スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筋斗雲に乗れる大人たち

4988006214200.jpg



先日、打ち上げ的な飲み会的な人いっぱいの席に混ぜてもらった。

エッジが効いてるかと思いきや、ぽろっぽろに欠けてるとこがあったり、どっしりしてたり、逆にふわっふわしてたりで、バランスが悪いように見せかけて抜群のバランスを保っている人たち。だからこそ面白い人たち。ド変態な人たち。

あたしにとって「変態」という言葉は、向けるにしろ、向けられるにしろ、最大の褒め言葉で、

ラッキーなことに、変態との遭遇率がやたらと高くて目が離せない。

人格やら特性やらのバランスを、5角形のグラフであらわすことがあるけど、もしも、あれでその人たちをあらわそうとしたならば、「ココ飛び出てんのに、こっちはくぼんでるっつーかむしろエグれておりますが。」みたいな、いびつな形を成すのは間違いない。

この、素晴らしい変態たちを例えるとしたらなんだろう?ってぼんやり考えてみた。
まるで利便性はないけどなんか惹かれるオブジェのような?モニュメントのような?いやー違う。たぶん、当人たちも「こそばいわ!!」って否定すると思う。(あ、あたしの中で、「利便性がない」っていうのも、褒め言葉なんですけど。)

で、ふと、思い出した。
子供のころ、角が取れてまるっこくなったガラス片を砂浜で見つけて、それがすごくきれいで、ポケットに入れて持って帰って、その後何年も大事に保管していた記憶があるんだけど、そしてたぶん、そういう記憶、みんなあると思うんだけど、そんな感じかも。
つるつるになっちゃった流木とか公園の木の下に落ちてた蝉の抜け殻みたいな。
子供が思わず持って帰りたくなるような、不思議な引力を持つ人たち。
純粋じゃないとこだって当然たくさん持ってるんだろうけど、「何か」の純度が高いから、「この人たち、みんな筋斗雲に乗れんじゃないの?」と思ってしまう。


その日の晩は、追い付け追い越せでぐいぐい白ワイン飲んでたから、あまり人見知りをせずに済み、初対面の方々や面識の浅い方々とも割とたくさん話せた。

赤ペン先生含む、アーティストのライブ写真撮ってるよーすけさん(写真はココあたりに)と話してたら、「うる星やつら」ザ・ムービー、「ビューティフル・ドリーマー」を熱烈にオススメされたっちゃ。
初対面のaeronautsのモリカワさんとは本の話をしていて、いしいしんじをオススメされたので、しっかり携帯にメモって帰ってきた。あとあたし、いまだに「ノルウェイの森」を読んだことがないのですが、あれは読んどけ!と言われました。あいちんにも言われんだけど「元気な時に読んだ方がいいよ」とも言われるので、怖くて手が出せていない。

同じくaeronautsのゲンダイさんの、一風変わった女子のカテゴライズ論?ラベリング論?が分かるようで分かんなくて「この人はコッチですよね?」って自信満々に言ったら「いや、そいつはコッチ」と肩透かしをくらったり、「逆に、この人がこっちとか…?」っておそるおそる聞いたら「そうそう。そいつはこっち」って、結局、基準がよく分からないままです。

ちなみにaeronautsのマイスペはこちら。(いきなり音出るので注意)
「mylife-asdog」がすごく好きで、ネットで注文して届くまでの間もずーっとマイスペで聴いてた。

20090226_1.jpg
aeronauts/WASH
aeronauts/RIDE



「わかったことは 君がいなくても 困りもしない 僕にもなれる」

もしも同じことを自分が言われてしまったら、途方に暮れてしまうような言葉。の、のった音楽の名前が「mylife-asdog」って。
言葉出ない。

こないだのライブで一度しか聴いてなかったのに、マイスペを再生したときにすぐ「あ、あの曲だ」と気付いたってことは相当印象に残ってたんだなと思いました。

フラットな状態で音楽を聴くのも好きだし、それはそれで不都合も差し支えもないんだけど、作った人や演奏する人や歌う人の人となりを知ると、良い意味での生々しさとか湿り気を感じられて、より立体的により肉感的になって、ぐぐっと距離が縮まる気がする。
作り手は、そんなふうに聴かれることを望んでいないかもしれないけど、遠いのと近いのとどっちがいいかって言ったら、あたしは断然近い方が良くて、積極的に近づきたい、って思う。

こないだのライブの話になったとき、唐突にモリカワさんが、「あ、分かった。真ん中よりちょっと後ろで、頭いっこぶんくらいおっきい男の子と見にきてなかった?」って、たぶん、頭悪い大型犬(仮名)のこと言ってて、だとしたらドンピシャでびっくりした。見る側も気が抜けません!!


んで、1月某日と、こないだのライブ以降、三度目ましてのしょうへいさんが正面に居たのでプチ真剣二十代喋り場。


しょうへいさんのファーストインプレッションは


「なんだこの男前は!!!!」


で、そしてそれは今も変わってなくて、奇跡的な黄金率でもって配置されてる顔のパーツを目の当たりにしてると、なんかもうわけもわからず、笑いが出てくる。

サムすぎて逆に面白い。みたいな。

いや、別にしょうへいさんの男前度合いがサムいというわけではなく。












いや、
















ちょっと男前過ぎてサムいな。アレは。
















って言いたくなる。(やっかみ)

変顔出来ないらしいし。(赤ペン先生談)


いやしかしこの男前のしょうへいさん、絡む時間数と比例して、におわす「変態度」の純度が高まっていくばかり。

ナニが、どんなふうに。

って具体的なものはない(というか、そんなコアプライベートは知らない)んだけど、なんつーの?

匂い立っているのですよ。変態っぷりが。

なんつーか、存在が












ジョジョっぽい。











んですよね。


飲みの帰り道に、おもむろに赤ペン先生から

「しょうへい、ジョジョポーズやって」

って一般の往来で無茶ぶりをされ、顔色一つ変えずジョジョポーズをとってみせるSHOHEI TAKASAKI氏。

しかもそのポーズ、

フツーの人がやったら「え、なに?肩脱臼したの?」みたいなポーズだったんだけど、

SHOHEI TAKASAKI氏がやると

まじりっけなしに

ジョジョ。





で、ここに来るまで不自然なくらい触れてなかった冒頭の画像がなんなのかっつー話になるんですけど、冒頭の画像、「“GIGS” CASE OF BOφWY COMPLETE」のアートワークを手掛けているのが変態SHOHEI TAKASAKI氏なのであります。

コレとかコレも。
4988006211773.jpg 4988006211766.jpg



しょうへいさんの名前でググったら、こんなページ発見。
リンク先の写真はなんかポカンとしちゃってますけど、実物、シャレになんないくらい(あ、だからサムいのか)男前です。
クリエイターとっつかまえて、「男前」先行で紹介するのって失礼な気もするんだけど、「あたしがしょうへいさんのことブログに書くときは『男前』を前面に押し出しますから」と先にことわっているので良しとする。

いやしかし。こういう人を見るたびに思うことがある。
才能があって、魅力もあって、クラクラするような人は、その人自身が素敵である。ってことは大前提で、当然、当人を見てダイレクトに「カッコイー!」と思う。

と、同時に、あたしはいつも思う事がある。

カッコイイ人を落としてしまう女子!!!負けず劣らずカッコイイー!!!

例えるなら

誰もが手に負えないと尻込みするハードルの高い商談をも鉄板でまとめることができる敏腕営業マン。

ですよ。

そういうポテンシャルの高い女子が講演会開いたら、是が非でも拝聴しに行きたいもんです。





変態SHOHEI TAKASAKI氏
20090219_2.jpg


赤ペン先生のCDジャケもしょうへいさんが担当。
HOWLING.jpg 20090117_1.jpg



更新停滞気味のブログもあり。
しょうへいさんブログ



banner_11.gif


rankingbanner05.gif




関連記事
●過去ログランダム表示●



●愛用品ログ一覧●

fc2blog_20141114011140e3d.jpgfc2blog_20131215083012ca2.jpg
fc2blog_20150213013703f08.jpgfc2blog_201502101300178da.jpgfc2blog_20131222133640db6.jpgfc2blog_201311011114277ba.jpg
fc2blog_20131105124305216.jpgfc2blog_201311180228231b1.jpgfc2blog_20140401035020166.jpgfc2blog_20140419115949bdb.jpg
fc2blog_201311041253183ac.jpgfc2blog_20131104125241c83.jpgfc2blog_201311011115436b2.jpgfc2blog_20131101111556736.jpg
fc2blog_201311051132592b6.jpgfc2blog_20131101124245813.jpgfc2blog_201401071218522a5.jpgfc2blog_201311011241517f7.jpg
fc2blog_201311011242226d3.jpgfc2blog_201401111255144ca.jpgfc2blog_2013112812265944b.jpgfc2blog_20140408054901db4.jpg
fc2blog_20140505162514765.jpgfc2blog_20131119022911a17.jpgfc2blog_20131123141106243.jpgfc2blog_2013110612513398a.jpg
search
profile

奈々

Author:奈々
82年製。

instagram @18nana
Twitter @r18nana_2

「30代なに着る?」アンケート。
ads
楽天
all categories/all archives
 
calendar
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
links
このブログをリンクに追加する
R






                          
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。