スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「完璧」は人を救わない

ミスチルの桜井さんが、以前、雑誌「SWITCH」のインタビューの中で、こんなことを言っていました。

よく、パクリだとか盗作だとかで問題が起こることがありますけど、そういう歌詞って、だいたい、実は誰もが思っているようなことなんですよ。

それを誰かが何かのきっかけでその人がたまたま言葉にしただけのことで。

だから同じようなことを書くのは当然だし……、それをさも自分が作った書いたように思っているのは大きな勘違いだと思う。

何もないところから人を感動させる言葉を生み出していると思ったら大間違いで、当たり前にあることを何か形にしてみたり、見えない何かもやもやしたものもあたかも見えるようにしているのであって、それは技術じゃなくて、その人が作ったものでもない。

それは誰の心の中にも流れているフレーズだからこそ共感できたりするわけで…
(「SWITCH」2008年8月号より)



R-18を読んでくれてる人が、時々、私が書いたことにすごく感心してくれたりします。

だけど、要は、桜井さんが言ってることを体現してるだけなんですよ。

誰もが、心のどっかで考えてることに、たまたま妄想族の、たまたまヒマな私がピントを当てて書いただけ。

それらは決して私の「オリジナル」ではないのです。


ちき嬢が、ある人々のことを指してこんな形容をしてました。


Aさんは野菜を作る人



Bさんは料理をする人


私は、完全にBさんの部類です。

ゼロから何かを生み出すことは出来なくて、誰かや何かに触発されたとき、そこから発展して考えたことを文字にしています。

「オリジナル」ではないにしても、大事に大事に考えて文字にしたことだから、それを、やっぱり「10」分かってほしいという思いは常にあって

「これって、こういう意味だよね?」

って、違った受け取り方をされるのが嫌で、それゆえに説明過多になっていました。

先日、赤ペン先生に指摘されたのは、それも含まれます。

奈々は

誰も傷つけない為に

そこを大事にするが故に

魅力的で

そんで空回りしてる気がする

不特定多数の暴力や恐怖は俺もある程度理解してるけど

関係ねー

うりゃ

ってすっ飛ばす瞬間が文章にももう少しあっていいのかもって思った

傷付けないための言葉が丁寧すぎて(対象を愛してるが故)真意が少し遠ざかるみたいな

(先生ごめん。先生からもらった言葉勝手に使った)




身に覚えがありすぎて、反論の余地がありませんでした。

と同時に、反論する気も起きなかった。

ずっと、誰かに指摘してほしかったんだと思います。

そのマクラには「私に届く言葉で」というのがつくんですが。


赤ペン先生の言葉が私に届いたのは、赤ペン先生の、音楽を作るスタンスに胸を打たれたからだと思います。

「受け手に全ての自由がなきゃ嘘っぱちの音楽家だし」

「見る人は自由だよ。受け取る側の論理で構わない」

それはまさに、私が日頃、受け手として甘んじてやってることです。

「誰かや何かに触発されたとき、そこから発展して考えたことを文字にしてる」が、まさに、そう。

中には拡大解釈していたことや、希望的観測で発信者の真意とは別の結論にいたっていたことだってあるはず。


もちろん、誰にだって「ここぞ」や「これぞ」っていう伝えたいことや信念はあるだろうし、私にだってあります。

「本質を掴む能力は本物にしか備わってない

自分に映る他者は己自身の投影だから」

これもまた赤ペン先生の言葉。

自分が伝えたい真意を確実に的確に拾い上げてもらうことは、素晴らしく気持ちがいいことです。

だから私は、ずっとそうされることを願ってきました。

だけど、

全ての人に分かってほしい

ってすごく傲慢だし、不可能な話なんですよね。

分かってくれる人が時々は居て、そしてそれは「嬉しい誤算」くらいにゆるく思っててもいいんじゃないか、という気になってきたのは、ごく最近のことです。

それに、真意が別のところにあっても、違うふうに解釈されたとしても、

それが誰かの何かの動機になったり、誰かの何かの救いになったりするのもまた、嬉しい誤算なんじゃないか、という気になってきました。


落っこちそうになった時、完璧な球体を差し出されても、私たちはつかまることができません。

完璧には隙がない。そつがない。とっかかりがない。

無駄な出っ張りや欠損の「つかみどころ」が私たちを救います。

デコボコを塗り込めることに私たちは身を焦がし

食べ物が放つ悩ましい香りには、空腹の人間の方が敏感です。

「あそび」という名の「余白」を彩ることに、人生の醍醐味はあります。

余白を彩るのは、音楽だったり文学だったりマンガだったりアートだったり友達とのバカ話だったり好きな人とじゃれあう時間だったりで、それらは「無くても死なないもの」たちです。

だけど「ときめき」を配合した代え難いものたちでもあります。


自分を着飾るものは、好きな人に脱がされるためにある。

私はそう思っていて、

「無くても死なない」、だけど「あると嬉しいもの」を愛して行きたいし、楽しんでいきたいし、そのために生きています。

それらを「無駄だ」と思った時、彩る余白が失われるのだろうなと。

だから私は、余白が残ってるまま最期を迎えて

死をもって自分の塗り絵を完成させたいと、そう思うのです。


「玉のように」生まれた赤ちゃんは、

さんざん殴られて削られていびつな多角形になっていきながら、

最終的には角が増えすぎて、

限りになく「玉」に近いかたちに戻って死ぬんじゃないだろうか、

というのが最近私が思うところで。


だから最期を迎えるその日まで、欠けてるとこがあっていいし

足りなくて埋めたくてがむしゃらになるくらいでちょうどいい。

焦ることは焦がすことで、身を焦がせるほどの情熱がないと、きっと人は飛躍しません。


赤ペン先生の言う「不特定多数の暴力や恐怖」を気にしていたのでは、先に進めない。

パブリックな場所で、不特定多数に対して胸の内を晒し

その私に物申す人が居るとします。

だけど、「R-18」内という限られた場所のみにおいては

発言のアドバンテージはどう考えたって私にあります。

そら、大勢にデモとかストとか起こされたら別だけど。

私は自分の居場所の中でくらい、正直でいたいと、切実に思うようになりました。



なわけで、2009年のR-18は、ちょっと言葉足らずになったり、あるいはトゲが出てきたり、なんてことがあるかもしれません。

受け取り方は自由だから、好きに解釈してくださって構いません。

当たってても外れてても答える保証は出来ないけど

よろしくメカドッグ。(死語)


迷いが出てジタバタしないように、あえて、操作できない時間に更新されるよう、予約投稿。

でも、ここ最近の中で、一番好きな日記かも。



関連記事
●過去ログランダム表示●



●愛用品ログ一覧●

fc2blog_20141114011140e3d.jpgfc2blog_20131215083012ca2.jpg
fc2blog_20150213013703f08.jpgfc2blog_201502101300178da.jpgfc2blog_20131222133640db6.jpgfc2blog_201311011114277ba.jpg
fc2blog_20131105124305216.jpgfc2blog_201311180228231b1.jpgfc2blog_20140401035020166.jpgfc2blog_20140419115949bdb.jpg
fc2blog_201311041253183ac.jpgfc2blog_20131104125241c83.jpgfc2blog_201311011115436b2.jpgfc2blog_20131101111556736.jpg
fc2blog_201311051132592b6.jpgfc2blog_20131101124245813.jpgfc2blog_201401071218522a5.jpgfc2blog_201311011241517f7.jpg
fc2blog_201311011242226d3.jpgfc2blog_201401111255144ca.jpgfc2blog_2013112812265944b.jpgfc2blog_20140408054901db4.jpg
fc2blog_20140505162514765.jpgfc2blog_20131119022911a17.jpgfc2blog_20131123141106243.jpgfc2blog_2013110612513398a.jpg
search
profile

奈々

Author:奈々
82年製。

instagram @18nana
Twitter @r18nana_2

「30代なに着る?」アンケート。
ads
楽天
all categories/all archives
 
calendar
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
links
このブログをリンクに追加する
R






                          
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。