スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸福な副作用

R-18を見てくださっている繭さんという方から、こんなコメントをいただきました。

実は、私は昔から、あまり人といることが好きではない、と言いますか、一人でいることの方が楽だと思って、ずっと生きてたんです。
心の内側を誰かに見せることは怖いし、そうしたくないから、厚い壁を人との間に作って、踏み込まれることを恐れながら、人間関係を築いてきたんです。
(―中略―)
自分のことを分かってくれる人だけそばにいてくれればいい。
そうずっと思っていました。
でも。
奈々さんのブログで綴られることば達をみて、それってすごくもったいないことなんじゃないか、と思うようになりました。
奈々さんは、人とのつながりや、出会い、そういったご縁をすごく大切にしてらして、そういった人との触れ合いの中で、さまざまなことを素直に吸収してらして。。
(―中略―)
私はそれまで、「縁」は授かりものだと思っていました。
けれど、確かに縁は授かりものでも、それを自分の人生に反映していくには、自分自身の行動や姿勢のあり方などが大事になるのだな、と思ったんです。
そう思えたのは、奈々さんのおかげです。
本当にありがとうございます。
今、私はこれから先出会う人々とのつながりを、大事にしていこうと、すごく思っています。
いろんな人に出会いたい!とも思っています(←これ、私にはすごい心境の変化なんです!今まで「にんげんなんてめんどくさいー」と思ってた人間なので。笑)
(―以下略―)



こんなふうなコメントをいただくと、それはもう、ほんとに、身に余る光栄で、「めっそうもない!」って思うんですけど、私も人の子、嬉しくないと言ったら大嘘。ものすごく嬉しいです。ありがとうございます。^^

以前にも書いたことあるけど、このような、好意ある言葉をあえて鵜呑みにさせていただくとしても、私はずっと、今と同じような物の考えをしていたわけじゃないと思うんです。その証拠に、R-18をやり始めたころは、こんな嬉しいメッセージをいただく機会なんてありませんでした。
ハワイが近づいてる、くらいのユルさノロさで、自分が変わってきたのかなあ…と思っているし、そう思いたいのですが。


語尾に「(笑)」をつけたうえで、「生まれてくる時代間違ってるよ!!」と言いたいくらいにファンキーな、★さんという愛すべき不良中年がいまして、昨年末に、その★さんとあいちんと3人で忘年会を兼ねて飲んでいた時、★さんからこんなことを言われたんですね。

「愛子も奈々も、もう、自分の考えはこの先変わらないって思ってるだろ。でも、35歳くらいになったらまたガラっと考えが変わるよ。俺も思ってたもん。お前らくらいの年の時、もうこのまま変わらないだろうなーって。でも、42歳になった今思うと、35歳くらいを境にまたガラーっと変わってんだよね」
(2014.02.01追記:そんな★さん、今年48歳の年男。そして2009年1月当時まだ26歳と27歳だった私とあいちん、今年32歳と33歳に。はーえーなーもーー)

★さんが言うように、私はもうこれ以上は変わらないかもしれない、変われないかもしれないって諦念に近い気持ちで思っていて、だけどそれを自分よりもうんと年上の人がポジティブに否定してくれたこと、しかもその「境目」がまだ何年も先にあると言ってくれたことがすごくうれしかったんです。
「年をとる」ことに対しての希望や、まだまだ埋めたり塗りつぶせたりできる余白の存在を示された気がして。

リアルタイムで自分の変化を感じることは出来ないけど、ふと、10代後半や20代前半の自分を思い返してみると、今の自分とはやっぱりちょっと考え方が違うなと感じることがあるんですね。

コメントをくれた繭さんと通じるところがあるけど、私は、ずっと人間関係は狭く深くでいいと思っていたし、水が合わない人と無理して付き合わなくていいと思っていて、その気持ちは今もそんなに変わっていません。

だけど、合うか合わないかを判断する基準が以前に比べるとざっくりしてきたような気がするし、わずかかもしれないけど「狭く深く」の「狭い」とする範囲だって広がってきたような気がしているのです。

最近、あいちんともよく話しているんだけど、以前はもっと斜に構えていて、もっと排他的で、「縁」というものを、極端に都合よく解釈したり、ネガティブすぎるとらえ方をしたりしてた節があって、一つの「縁」に対する執着の仕方や、手放す時の見切りのつけ方、そのどちらともに、なんかこう、変な力や偏った思いが入ってたけど、それが最近いい具合に抜け始めてきているのです。ようやく。

だから、昔の私が会ってたら苦手だと感じていたかもしれないけど、今出会えたから仲良くなれた、っていう人、いっぱい居るんじゃないかと思うんです。

それは私の受け取り方にしてもそうだし、私が相手に与える印象にしても今と昔では違うんじゃないかなと思いたい。
自分に変化が起こったことによって、第三者の受け取り方や、第三者からの対応が変わったのであれば、それはとっても幸福な副作用です。

ありがたいことに、最近の私は以前に増して、引力の強い素敵な人たちにグングン吸い寄せられていて、なんかもう、ここ2年半くらいの間、会う人会う人素敵過ぎて、世の中には素敵な人しか存在してないんじゃないかと錯覚を起こしてしまいそうになるんですね。

それでもやっぱりそうでない人と出会うこともあって、そのたびに改めて肝に銘じるのです。
世の中には、努力したって自分とはまったく相容れない人も居るし、自分の常識では理解できない鬼みたいな悪人もいるって覚えておかなければと。忘れちゃイカンと。じゃないと、そういう人に出会った時、ものすごいショックを受けてしまうから。心臓を叩いておく。ストレッチをしておく。分母が増えれば邪悪な分子も増えてしまうことを念頭に置いておく。
その上で、素敵な人に出会えた事実に感謝をする。当たり前だと思わないようにする。

先週の連休中に、また、改めて思いました。(初日2日目)

土曜と日曜日の二日間で、総勢17人もの人と会って話して笑ってお酒飲んでたら、なんかもうめちゃくちゃ楽しくて、うまく言えないんだけど、すごく有意義に時間を過ごせている実感があって、以前ココで引用したことのある「叙情は常に遅れて来た客観視の中に存在する」という言葉とは矛盾してしまうんだけど、最近、「状況」と「叙情」が並走していて、リアルタイムで「今楽しい!!」とか「今幸せ!!!」って感じられて、ああ、やっぱりうまく言えないけど、世界中にアイラブユーって言いたいくらいにハートフルでピースフルでとにかく、周囲にいる人たち、全員大好きだ。と。
意味分かんなくてごめんなさい。興奮しすぎててごめんなさい。センテンス多すぎてごめんなさい。

そして私が言いたいのは、コメントをくださった繭さんのように、私のこういう気持ちを、R-18を読んでくださってる方が、読み取ってくれることもあるってこと。感じとってくれることもあるってこと。
なおかつそれが誰かの何かの動機付けになったりすることもあるという事実。

思春期か?というくらいに、迷走し続けている未完成な私が、ただただ思ったことを露呈しているだけの日記が誰かの目に留まる、ということも、幸福な副作用のうちのひとつで、ブログやっててよかったって思うのはこういうときです。

改めて、繭さんへ。
嬉しいメッセージ、それから、引用の件を快く承諾してくださったこと、ともに、ありがとうございました。



連休初日の餃子ぱーりー(※party)以降、マッキーのベストアルバムをやたら聞いていたんだけど、そのせいか、この日記書いてる間中、「遠く遠く」に出てくる「大事なのは 変わってくこと 変わらずにいること」ってフレーズがずっと頭の中で流れていました。




「遠く遠く」







関連記事
●過去ログランダム表示●



●愛用品ログ一覧●

fc2blog_20141114011140e3d.jpgfc2blog_20131215083012ca2.jpg
fc2blog_20150213013703f08.jpgfc2blog_201502101300178da.jpgfc2blog_20131222133640db6.jpgfc2blog_201311011114277ba.jpg
fc2blog_20131105124305216.jpgfc2blog_201311180228231b1.jpgfc2blog_20140401035020166.jpgfc2blog_20140419115949bdb.jpg
fc2blog_201311041253183ac.jpgfc2blog_20131104125241c83.jpgfc2blog_201311011115436b2.jpgfc2blog_20131101111556736.jpg
fc2blog_201311051132592b6.jpgfc2blog_20131101124245813.jpgfc2blog_201401071218522a5.jpgfc2blog_201311011241517f7.jpg
fc2blog_201311011242226d3.jpgfc2blog_201401111255144ca.jpgfc2blog_2013112812265944b.jpgfc2blog_20140408054901db4.jpg
fc2blog_20140505162514765.jpgfc2blog_20131119022911a17.jpgfc2blog_20131123141106243.jpgfc2blog_2013110612513398a.jpg
search
profile

奈々

Author:奈々
82年製。

instagram @18nana
Twitter @r18nana_2

「30代なに着る?」アンケート。
ads
楽天
all categories/all archives
 
calendar
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
links
このブログをリンクに追加する
R






                          
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。