スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長い旅になりそうです3

まだ続いてます。

まとめてみました。

長い旅になりそうです(シリーズ全話の序章)
長い旅になりそうです2(使用化粧水の序章)
長い旅になりそうです3(使用オイルの序章)
長い旅になりそうです4(使用化粧水本編)
長い旅になりそうです5(使用オイル本編)




シンプルスキンケア」で提唱されている「水」と「花」と「オイル」のうちのオイルとは、主に植物性のオイルのことで、本には16種類のオイルが登場します。

以下がその16種。

オリーブオイル
椿油(カメリアオイル)
ヘーゼルナッツオイル
マカデミアナッツオイル
ホホバオイル
スイートアーモンドオイル
アボカドオイル
馬油
太白ごま油(セサミオイル)
パンプキンシードオイル
くるみ油(ウォルナッツオイル)
ククイナッツオイル
月見草油(イブニングプリムローズオイル)
ローズヒップオイル
しそ油、えごま油
亜麻仁油(フラックスシードオイル)


唯一、動物性のオイルの「馬油」も登場しますが、それ以外は全て植物性のオイルで、

リノール酸が多く含まれるのは〇〇とか、オレイン酸が多く含まれるのは〇〇とか、

それぞれのオイルの特徴や使い方が説明されています。

その辺の情報も大事なんですが、書いていくときりがないので今回は飛ばします。

「シンプルスキンケア」に登場するのは16種類ですが、それ以外にもたくさん植物性のオイルはあって、

例えば本には載ってなかったけど、ここ数年で一気に脚光を浴びたオイルとして「アルガンオイル」が挙げられると思います。

これらの植物性オイルは、キャリアオイル(とかベースオイル)と呼ばれているのですが、

ハイ、ズブズブの素人の私はこの呼称すら知りませんでしたよ、とここに告白しておきます。

アロマテラピーと手作りコスメって結構切り離せないところにあって、

アロマ関連の材料を扱うお店には必ずと言っていいほどキャリアオイルも売られているし、

手作り化粧品の材料を扱うお店にも必ずと言っていいほど精油が売られています。

アロママッサージの際には植物オイルで希釈した精油を使うのですが、

オイルで希釈した精油の成分を、体の中まで「運ぶ」という意味で、

「キャリア(運搬するもの)」という名前がついてるそうです。

「キャリアオイル」という言葉に馴染みがなくても、

オリーブオイルやホホバオイルなどは皆様もご存知だと思いますし、

私の場合は馬油や椿油(カメリアオイル)、ローズヒップオイル、アルガンオイル、セサミオイルなどを使っていた時期があります。

ただ、これまではとにかく「量を使い過ぎ」ていたということを、「シンプルスキンケア」を読んで初めて知ったのです。

例えば、以前、ローズヒップオイルを使っていたとき、化粧水で肌を整えたあとに、オイルだけを手に取って伸ばしていたので、かなりオイリーな仕上がりになっていたのですよ。

比較的最近使っていたアルガンオイルだとかセサミオイルなんかもそう。

「シンプルスキンケア」に倣った使い方だと、顔のスキンケアで使うオイルの量ってごくごく少量なんです。

具体的に言うと、例えば夜のスキンケアで使うオイルって、少なければ1滴、多くても3滴で十分なんですよ。

1度に手に取る量が、じゃないですよ。その日の晩に使う総オイル量が、多くても3滴で十分なんです。

そんでもって私の場合は、使い続けているうちに必要なオイルの量が減り、

今では使う時で1滴、それ以外の日は化粧水だけで事足りるようになったんです。

それについてはまた後日書きますね。


まず最初に、自作の精油入りの化粧水を、乾きを感じなくなるまで肌に重ねるのですが、

このとき、肌がぴっちゃりした状態で重ね付けするよりも、

適量を馴染ませたらしばし待ち、

足りないようだったら重ね付け⇒しばし待つ

⇒足りないようだったら再び重ね付け

というのを繰り返します。

なにしろ保湿成分がグリセリンしか入ってないシャバッシャバの水なので、

最初のうちは心もとなさ過ぎて、それはもうバッシャバッシャ使ってました。

実際、使い始めた時にはたくさん重ねないと足りない肌だったんだと思います。

ハンドプレスでもバッシャバッシャ使うし、ここ数年はたまーにしかやってなかったローションパックを日課として復活させたくらいです。

でもですねー、これもまた不思議なもんで、使い続けていくうちに使用量が少なくて済むようになってくるんですよ。

でもシャバシャバ化粧水でやるローションパックは気持ちいいので、今でもマメにやってますけどね。

私は毎回100mlずつ作っているのですが、ローションパックを頻繁にやるので、1週間以内には100mlを使い切っています。

防腐剤を入れてないので、1度作ったらなるべくはやく使い切りたいというのと、なにより材料費が安いので、惜しげもなく使えるのですよ。

で、この化粧水を使ったあとにオイルを使うわけですが、

その際、オイルのみを伸ばして顔につけるのではなく、

適量の化粧水を手のひらに取り、その水たまりの上にオイルを1滴垂らし、

化粧水とささっと混ぜ合わせて顔に伸ばすんです。

ゆっくりハンドプレスして、それでも足りないようだったらまた同じやり方でオイルを重ね付けします。

お風呂上がり、体がまだ濡れている状態でオイルを塗ったりしませんか?

濡れてる方が伸びがよく、使用量も少なく済みますよね。それと同じなんです。

私今まで散々そのやり方でワセリンとか馬油とかオイルとかを体に塗ってたっつーのに、顔に関しては「直接オイルのみ」を塗ってたんですよね。

当然伸びが良くないので使用量を多くしたり、あるいは、量自体は2、3滴で済ませてんだけど、

どう考えても行き渡ってないのに「そういうもん」だと思って使ってました。あはは。


しかしこの「化粧水の上に垂らして混ぜて顔に塗る」っていう方法だと、ほんと1、2滴で十分なんです。

だからですね、例えば30mlで何千円もするオイルって量の割にたっけーなーとか前は思ってたんだけど、

顔にしか使わない場合だと、1ヶ月に使う量は5mlにも満たないんですよ。(検証済み)

しかも、酸化安定度の低いオイル(=劣化しやすいオイル)の場合だと、使用期限のこともあるので、30mlもあったんじゃ、とてもじゃないけど期限内には使い切れないんです。

例えばローズヒップオイルや月見草オイルなどは、酸化しやすいので使用期限が短い上に、開封後は冷蔵保存が基本っつーデリケートなオイルなんですね。

(ただ、私の場合は、持ち歩き用のホホバオイル以外、全て冷蔵庫に入れています)

しかもローズヒップオイルは、紫外線に弱くて夜にしか使えないので、大量に入ってて安いものより、

多少割高になってたとしても、少量で売られているものの方が無駄がないんですよ。


注意点としては、

オーガニック栽培で未精製のものだと、肌に合えば効果的ですが、

不純物が多いので、合わなければアレルギーを起こしてしまうこともあるので

使用の際は必ずパッチテストをするようにと呼びかけられています。

精油に関しても、キャリアオイルで希釈したものでパッチテストをするようにすすめられています。

(パッチテストでは大丈夫でもいざ顔に塗ると肌トラブルが起きたり、ということもあるそう)


植物が持つパワーとそのリスクの話は、日頃からまりこさんがよくブログに書いているんですが、

自分で化粧水とか作ると、ほんと化粧品会社の方々って大変だなー!と思うようになります。w

自分で作って自分だけが使う分には、もしも肌に合わなくても

「あちゃー」

くらいで済むし、

「いたしかたない」

と思えるんだけど、多くの人に向けて商品として作るとなると、

あらゆることにおいて公約数と責任をとらないといけないじゃないですか。

価格もそうだし、成分もそうだし、

例えば100mlの化粧水を作るとしたら、

平均してどのくらいで使い切るのかっていうのを想定して

防腐剤の種類や配合量を考えないといけないでしょうしねえ。

あと、以前まりこさんがココ


今度、取引先さんでスキンケアセミナーを行う事になって、もう何話したらいいのかむちゃくちゃ緊張&悩んでいます。

(中略)

一般の方のお話を聞いていると、「どの成分がいいんですか?」とか「どの化粧品がいいんですか?」とかすぐに答えを求める方が多いんですよね。

でも、そんなん人それぞれすぎて全く話しできない・・・

それって出会いがしらに「私、どういう人と結婚するべきですか」みたいな質問と同じなんですよ。

いやいや貴女はどういう人で、どういう人を求めていて、どうなりたいの?

というところからじゃないと話しできないのと一緒で、

化粧品も、どういう肌質なのかとか、

何が悩みなのかとかアレルギーはあるのかとかがわからないと、

どうにもこうにも話しができないんですよね。



って言ってたけど、ほーんとそうで、

精油もキャリアオイルもたっくさん種類があって、

くくりとしては同じ「ラベンダー精油」や「オリーブオイル」に分類されるものでも、

メーカーが違えばグレードも違うし、価格も違います。

なので、自分の肌質と、求める効果と、お財布事情を鑑みて、片っ端から試していくしかないんですよ。


あと、精油だと「光毒性」がある種類もあるので、日中の使用は厳禁とか、

キャリアオイルに関しても、酸化安定度の低いものは夜のみ使いましょうとかいう使用上の注意があるので、朝晩の使い分けも必要になってきます。

でもね、目的によって使い分けるのがまた楽しいのよ〜!

例えば、とあるオイルは紫外線B波をカットする効果が高いそうで

(紫外線についても書きたいことがありまして…あーもううずうず)

あくまでも「鵜呑みにするなら」だけど、化粧品で言ったらSPF28〜50に相当するんだとか。

ただし、これ他のキャリアオイルにも言える事だけど、

紫外線カット効果も期待できるっていう植物性オイルは、

紫外線B波は多少カットできても、

A波(「PA」で表示されてるやつですね)には歯が立たないらしいので、

A波をカットする成分も取り入れないと結局はダメージ受けるそう。


さてさて長くなっておりますが、ようやく次回から具体的な使用精油や使用オイルなどについてゆるゆる書いていきたいと思います。

あ、もちろんB波カット効果の高い(らしい)オイルについても書きますのでっ!



本日のハイライト、再び前田京子さんの「シンプルスキンケア」(@コスメ ★5.8)



fc2blog_20150205100836cd4.jpg




関連記事
●過去ログランダム表示●



●愛用品ログ一覧●

fc2blog_20141114011140e3d.jpgfc2blog_20131215083012ca2.jpg
fc2blog_20150213013703f08.jpgfc2blog_201502101300178da.jpgfc2blog_20131222133640db6.jpgfc2blog_201311011114277ba.jpg
fc2blog_20131105124305216.jpgfc2blog_201311180228231b1.jpgfc2blog_20140401035020166.jpgfc2blog_20140419115949bdb.jpg
fc2blog_201311041253183ac.jpgfc2blog_20131104125241c83.jpgfc2blog_201311011115436b2.jpgfc2blog_20131101111556736.jpg
fc2blog_201311051132592b6.jpgfc2blog_20131101124245813.jpgfc2blog_201401071218522a5.jpgfc2blog_201311011241517f7.jpg
fc2blog_201311011242226d3.jpgfc2blog_201401111255144ca.jpgfc2blog_2013112812265944b.jpgfc2blog_20140408054901db4.jpg
fc2blog_20140505162514765.jpgfc2blog_20131119022911a17.jpgfc2blog_20131123141106243.jpgfc2blog_2013110612513398a.jpg
search
profile

奈々

Author:奈々
82年製。

instagram @18nana
Twitter @r18nana_2

「30代なに着る?」アンケート。
ads
楽天
all categories/all archives
 
calendar
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
links
このブログをリンクに追加する
R






                          
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。