長い旅になりそうです。

今年に入ってからコスメ事情が大幅に変わったので、ここらで一度途中経過を記録。


まとめてみました。

長い旅になりそうです(シリーズ全話の序章)
長い旅になりそうです2(使用化粧水の序章)
長い旅になりそうです3(使用オイルの序章)
長い旅になりそうです4(使用化粧水本編)
長い旅になりそうです5(使用オイル本編)




なんで使用化粧品が変わったのかというと、事の発端は肌荒れなのです。

何年かに一度、「何やってもだめな時期」というのがやってくるのですが、今回の荒れ方はまさにそれでした。

今まで使っていた化粧品が全て合わなくなり、頬やらおでこやらはキメが乱れてごわごわのザラザラ。

鼻まわりや口まわりは粉をふいたように肌が剥離し、何を塗ってもピリピリと刺激を感じてしまうんです。

最初は「なんかよさそう」と思った新しい化粧品を試してみたり、スクラブ剤を使ってみたりしたのですが、

どれも火に油を注ぐような結果になり、化粧下地もお粉もムラムラになってつくので、最終的には顔面の質感がなんつーか


「…モルタル?」


みたいなことに。


いくら三十路でも、モルタルはないだろう。


というわけで、前回荒れたときにやった「日本薬局方の白色ワセリンのみ」っていうケアを、今回もやってみたのです。

ただ、今回の場合は、ワセリンはワセリンでも「サンホワイトP-1」という精製度の高いものを使用。

(これ、前回の肌荒れ時にコメント欄で教えていただいたものだったんです。感謝感謝)

ちなみに、

青蓋のワセリン(ヴァセリン)<白色ワセリン<プロペト<サンホワイト

の順に精製度が高く、この中で一番精製度の高いサンホワイトは、

2番目に精製度の高いプロペトと比べても格段に酸化しにくいそうな。(参照)

1月の下旬でしたかね〜。サンホワイトP-1のみのケアを始めたのは。

顔を洗った後や入浴後、まだ顔が濡れている状態で、さらには手も濡れている状態で、サンホワイトP-1を伸ばし、薄く顔につくようハンドプレス。

乾燥が気になる目元や口まわりだけこれまたうすーく重ね塗りしていました。

朝はそのあとに化粧をするので、軽くティッシュオフすると、油分による化粧崩れも気になるほどではなく、2〜3日でみるみる肌が落ち着いていきました。

なので一時はもうずっとこれ1本でいいんじゃないのー!?とかって感動してたんだけど、やっぱりそんなに甘くはなかった。

使い始めて10日間くらい経つと、まーたゴワゴワしてきたんです。

だけどそれもそのはずなんですよね。

ワセリンは肌に残りやすく、長期的に使ってると代謝残留物が肌に溜まってゴワゴワしてきちゃうんだって。

つい数日前、まりこさんのところでもちらりとワセリンについて書かれていおりましたので()以下引用。


もともと、ワセリンって第一次世界大戦かなにかで兵士の傷の手当てに使われていたとか・・・

そのぐらい閉塞性があり、肌の上に一枚膜をおって外からの刺激物が入らないよう、また、水分の蒸散を防いでくれます。

こういった特徴から、アトピーの人に処方されたりするんですね。

また、肌あれで皮膚科に行ったりすると、すべてのスキンケア製品の使用をやめて、ワセリン塗ってくれとか言われたりすると思います。



実際、ワセリンとかプロペトとかについて調べてると、アトピーのお子さんを持つママさんたちのコミュニティサイトみたいなのがいっぱい引っかかってきます。

んで、これはプロペトに関するものなんだけど、こういう記事を発見。

プロペトにご用心?

ちょっと長くなりますが引用。↓

プロペトはワセリン同様、
"保湿"というよりも"お肌の保護"がメインです。

ワセリンから精製されているので、原料はもちろん油です。
お肌に油膜を張って保護するという効果があります。

なので、プロペトではお肌は保湿できません。

プロペトを塗る前にお肌に合った保湿剤でしっかりお肌を保湿し、
プロペトで保護をするというのが保湿目的での使い方です。

しかし、お肌を保護する効果があるので熱がこもりやすくなります。

患部に熱がこもって、逆に痒みが増してしまうようでは逆効果なので、
その場合はプロペトを塗るのは控えておきましょう。

また、プロペトは原料が油なので空気と触れ合うと酸化しやすい。

プロペトはお肌の表面にも残りやすく、
酸化してしまうと過酸化脂質へと変化してしまいます。


過酸化脂質はアトピー性皮膚炎の痒みの原因になります。

アトピー肌はお肌のバリア機能が弱くなっているので、
少量の過酸化脂質でも痒みを感じてしまいます。

まずはお肌の過酸化脂質を除去しつつ、
お肌の酸化状態を元に戻してからプロペトでお肌を保護してあげましょう。



思うに、ワセリン系って(サンホワイトのようにいくら精製度が高くても)、

炊いたご飯を乾燥させないためにくるむサランラップのようなもんなのだなと。

ワセリンそのものの力では、

乾燥してる米(肌)に水分を与えてふっくらさせることは出来ないし、

もともとの米(肌)に水分がなかったら逃がさないように守る水分もないですから、

中は乾燥したままになっちゃうんですよね。

ただ、一時的に使ってニュートラルな状態に戻すのにはいいんじゃないかなと思いました。

サンホワイトは今でもバッグの中に必ず入れていて、ハンドクリームとリップクリームとして使っています。

さて、肝心の日々のケアは、またイチから探しなおしとなったわけですが、長くなったので続きはまた明日!



本日のハイライト、サンホワイトP-1。


@コスメ★5.5
フェイスオイル・バーム部門14位




関連記事
●過去ログランダム表示●



●愛用品ログ一覧●

fc2blog_20141114011140e3d.jpgfc2blog_20131215083012ca2.jpg
fc2blog_20150213013703f08.jpgfc2blog_201502101300178da.jpgfc2blog_20131222133640db6.jpgfc2blog_201311011114277ba.jpg
fc2blog_20131105124305216.jpgfc2blog_201311180228231b1.jpgfc2blog_20140401035020166.jpgfc2blog_20140419115949bdb.jpg
fc2blog_201311041253183ac.jpgfc2blog_20131104125241c83.jpgfc2blog_201311011115436b2.jpgfc2blog_20131101111556736.jpg
fc2blog_201311051132592b6.jpgfc2blog_20131101124245813.jpgfc2blog_201401071218522a5.jpgfc2blog_201311011241517f7.jpg
fc2blog_201311011242226d3.jpgfc2blog_201401111255144ca.jpgfc2blog_2013112812265944b.jpgfc2blog_20140408054901db4.jpg
fc2blog_20140505162514765.jpgfc2blog_20131119022911a17.jpgfc2blog_20131123141106243.jpgfc2blog_2013110612513398a.jpg
search
profile

奈々

Author:奈々
82年製。

instagram @18nana
Twitter @r18nana_2

「30代なに着る?」アンケート。
ads
楽天
all categories/all archives
 
calendar
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
links
このブログをリンクに追加する
R