キレイキレイ

「趣味か?」というくらいに水回り掃除が好きなあたしは、部屋の中はカオスでも水回りだけはキレイにしておくように心がけている。
水だけで落ちるを謳うスポンジやらカビキラーやらはストックすら切らさないようにしてあり、何やらムシャクシャモヤモヤする日には親の敵かというくらいにカビキラーを散布し、排水溝の掃除をしたり、シンクを磨きあげたりする。

それはまあ、無機物の散らかりは許せても、有機物の散らかりは許せない、っていう理由からで、水回りが汚れていると精神衛生上よろしくないからなんだけども、1月某日、近所に住む暫定夫婦のSくんカップル宅へ新年の挨拶がてら遊びに行った時にちょっといい話を聞いた。

Sくんは無神論者なんだけど、これはSくんの彼女がどこかから聞いてきた話らしく、面白いなと思って、と言って聞かせてくれた。
風水的にも「水回りはキレイにしておいた方がいい」という話はよく聞くけれども、じゃあなんで水回りを綺麗にしておいた方がいいのか?っていう話。

日本には何にでも「神様」が居ると言われていて、例えばあたしが今打ってるPCのキーボードにはキーボードの神様が、あたしが使ってる化粧品には化粧品の神様が、醤油には醤油の、箸には箸の、ってな具合に、何にでも神様が宿っているとされているらしい。
で、新居というのはまだ何の神様も居ないらしく、各方面からドヤドヤと神様が集まってくるらしいんだけど、例えば日当たりのいい場所や風通しのいい場所、人が集まるリビングやリラックス出来る寝室なんかの「良い場所」というのは、瞬発力のある若い神様が真っ先にやってきて早々に陣取ってしまうんだって。
だけど若い神様たちは経験値が少なく、まだ何も持っていないんだそう。

逆に、経験値が高く、あらゆるアイテムを持った神様と言うのはお年寄りで腰が重く、非常にスロースターターなんだとか。若い神様が次々に「良い場所」を確保して根を張っている間に、年輩の神様は遠くからえっちらおっちらゆっくりとやってくるので、必然的に年輩の神様は「残った場所」に居を構えることになってしまうんだそうな。
それが、「トイレ」とか「お風呂」とか「キッチン」とかの水回りなんだって。
つまり、水回りをきれいにするっていうことは、経験値が高くて色んなアイテムを持っている神様、すなわち家主を幸せにしてくれる神様を大事にするってことなんだそうな。

嘘か真かそんなことはどうでも良くて、水回りをきれいにすることは気持ちいいことだし、仮に面倒だと感じた時に、ふと「あ、神様今居心地悪いかも」って考えがちらついて、それが掃除するための動機づけになるんならいいんじゃないかって思った。
例えば自分に子どもが出来た時にそう教え諭したとしても、誰も不幸にならないウィンウィンな話である気がしませんか。

そんなわけで、単純なあたしは、さっそく、キッチンに置くハンドソープと食器用洗剤用のボトルを買いかえたのでありました。

20100127_2.jpg
無印のPET詰替ボトル(クリア・250ml)




あと、こないだシボネに行った時に見つけて、今「欲しいものリスト」に入ってるのがこれ。
0403802500_2.jpg



Murchison-Hume(マーチソン ヒューム)っていう、オーストラリア生まれのハウスクリーニング用品。
ボーイズ バスルーム クリーナが欲しくて帰って楽天で検索してみたけど残念ながら楽天では売り切れだった。
ネットで調べてみたらLIVING MOTIFのオンラインショップで取り扱ってました。



同じくシボネで見つけて気になった本。

自然派おそうじの基本と習慣



上の↑ハンドソープ用のボトルを無印に買いに行った時にはこれが気になった。
4945247231298_m.jpg
ナチュラルクリーニングセット


セットでなくて個別にも


コレはあたしが実際に使っているお気に入り掃除用具の一つ。
お風呂場とキッチンにそれぞれ1つずつ置いてあります。排水溝の掃除するときとかすごく便利。
お風呂でのトリートメント中にささっと床の掃除したりも。
h121660h_l.jpg


トイレ用の洗剤はもうずっとコレ。


トイレブラシはコレ。


これは水回りだけじゃないんだけど。
喫煙者さんにおすすめ。これを換気扇に噴きかけると引くくらい汚れ落ちます。




水回りの水繋がりで…って若干強引ですが、近頃ウォーターサーバーがすごく気になっている。
って言うのも、コーヒーも紅茶もインスタントラーメンも全部ミネラルウォーターにしているので水の消費量が半端じゃなくて、値段うんぬんよりも毎度毎度買いに行くのがすごく面倒なのですよ。重いし。
ネットでまとめ買いっていう手もあるんだけど、以前箱買いしたとき、ストックのボトルが溢れてあれはあれで大変だった。

なわけでウォーターサーバーに変えたいな〜って思っているんだけど、ウォーターサーバーって言っても色々あって、なんつーか、ボトルのとこにデカデカと日本語で商品名が書かれてるやつとかはビジュアル的にちょっと…とか思っていた矢先、とても素敵なサーバーを見つけてしまった。
Canadian Springs Waterってとこので、ここのはどれも素敵なんだけど、中でも「いいなー!!」って思ったのが外装が天然木の「Cima(シーマ)」。
ウォルナット・ナチュラル・ブラウン・マホガニーがあるそうですが、あたしが欲しいのはDANZENウォルナットです。


image-4.jpg


メタリックな「S2(エスツー)」もかっこいい。
こういう硬質で清潔感のある素材はキッチンに置きたい。
image-3.jpg



シーマやエスツーは受注生産のため納品までに時間がかかるらしい上に、レンタル料金もスタンダートタイプの倍…とまではきませんが1.6倍というなかなかのお値段。
ちなみにサーバーレンタル料はスタンダードタイプが3675/月で、シーマやエスツーは5880/月。+1回の配達でガロンボトル3本以上は注文しなければならないとのこと。
3ガロン [11.3L]で¥2100/本、5ガロン[18.5L]で¥2940/本。うーん計算するとなかなかの出費です。でもいいな〜。置きたいな〜。


Canadian Springs Water Japan

Canadian Springs Water Tokyo
(↑見てみたらfc2でなんか親近感沸いたw)



関連記事
●過去ログランダム表示●



●愛用品ログ一覧●

fc2blog_20141114011140e3d.jpgfc2blog_20131215083012ca2.jpg
fc2blog_20150213013703f08.jpgfc2blog_201502101300178da.jpgfc2blog_20131222133640db6.jpgfc2blog_201311011114277ba.jpg
fc2blog_20131105124305216.jpgfc2blog_201311180228231b1.jpgfc2blog_20140401035020166.jpgfc2blog_20140419115949bdb.jpg
fc2blog_201311041253183ac.jpgfc2blog_20131104125241c83.jpgfc2blog_201311011115436b2.jpgfc2blog_20131101111556736.jpg
fc2blog_201311051132592b6.jpgfc2blog_20131101124245813.jpgfc2blog_201401071218522a5.jpgfc2blog_201311011241517f7.jpg
fc2blog_201311011242226d3.jpgfc2blog_201401111255144ca.jpgfc2blog_2013112812265944b.jpgfc2blog_20140408054901db4.jpg
fc2blog_20140505162514765.jpgfc2blog_20131119022911a17.jpgfc2blog_20131123141106243.jpgfc2blog_2013110612513398a.jpg
search
profile

奈々

Author:奈々
82年製。

instagram @18nana
Twitter @r18nana_2

「30代なに着る?」アンケート。
ads
楽天
all categories/all archives
 
calendar
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
links
このブログをリンクに追加する
R