化出来るってこと。

だから、周囲の「進言」を鵜呑みにしすぎるのも考えもの、なときがあります。w

みんな自分のフィルターがありますし、それは、選ぶことが出来ますからね。

大事なのは、自分が選んだフィルターで見る「自分の世界」は、自分にとって「楽しく明るく美しい」かどうか、なんですよねえ。

関連記事
●過去ログランダム表示●



●愛用品ログ一覧●

fc2blog_20141114011140e3d.jpgfc2blog_20131215083012ca2.jpg
fc2blog_20150213013703f08.jpgfc2blog_201502101300178da.jpgfc2blog_20131222133640db6.jpgfc2blog_201311011114277ba.jpg
fc2blog_20131105124305216.jpgfc2blog_201311180228231b1.jpgfc2blog_20140401035020166.jpgfc2blog_20140419115949bdb.jpg
fc2blog_201311041253183ac.jpgfc2blog_20131104125241c83.jpgfc2blog_201311011115436b2.jpgfc2blog_20131101111556736.jpg
fc2blog_201311051132592b6.jpgfc2blog_20131101124245813.jpgfc2blog_201401071218522a5.jpgfc2blog_201311011241517f7.jpg
fc2blog_201311011242226d3.jpgfc2blog_201401111255144ca.jpgfc2blog_2013112812265944b.jpgfc2blog_20140408054901db4.jpg
fc2blog_20140505162514765.jpgfc2blog_20131119022911a17.jpgfc2blog_20131123141106243.jpgfc2blog_2013110612513398a.jpg
search
profile

奈々

Author:奈々
82年製。

instagram @18nana
Twitter @r18nana_2

「30代なに着る?」アンケート。
ads
楽天
all categories/all archives
 
calendar
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
links
このブログをリンクに追加する
R