スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

it waits.

感謝企画へのご応募、ありがとうございますー!ぞくぞくとコメントいただいております。
みなさん、アンケートにもしっかりお答えしてくださってて、すごく嬉しいコメント付きで、移動中に携帯で見ながらじわっとしてます。北は北海道、南は沖縄、イギリス・アメリカ・ドイツなどの海外からもアクセスがあってびっくりです。ほんとネットってすごいねー!!!
締め切りは5月24日月曜日でございますので応募しようかな?と思っているそこのアナタサマ、感謝企画のコメント欄から応募してくださいませませ~。



さてさて。
久しぶりに「脳内一人サミット会議」なお話。
もはや化石ワードって言ったって、腐っても「適齢期」。
年々切実さと焦燥感を増していくのっぴきならないぬり絵事情は追記にて。




「これは!!」という相手が現れない限りは多少さみしくても一人推奨。

という21世紀のnot不毛"待つわ"マインドを「ネオあみんマインド」と命名。(あみん引っ張り出してきといて「ネオ」もなにも…)
なんのこと言ってんのかサッパリ分からない子のための参考資料⇒

さあそんなネオあみニスト(←なんかもう冒涜)のあたしは現在もちゃくちゃくと彼氏居ない歴を更新中。
なんですが、2カ月ほど前だったでしょうか、あたしと同じネオあみニスト(彼氏居ない歴も同じくらい)の女友達と話してた時のこと。



友:「さすがに味方が欲しくなってきた…」



み…みか…え、なに?三鷹

地デジ対応してないから一瞬何のこと言ってんのか分かんなかった。(嘘つけ)


付き合いの深い友達はあたしが一人で居る理由を知ってるから「別に彼氏居なくてもいいんじゃない?」ってあったかく見守ってくれてるんだけど、そうでない人から見れば単なる男日照りの奈々っぺ。(って書きながら今なんか目頭熱くなったんですけど)

付き合いの浅い人に「なんで彼氏作らないの?」と聞かれたときには説明するのがめんどくさいので「要らないからです」って答えている。わざわざ引っ張ってくるのめっちゃくちゃ恥ずかしいんだけど、あたしの真意はこれなんだもん。長すぎて説明する気になれない。


そんなこんなでネオあみニスト(真ん中だけ平仮名入力ダリィィィィ!!!)のあたしは今も一人で居るわけなんですが、正直、コンディションによっては寂しさが「多少」を余裕でぶっちぎる日がある。抱き枕購入を本気で検討してしまう夜がある。

今年に入ってからちょっと体調を崩してしまった時がありましてね。点滴打ってもらって自宅に戻って薬飲んで横になってる時なんてまさに「多少」を大幅にぶっちぎっててちょっとおかしくなりそうでした。

その時は、食事を摂らなくても飲める薬を処方されていたし、何より食欲がなかったので薬飲んで横になってれば療養出来たからよかったけど、これがもしインフルエンザだったら?とか考えるともう、ワナワナしてきてね。
あたし…今インフルエンザにかかったら高熱でうなされてても這いつくばって食料調達しに行かなきゃいけないんだ…、だーれも介抱してくれないんだ…とか思うともう泣けてきて、って言うかあたし今この瞬間に死んだとしても誰も気づかないんじゃね?とかいう考えにまで及び、マジで福岡帰ろうかなとか思いましたからね。

「彼氏居ません要りません」なんていう話をしていると、「一人で居ること」を「強い人」であるかのように評されたりすることがあるんだけど、あたしはそれって全然違うと思ってるんですよ。(ああ…でも最近彼氏居ない歴が本気でコメントしづらい年月になってきて「何かしら問題ある人…?」という目で見られ始めている。そしてここまでくると否定は出来ない)

彼氏って一番身近な人で、友達以上に強いこと言えたりする反面、友達以上に「親しき仲にも...」が必要とされるでしょ。言い方変えると、誰かと付き合うには「我慢」と言うか「忍耐力」とか、「思いやり」とか「想像力」が必要だし、相手も自分も大なり小なり汚い部分を見たり見せてしまったりっていう場が避けられなくなりますよね。
そしてそういうのをぶつけたりぶつけられたり受け止めたり受け止めてもらったりしてカップルって築かれて行くんだと思うし、それらって「人」としてすごく必要なコミュニケーションだと思うんですよ。
だから今、ただ一人の相手とぶつかり合うことを避けて通ってるあたしは、人としての営みを怠っているというか、放棄してるんではって気はすごくしている。

「これは!!」って人が現れるまでは一人で居る、というのが今のあたしの基本スタンスではありますが、そこまで深く考えないで一度試しに付き合ってみる、という「育み型」を否定する気はさらさらない。
現に、あたしが今までで一番長く付き合った相手(旧・同居人)は、育み型だったんですよね。実は。
「あー、世の中のカップルってだいたいこんくらいの感情で付き合っていくんじゃ?」くらい、ライトな気持ちで付き合いだしたのに、結果的に今までで一番長く続いたという実例もありますから。

あたしは旧・同居人との生活を今でも「良い日々でした」って思ってるけど、入魂しすぎた反動なのか、誰かと付き合っていくのに必要な「我慢・忍耐・思いやり・想像力」などなどの全てを使い切ってしまった・やりきってしまったんじゃないか?って別の人と付き合ったときに感じてしまった。何故なら同居人以降付き合った人とはぜーんぜん長続きしなかったから。

そういうのも経て、どんどん独り身が長くなってる今「誰かと付き合っていく上では避けて通れないあったりまえにあるめんどくささ」のハードルがすーごい高く見えていたりする。一人に慣れ過ぎて!(ギャー)
たとえばマメなホウレンソウ(報告・連絡・相談)とか、お互いの焼きもちの昇華のさせ方とか…って言うか何を面倒と思っていたのか具体的に思い出せない。ブランクあり過ぎて!(ヒィィィ)

彼氏なし・一人暮らしのあたしは誰にも文句言われない自由を手に入れたけど、くだんの、自宅療養中に思ったわけです。
「自由」って絶対的じゃなくて相対的なものなんだなー…って。
開放感って抑圧あってのもので、「はーい、じゃあ好きにしていいよー」って365日放り出されている今、自由すぎて自由がなんなのかよく分からなくなってきてる。
今なんてほーんとに何時に帰ろうが誰と飲み歩こうが誰っにも怒られないわけですよ。そうなるとね、「ああ…夜遊びが過ぎてるあたしを、正当な立場で怒る資格を持った人に叱って欲しい(T_T)」とか思っちゃったりしてね~…。

なんつーの?学校を卒業した途端に校則が恋しくなったかのような?ちょ、おま、散々生徒指導の先生の目かいくぐってまでブリーチしてたのに卒業した途端なんで「黒髪にしたい」とか思ってんだよ的な。
単に怒られたいわけではないんです。「なんでオメーに言われなきゃなんねんだよ」的立場の人に言われると火に油注がれて「ウワーメンドクサァー!!ヤッパカレシイラネー!!」とか思うので逆効果だし。ガルルルル…(手に負えないアラサー)
あくまでも「正当な立場で怒る資格を持った人」限定。あたしが「うん、そりゃ怒るよネ!」と思える人限定。


そしてそんな中で聞いた友達の

「さすがに味方が欲しくなってきた…」

発言。

あああ…やばい。忘れていた感覚にフォーカスしてしまったアラサ…いやアラニゴ女子。

しかもそう話していたくだんの友達には、つい最近素敵な彼氏が出来たのですよ。

しかもそう話していたくだんの友達に出来た彼氏さんは、あたしと友達のこのやりとりなんて知らないのに「俺は何があってもお前の味方で居たい」的なことを言ってたんだって。…ネ申?


先日、年上女性と話していた時のことなんだけど、去年まで毎週3回とか合コン行ってても全く彼氏が出来なくかったらしくて「あ、あたしもう結婚できないわ」と本気で思ったんだそう。
だからもう今年は縁結びを封印しようと思って、今年初頭の初詣では「恋愛はいいので、今年は仕事がんばります」って念じたそうな。

それが今年の3月に信じられないような出会い方をしたお相手と現在お付き合い中。

「だからさー、邪心を捨てるといいんだと思うんだよね~(モナリザスマイル)」

と言われて、すごく単純な事なんだけど、目から鱗がボロボロボロボロ!!!


年々切実さと焦燥感を増していく適齢期女子軍ののっぴきならないぬり絵事情。トシがトシなだけにここいらで始まってしまった恋愛はもしかするとお互いの一生を大きく左右することになってしまうのかもしれない…とか思うとなおさら気楽な気持ちでは踏み込めないわけです。
だけど、先にも述べた通り、コンディションによっては寂しさが「多少」を余裕でぶっちぎり、抱き枕購入を本気で検討してしまう夜があり、時々無性に誰でも良いから寄っかかりたくなる日があったりもする。

こんなあたしでも、お誘いを掛けてくれる稀有な人が居たりする。だけどやっぱり「これは!!」と思える相手ではないから、「一緒に飲んだりご飯食べたりするのは楽しいですけど、『彼女が欲しい』んだったら、あたしじゃ無理ですよ。他探した方がいいですよ」と先に断ってはいた。
いたけど、事実上、あたしには彼氏が居ないので、相手は「もしかしたらそのうち気が変わるんじゃないか」と思うのか、懲りずにお誘いを掛けてくれたりする。
それに甘んじて、どーしようもなく誰かに寄っかかりたい時にはご飯にだけ付き合ってもらったりすることもあった。
ああ自分で書いてて「ゲー!!」って、思う。
相手の好意を知っておきながら「先に断ってはいた」を免罪符にしていたってことは、あたし自身が一番良く分かっていて、断っているとは言え、相手が「ここでポイント稼いどけばもしかして」と期待して、あたしが弱っている時には投資、あるいはボランティア精神で文句も言わずに付き合ってくれるだろうってことも分かっていた。だってあたしが片思いしている相手がそれを望んでいるんだったら同じことをするから。夜中だろーとタクシー飛ばして行っちゃうだろうし、そうして欲しそうだったら朝までだって話を聞く。「いいように使われている」んだったとしても、「頼られた」って嬉しく思うと思う。最終的に実らなくてもな!!!

人に好意を持ってもらうって、例えその人と付き合う気がなくっても、やっぱり嬉しい。自己否定まっただ中でズドーンと落ちている時、少なくともそういう人は自分のことを肯定してくれる気がして、そこに救いを求めてしまったり…ってウエェェ!!!あたしキモチワルッ!!!!

「邪心を捨てるといいんだと思う」がゴーンと響いたあたしは、自分のそういう「都合いい時だけ寄っかかりたい欲求」がほかでもない「邪心」だなあと思ったのでした。
自分的にはいつ『これは!!』って人に会っても良いよう、バリアフリーのウェルカムモードで居たつもりなんだけど、セクシャルなことは一切絡んでいないとは言え、都合のいい時だけ寄っかかれる人が居てしまうというのは、いたずらに自分の土壌の水はけを悪くさせるだけなのかもしれないって思ったのでした。

そう認めた日に「駆け込み寺」的人々の連絡先を一括消去。
仮にまた連絡が来たとしても、「彼氏出来ました」と、嘘をつこうと思っている。
こういう件に関しては、一緒に飲んだりご飯食べたりするのは楽しいですけど、『彼女が欲しい』んだったら、あたしじゃ無理ですよ。他探した方がいいですよ」などという真実で遠ざけようとするよりも、嘘でも「彼氏出来ました」あるいは「あたしあなたに興味がないので」くらい極端なこと言ってシャットアウトするほうが誠実なんじゃないかなと思ったのでした。

て言うかねえ…「邪心を捨てる」って意識するとね、よこしまな思いがちらついたときに「おっといかんいかん」と思うわけですが、そう意識し出して気付いたんだけど「おっといかんいかん」と思う頻度の高さったら!!自分が普段いかによこしまな事を無意識下で考えてるかってのが浮き彫りになってびっくりした。

で、なんか、自分の邪心にフォーカスするようになって、そしてそれを牽制するようになって、なんだかすごくピースフルと言うか、穏やかになったんですよね~。


友達の言った「さすがに味方が欲しくなってきた…」は、すごくよく分かる。
あたしもいい加減、心から大事にしたいって思う人と一緒に居たいって思う。
だからってガツガツ探したいわけじゃなくて、よりクリアなネオあみんマインドを持って、自分の土壌を今一度更地にしようと思ったのでした。

っていうか奈々っぺのぬり絵対象どうなったのどこ行ったのって話ですけど、依然として片思い中です。(キリッ
だけどなーんつーかネズミが象に恋焦がれているようなものなので、尺度が違いすぎて「嵐が好き」くらいに現実味がない。
とても前向きに「再起動したい」とは常に思っているし、おそらく、あたしのぬり絵対象も、あたしがそうすることを望んでるんじゃないでしょうかね~。

ふ。書いててちょっと泣きたくなった上にこれアップして大丈夫か?という迷いが出てきたのでさっさと更新してお風呂入って寝ます。ではでは皆様良い週末を!



関連記事
●過去ログランダム表示●



●愛用品ログ一覧●

fc2blog_20141114011140e3d.jpgfc2blog_20131215083012ca2.jpg
fc2blog_20150213013703f08.jpgfc2blog_201502101300178da.jpgfc2blog_20131222133640db6.jpgfc2blog_201311011114277ba.jpg
fc2blog_20131105124305216.jpgfc2blog_201311180228231b1.jpgfc2blog_20140401035020166.jpgfc2blog_20140419115949bdb.jpg
fc2blog_201311041253183ac.jpgfc2blog_20131104125241c83.jpgfc2blog_201311011115436b2.jpgfc2blog_20131101111556736.jpg
fc2blog_201311051132592b6.jpgfc2blog_20131101124245813.jpgfc2blog_201401071218522a5.jpgfc2blog_201311011241517f7.jpg
fc2blog_201311011242226d3.jpgfc2blog_201401111255144ca.jpgfc2blog_2013112812265944b.jpgfc2blog_20140408054901db4.jpg
fc2blog_20140505162514765.jpgfc2blog_20131119022911a17.jpgfc2blog_20131123141106243.jpgfc2blog_2013110612513398a.jpg
search
profile

奈々

Author:奈々
82年製。

instagram @18nana
Twitter @r18nana_2

「30代なに着る?」アンケート。
ads
楽天
all categories/all archives
 
calendar
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
links
このブログをリンクに追加する
R






                          
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。