振替輸送

長いです。

でも、思っていることたくさん詰めました。

次から完全に通常運行に戻ります。



考えすぎて一周して結局現状維持、ということが私にはよくある。
例えば、大人数での飲み会。
お店よりもホームパーティーとかの方が顕著なんだけど、そういう場での女子は、ざっくり言うと「くるくる働く人」と「働かない人」の二種類に分けられる。

さらに、働く女子にも二種類いて、くるくる働くことが板についている「真性働き者」と、「そういう雰囲気だから働かなきゃ」とか、あるいは手のひらサイズの下心(※)が動機になって働く「仮性働き者」とに分かれる。(※「家庭的」アピールなど)

違ってたら否定してください。働くことが板についている「真性働き者」さんから見れば、にわか仕込みの「仮性働き者」さんの慣れない動きって、はっきり言って、邪魔ではありませんか。

私がそういう大人数の場で働くとなると、完全に「仮性」に分類されます。
雰囲気的に女子は働いた方が良さそう、というのは感じるし、私もなんかしたほうがいいのかな、しようかな、とか考えるんだけど、真性働き者さんの心理(というか本音)も心得ているつもりなので、結果、そういう場に私が居る時どうするかと言うと、真性働き者さんの邪魔にならないように、

何もしない。(キリッ

これが私の「考えすぎて一周して結局現状維持」の一例です。

あー、「ハア?」というツッコミが聞こえてきそうだけど待って待ってー。
あつかましいけど、真性働き者さんと、私のように何もしないパッと見怠惰女子には共通点がある。(パッと見?)
それは、「人に気を遣われるのがいや」というところ。
真性働き者さんって、自分以外の人が動いているのを見ると落ち着かないでしょ?だったら自分がやる!座ってて!みたいになるでしょ?
私周囲には真性働き者さんが割と多いので、真性働き者さんに気を遣わせない、真性働き者さんの邪魔をしない、というのが私なりの気遣いであり、そしてそこが私の立ち位置だと思っているんですよ。

そんでまた真性働き者さんというのは采配を振るのが得意なわけ。
だから私のような「手持無沙汰女子」にも上手にタスクを与えてくれるのですよ。
「んじゃ私これやるから奈々ちんゴミ捨て行ってきてー」とか、「このお皿運んでくれる?」とかさ。
基本何もしないけど真性働き者さんの指示には素直に従う、っていうスタンスの方が、仮性働き者さんの慣れない動きよりも真性働き者さん孝行になる…と思…ってるですがどうでしょうか。(おそるおそる)

どうでもいいんだけど、「采配を振る」だっけ「采配を振るう」だっけと一瞬迷ってgoo辞書見たらまさに!
文化庁が発表した平成20年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方である「采配を振る」を使う人が28.6パーセント、間違った言い方「采配を振るう」を使う人が58.4パーセントという逆転した結果が出ている。
って補足がしてあった。勉強になります。

さておき、他にもある。「考えすぎて一周して結局現状維持」の例。
痛いKB編。
適切な滑走路を走らずに気が付いたら離陸してしまい、しかるべきところに着陸できぬまま気がつけば知り合って○年。みたいな相手がいたとする。

…往生際悪く濁そうとしましたすみません。

平たく言ったらあれです。好きな相手との間に明確な言質がかわされないまま幾年が過ぎ、かと言って「いまさら『好キデス、付キ合ッテクダサイ』とか言えないんですけど」パターンです。

普段から他愛のないやり取りがあり、定期的にデート(らしきもの)もし、デート(らしきもの)をすれば色っぽい空気もちゃんと付属してくる。それなりに仲良くしている実感はあるし、もはや「短い」というには持て余す期間を経ているだけに、無視できないくらいの歴史は刻んでいる。はっきり口にはしてないけど、こちらとしてはその「歴史」のようなものが好意の表明と言うか、「好きじゃなかったらこんなに長い期間続いてないでしょ」と言いたいし、相手もそうなのだと思いたい。

だけど、やっぱり関係性がはっきりしていないので、時々無性に「私のことなんてどうでもいいんですか」と詰め寄りたくなることがある。それ以外にも聞きたいことは山ほどある。
ただ、そういう時の心理状況って、完全に「思いつめてる」わけですよ。
だから、「私のことなんてどうでもいいのか?」を、本当に純粋に聞きたいわけじゃなく、

ただ否定してほしいだけっつーかまってちゃん心理

あるいは

いっそのこと「うん」と肯定されて、このフワフワな現状に、

自分でなく相手の方から終止符を打ってほしいという投げやり他力本願

が根底にある。

でも後者はできるだけ避けたい。

で、我に返るわけです。

結局自分のことを肯定して欲しいだけで、今(の心理状況で)こんなこと聞くのは、欲しいものを買ってもらえなくて駄々をこねてるのと同じだと。
欲しい答えがあって、それを聞き出したいがために、理性を欠いた態度で「そこのところどうなんですか」とか詰め寄ってどうするんだろう。仮に聞き出せたとして、でもそこに中身が伴っていなかったら、何の意味もなくない?と。っていうかそんな思い詰めた状態で問い詰めてしまったら、本音を聞き出せる可能性の方が低いんじゃないか?と。(単純に聞き方誤って玉砕パターンっつー可能性もおおいにある)
みたいなことをさんざん考えて、結局、何も、言わない。
これが私の「考えすぎて一周して結局現状維持」KB編です。

と、まあ、長々長々書いてまいりましたが、この「考えすぎて一周して現状維持」という私の性質は、R-18本文にもものすごく反映されている。

たくさんたくさん考えて、たくさんたくさん書いてみて、でも、「それを書いたところでどうなるんだろう」ということは、結局消してしまう。

先日、実家で飼っていた犬が死んだという日記に、こんなコメントをいただきました。

なんだか、奈々さんのお母さんやお父さんや弟さんたちの気持ち・・奈々さんは理解されているのか疑問符がつくブログに思えました。そこのところを汲み取っていたら、「お疲れ様」だけ・・って・・。

奈々さんは大人な人だと思いますが、『主体的』な感情だけ・・なお方だと感じてしまいました。

私の感覚がズレているようでしたら、ごめんなさい。


”『主体的』な"というのは、おっしゃる通りです。
だけど、”感情だけ”に関しては、違う、と言わせてください。なぜなら、あの日記は、極力感情を殺して書いたつもりだからです。

そもそも、「死んだ」とかいう無神経な言葉は、本来ならさらっと使いたくはない。だからって「天に召された」とか必要以上にこの場で感傷的にも叙情的にもなりたくなかった。
私はこの場で誰かの涙を欲していたわけでも、私自身が泣き濡れたかったわけでもないんです。でも、だからと言って、13年生きたラッキーの死に一切触れずにR-18を再開出来るほど気丈ではいられませんでした。

ただ、私はまだラッキーがいなくなったあとの家に一度も足を踏み入れていないので、たぶん、本当に悲しくなるのはこれからなんだろうと思っているんです。
なんかこう、ところどころに丸い穴のあいた板があって、その上で今、ビー玉のようなかたちをした悲しみを転がしているんだけど、そのビー玉がはまる穴がまだどこにもなくて、「これ、どうすりゃいいの?」と、途方に暮れている状態です。

”そこのところを汲み取っていたら、「お疲れ様」だけ・・って・・。”
と書かれてありましたが、「だけ」というか、うーん、、、
正直、ラッキーのことやラッキーにまつわる家族との思い出ならいくらでも書けることがあったし、それを書こうかとも思いました。だけど、何処をどう頑張って書いても人(私自身含む)を明るい気持ちにはさせない内容を掘り下げて書くことに躊躇いがあったし、それこそ「それを書いたところでどうなるんだろう」と思いました。

実家には3匹の犬が居て、「ラッキー担当」は2歳下の弟でした。
ラッキーの散歩や餌やりはほとんど弟がし、ラッキーは弟の部屋で寝起きして、時には同じベッドで一緒に寝ていました。
だから、ラッキーは「我が家のラッキー」だったけど、やっぱりどこか「弟のラッキー」っていうような認識がほのかにありました。

弟は2歳下です。もういい大人です。その弟が、ラッキーが死んだとき、仕事から帰宅してラッキーを見た瞬間に大声で号泣したという話を聞きました。
ラッキーが息を引き取ったのはその日の昼間で、仕事中に知らせを受けた弟が、終業までいったいどんな気持ちで居たのかや、ラッキーと寝起きを共にした部屋でこれからもことあるごとにラッキーを思い出すかけらに触れ続けるのだと思うと、もうたまらなくて、その弟に比べたら、私が語れることは無いんじゃないかという気がしたんです。
それは弟だけでなく、他の家族に対しても思ったことで、毎日家でラッキーと顔を合わせていたヤエちゃんやもう一人の弟や、私よりうんと長い時間をラッキーと過ごした姉の喪失感や悲しみを想像したら、年に数回しか帰らない私が"ここで"長々語るのは、なんだか違う気がしました。それは、次に実家に帰った時に家族と話そうと思ったからです。

”奈々さんのお母さんやお父さんや弟さんたちの気持ち・・奈々さんは理解されているのか疑問符がつくブログに思えました。”
については、果たして私の家族の気持ちの汲み方が正解かどうかは分からないので、「そんなことは断じてありません!」なんて堂々と言えないけど、ただ、それを人には言われたくない、と思いました。(ごめんなさい)

それこそ私の主体的な感情だけで言うと、私がほかで同じような日記を見たら、コメントをくださった方と同じような感想を抱く自分が想像できないので、感覚がズレていると言われたら、そうなのかもしれません。
行間に、言い表せないいろんな思いが込められているんだろうと思いますし、仮に、明らかな違和感を感じたとしても、第三者の私が言えることは何もないなと思ってしまいそうな気がするからです。

今回ここに書いたこと、本来だったら全部、「それを書いたところでどうなるんだろう」部類です。長々とすみません。(特に最初の2例、いらないよね。分かってる。でも消さない。)
私の考えを肯定されたいわけじゃないけど、「えっ!そこですか!」というところにスポットが当たっているコメントだったので、お返事にかえてこちらに書かせていただきました。

今回のこと、第一印象としては「人には言われたくはない」でしたが、でも、「人の気持ちを汲む」というのはどういうことなのかを、深く考えるきっかけになりました。
自分が人の気持ちを汲んでいると思ってやっていることって、分かりやすい正解がないから、自分的にはよかれと思ってやっていることでも、もしかすると全部思い上がりだったり勘違いだったりするのかもしれないなあと。

「考えすぎて一周して結局現状維持」にもうアリアリと出てるんですが、私の「汲み方」や「慮り方」って、だいたいが「伏せる」、「秘める」、「言わない」を主体としている。
でも、「口に出さなきゃ伝わらない」こともある、ってことも、経験上、知ってはいるんです。

それが今かなと思ったので、今回はこんなに長々と書かせていただきました。

最後までおつきあいしてくださった方、ありがとうございます!



関連記事
●過去ログランダム表示●



●愛用品ログ一覧●

fc2blog_20141114011140e3d.jpgfc2blog_20131215083012ca2.jpg
fc2blog_20150213013703f08.jpgfc2blog_201502101300178da.jpgfc2blog_20131222133640db6.jpgfc2blog_201311011114277ba.jpg
fc2blog_20131105124305216.jpgfc2blog_201311180228231b1.jpgfc2blog_20140401035020166.jpgfc2blog_20140419115949bdb.jpg
fc2blog_201311041253183ac.jpgfc2blog_20131104125241c83.jpgfc2blog_201311011115436b2.jpgfc2blog_20131101111556736.jpg
fc2blog_201311051132592b6.jpgfc2blog_20131101124245813.jpgfc2blog_201401071218522a5.jpgfc2blog_201311011241517f7.jpg
fc2blog_201311011242226d3.jpgfc2blog_201401111255144ca.jpgfc2blog_2013112812265944b.jpgfc2blog_20140408054901db4.jpg
fc2blog_20140505162514765.jpgfc2blog_20131119022911a17.jpgfc2blog_20131123141106243.jpgfc2blog_2013110612513398a.jpg
search
profile

奈々

Author:奈々
82年製。

instagram @18nana
Twitter @r18nana_2

「30代なに着る?」アンケート。
ads
楽天
all categories/all archives
 
calendar
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
links
このブログをリンクに追加する
R