もうちょい続いてしまうS/S会議


なんとなく、初心を取り戻そうかと、

平日は毎日更新頑張ってみようかなあと、ゆるーく目標にしております。(あくまでゆるーく)

読んだ本のこととか、観た映画のこととか、化粧品のこととか、友達のこととか

書きとめておきたいことはたくさんあるので

ちょっとずつ更新していきますね。

で、とりあえずはやっぱりS/S会議なわけです。いまだに。(笑)


このページ見て可愛いな?と思ってたボーダーTとチュチュスカートの組み合わせ。

20110330_2.jpg


Tシャツ、スカート、それぞれこちらなんですが、スカートは「ワイン」以外売り切れ。

 



だけどもっとお安くて似たようなのが他のお店にあった。




そんでもって


「zootie×e-zakkamania stores」の、特設ページに掲載されてる
web限定コーデのこちら、

20110330_3.jpg

「ドットフリルシャツ」が気になってたんだけど「coming soon」になってて、

いつ出るのかな?って思ってたら3/31から販売開始ですと。



 

にしても「zootie×e-zakkamania stores」の特設ページ、毎日のように見てる。

S/S会議が全く終わらない。



これも可愛いかった。

20110330_4.jpg

  



このコーデも好きだった。(まだ出すかFUDGE)

20110320_8.jpg


スカートはtopのと同じですね。

Tシャツはこれ。



ロングスカートとコンバースとか、普段全然やんないんだけど今年は気になるなあ。

あと、安くて優秀なインナーを今探し中。

人気のお店で買おうとすると、欲しい色とかサイズが売り切れてたりするんですよね。

いいの見つかったら紹介しますね?。


ついでに。

3/30発売のこのシャツ、パールとビジューの蝶タイ付き!

 

個人的には右のストライプ派。



banner_11.gif


rankingbanner05.gif




「ジュエリーボックス」より「宝石箱」

img56879507.jpgimg56879508.jpg



↑これ、なんだか分かります?
smartインテリアBOOK 2011年春夏号 (e-MOOK)で知った、Blue Qっていうところの歯ブラシスタンド。
私電動歯ブラシ愛用者なんですけど、どうしても欲しくて、青山のシボネに行って来たのですよ。
そしたらもう完売してて、再入荷の予定はないんだって。同じBlue Qのコレならあったんだけど、この「Hers」と「His」が欲しかったのに~(T_T)

お前「His」要らねーだろ

っていうツッコミが聞こえてきそうな気もするのですが、夢を買いたかったのよ、夢を。
残念ながら目当てのこちらは買えませんでしたが、すんごい可愛いジュエリーボックスをシボネで発見。
同じやつが楽天にあった!と思ったら売り切れ…。


悩んだ末、結局は買わなかったんだけどめちゃくちゃ可愛かったよ!

f2444_1.jpg

f2444.jpg




「宝石箱」っていう響きのほうがどことなく童話っぽくて好き。



banner_11.gif


rankingbanner05.gif



ギリギリミリタリー


こないだパーマンバッヂと一緒に注文したワッペンブローチが届いたので、

さっそく服につけてみた。

20110326_5.jpg


ブローチをつけてる服は、

去年ナウアイスタイルさんで買ったコレ↓なんだけど(今は取り扱ってない)、
nb-j-235_a_s.jpg

冷やかしのようについた肩章と色がカーキ、ってとこ(だけ)が

かろうじてミリタリーテイストの

フード付きパーカー風ポンチョという変わった服。


20110326_4.jpg

ブローチはALLパリスキッズ。


↓これ。


4つとも買ったんだけど

4つもつけるとカロリーオーバーのオシャレ難民みたいなことになっていたので

つけるのは3つに留めておきました。

いやしかし、もっと欲しいぞワッペンブローチ。

ワッペンブローチ、ココココにいっぱいリンク貼ってます。



パーマンバッヂ。出動要請待ってるのにアイツから連絡がない。



※アイツ
f5962f8e.jpg



banner_11.gif


rankingbanner05.gif



地下水脈


先月今月は2ヶ月連続でneonちゃんと女子サミット。

先月は三軒茶屋の仙太、今月(昨日)は学芸大学のもつ鍋屋にて。



20110326_3.jpg



すうぃ〜となルックスからはまったく想像つかないほど相変わらず酒豪のneonちゃん。
二人だとだいたい毎回日本酒一升いってる。

neonちゃんに初めて会ったとき、neonちゃんは今の彼氏さんと付き合い出してまだ1年経ってなくて、携帯の待ち受け画面がツーショのプリクラ画像だったような記憶があるんだけれども(単にフォトライブラリに入ってただけだったかも?)とにかく打ちたての鉄か?っつーホットさで、「いいねえホヤホヤだねえ!」みたいな話をした覚えがある。

それがもう4月1日で4年だってよ。南部鉄だったら完全にいい味出てきちゃってるレベル。

時間の流れのはやさに驚きつつ、当然お互いに年も取りつつ、でもこうして時間が経っていろんな事や物が変化している中でも、neonちゃんから聞く「対象」と私の話す「対象」が変わっていないというのはなんだかいいもんだなと思ったのでした。

ええ、あの、突っ込まれる前に言いますけど、neonちゃんと初めて会った時には既に私の現KO(片思い)始まってましたからね。まあ、あの当時はそのKOがまさかこれほどのロングランになるとは思いもしてませんでしたが。

KO期間が過去最長なのは言うまでもないけど、このまま行くと今まで一番長く人と付き合った期間をも上回る。
しかも、相当、カタい線で。もう、内定もらっちゃってる。

まああの、自分のKO期間を否定しないためにも言いますけど、KOのゆるぎない良い点がありましてね、それは何かと言うと


喜びの沸点が低い


ってことですかね。


も、さっさいなことでヒャーヒャー舞い上がれますからね。

だから普通に彼氏彼女でも嬉しいと感じるようなことがあった日のテンション、ハンパでない。

も、そんなテンションで良さげな曲聴きながら世田谷線とか乗っちゃった日には世界が美しく見えてしょうがない。流れる景色がPVに見えてしょうがない。

それはほんと、KOの良い点だと思う。よ。

ほんとだってば。

(別に言い聞かせているわけでは…)



20110326_1.jpg



前回neonちゃんに会った日の前日、別の女友達に会っていて、

「えええ!そこ繋がってたの!?」

って言う、鳥肌が立つような接点が発覚したんですけど、翌日のneonちゃんとのサミットで、

「こういうことがあってね」

って話していたら、neonちゃんも

「鳥肌立ちましたー!」

ってビックリしてくれて、そんで、

「奈々ちゃんはそういうのを引き寄せる力があるんでしょうね」

って言ってくれたんですね。


それはとっても嬉しい言葉だったんだけど、私、みんな同じように、「水脈」は持ってると思うんですよ。

よっぽど引きこもっていない限り、普通に生きていれば、いろんな人との出会いがあって、地下の水脈はどんどん拡大してると思うんです。

だけど、自分の持つ水脈がどこまで広がっているのかとか、
どことどこが繋がっているのかとかを知らないだけだったり、
あとほんのちょっと掘り進めれば繋がるのに、そのポイントを見逃しているだけなんじゃないかなと思うんですよ。

私は別に引き寄せる力があるわけではなくて、単にしめっぽい性格だから、人との繋がり方に人一倍興味と執着があって、接点を嗅ぎつけたりこじつけたりするのが得意(?)なだけだと思うんですよね。

それでもまだまだ見逃してるポイントがいっぱいあって、皮一枚分くらいの隔たりで繋がれていない人とかがいるんだろうなって思うんです。


そんな話をneonちゃんにしていたら、neonちゃんが的を射た面白いことを言っていました。

「友達の友達の友達は大統領、とかって言いますしね^^」

だって!

「え!なに!?そんな言葉があるの?すごい!面白い!」

って興奮してたら

「あ、いや、もういっこくらい『友達』が多かったかもしれません (笑)」

ってneonちゃんは笑って言ってたんだけど、それにしても的を射た面白い言葉だなと思ったのでした。

まあ、人との繋がりなんて量より質だと思うけど、それでもまだまだたくさん繋がれるのかもしれないって、要は出会いの伸びしろを感じるって、やっぱりわくわくしますよね。



neonちゃんからもらったあま〜い香りのするボディローション。

by Chantal Thomass

20110308_1_3.jpg

パリ旅行のお土産。neonちゃんありがとう!♡




S/S会議 その5


ウキウキフライデー。

平日専用会社のPCからコンニチハしてくださってるそこのアナタは終業後にお出掛けするかもしれないので、今日はお昼の間に更新。
FUDGE見ながら作戦会議その5。
会議はまだ続いておりますが、いったんここで終了です。


20110320_2.jpg



Tシャツを華やかに着るのに照れがあって、Tシャツを着る時にはTシャツだけ。って感じだったのですが、なんか今年はTシャツの上でじゃらじゃらさせたい。


ちなみに↑の写真のTシャツはDEEP BLUEのやつでコレ↓



20110320_5.jpg


この↑Tシャツとネックレスはイーザッカマニアストアーズのやつ。
FUDGEで「zootie×e-zakkamania stores」の特集があったんだけど、
webにも特設ページ出来てます。⇒
 


↑右で着てるTシャツはJOY RICHの。インナーもイーザッカでお取り扱い中。
 


 
↑左、写真はグレーなんだけど、白・黒ありで、実は今白注文中。


 
↑白に見えますがどちらもライトベージュなのでご注意。


272800085_1.jpg


どうしてもこういうのに目がいく。




  

  

  




S/S会議、ひとだんらく。

ものすごく久しぶりに月?金の平日だけ毎日更新してみた。

おかげさまで少し充電できました。





みなさまよい週末をお過ごしください。





banner_11.gif


rankingbanner05.gif




S/S会議 その4


まだ続く。FUDGE見ながら作戦会議その4。



20110320_12.jpg



若干前回の続き。
カーディガン編に続き、テーラードジャケット編。

  

 


ちと変わりダネだけど、個人的にはこれが気になる。





S/S会議、まだ続く。




banner_11.gif


rankingbanner05.gif




S/S会議 その3


まだ続く。FUDGE見ながら作戦会議その3。


20110320_1.jpg



ミリタリージャケットだけじゃなく、カーディガンとかテーラードジャケットとかにもいろいろくっつけたくて、シンプルなカーディガン(黒orネイビーorグレー)とネイビーのジャケット(「紺ブレ」的な)も探し中。
今回はカーディガン編。ジャケットについてはまた今度書こうかと。


ハイゲージ系
  

ちょいざっくり系
  

ざっくり系
 

こういうカーデはビジュー系のブローチ付けるのに合いそう。
  





いや?しかし、カーディガンに付けられそうなものを探しだしたらいっぱい出てくるもんで、
なかなか決められません。




なんとなくガーリー系
  

  

マリン系
  

ミリタリー系
  

  


ビジュー系
  

やっぱ好き、スカル。
 

っていうか、もお、「ワッペン ブローチ」で検索するとこんなに出てくるので、探すのも楽しいです。




私が今一番気になってるのはコレですが。



カールラガーフェルド!(笑)

これ、自分でも欲しいんだけど、

こんなのジャケットの胸元につけてる男子にお目にかかろうものなら

恐らくその場で萌え尽きる。



S/S会議、まだ続く。




banner_11.gif


rankingbanner05.gif




S/S会議 その2


引き続き、FUDGE見ながら作戦会議その2。


20110320_10.jpg


去年もハッティさんのカスタムを見て「可愛い?!」と思っていたのですが、ミリタリージャケットのカスタムは今ますます気になっている。
上の写真で付けてる勲章ブローチは、titoの1周年を記念して作られた「アトリエ染花(Atelier Senka)」とのコラボ商品らしい。titoのセレクト可愛いなあ?と思ってたらTOhRCHの姉妹店だと知って納得。



1917360_B_3.jpg



ざ、斬新!だけど可愛い!
1917360_B_2.jpg

zozoにtito 1st anniversary特集ページあり。⇒
勲章ブローチはココ


Jewel Changesのも可愛かった。
1868341_30_D.jpg
コレ



で、前回触れたKIDS対象「GO TO HOLLYWOOD」には勲章ブローチもあってますます侮れないのです。




そのほかにも。


 


このお店すごいいっぱいある。

  


パリスキッズにも、アウターのカスタムに使えそうなものが安価でざくざく。

  
  




まあ、


私がパリスキッズで一番気になったのは


これなんですが。




パ…パーマン…!(昂)


っていうかこれ更新する前に注文してしまいました、パーマン。

ワッペンブローチは軽いから、ニットにつけてもよれにくそう。


ミリタリージャケット。
 
 
 

 




S/S会議、まだ続く。




banner_11.gif


rankingbanner05.gif




S/S会議 その1

毎月買ってる唯一の雑誌。




FUDGE見ながら作戦会議。


20110320_3.jpg


正直、全然興味なかったダンガリーシャツ。
なんだけど、蝶タイ(orボウタイ)合わせると一気にボウイスカウト風で可愛い。
↑のシャツはpinceau(パンソー)のやつで、zozoにあった。⇒
タイはgiraffe(ジラフ)でたぶんコレ。なんだけど売り切れ…。

ていうかgiraffeのHP見てて「ギャーッ!(昂)」っとなったこちら。↓

DLT06111.jpg

ミニ蝶タイがたくさんついているロングパールネックレスだって!
でもこちらも残念ながらSOLD OUT…。そりゃそうだよなあ。可愛いすぎる。
店舗情報見てたらなんと「新国立美術館」が入っていた!(笑)今度見てみよー!


20110320_11.jpg


こっちのシャンブレーシャツはAntgaugeの。タイはヴィンテージ。(byサンタモニカ)
同じシャツはなかったけど、七分袖のやつが楽天にもあり。

 
miusaのも可愛かった。



蝶タイを探していたら、KIDS対象の「GO TO HOLLYWOOD」が侮れない可愛さで大興奮。



  

 

ヘアゴムも。
 


というわけで今季は「青シャツ×蝶タイ」が非常に気になっております。
シャツは、青だったら別にダンガリーじゃなくても良い。

 
 


20110320_7.jpg




S/S会議、しばらく続きます。




banner_11.gif


rankingbanner05.gif




スタミナ

みなさま、いろんな意味で、お元気ですか。

東北地方太平洋沖地震発生から約1週間。
被災された方の中に、R-18を見てくださっている方はいらっしゃるのでしょうか…。
もしもいらっしゃるとしたら、心よりお見舞い申し上げます。

比べ物になりませんが、私の住む地域も震度5の地震に見舞われ、電車が止まって仕事に行けない日があったり、水、カップ麺、パン類、電池、ティッシュなどが買えなかったりと、ぐずついた天気のような微妙な影響が出ています。

今でも、眠っている時に余震がくるとばっちり目が覚めるし、そのたび自宅で体感した揺れや、まるで生きているみたいににじりよってきた食器たちの姿、落ちていく瞬間の音や、飛び散ったガラス片の映像などが生々しくフラッシュバックして、足がすくみます。

だけど、「大変だったね」なんて心配されるほどの事では全然なくて、そんな私がめそめそするのは違和感があるし、現に、違うと思う。だけど、地震に付随する様々な不安はなかなか拭えなくて、まるっきり応援側に回れるほど気丈では居られない。なんていうか、当事者にも部外者にもなりきれないひどく中途半端なところでぐずぐずしていて、節電と募金に参加するのがやっとと言った按配です。

被害が甚大であることは、連日の報道で、目に、心に、嫌でも焼き付いていて、協力したいという火種は持っているのに、灯す場所がなく燻ぶるばかりで、自分の無力さや、不甲斐なさを痛感したのは、私だけではないと思います。

ツイッターを見ていると、何かを呼び掛ける人が居て、実際に動く人が居て、それを偽善だと罵る人が居て、沈黙する人が居て、冗談を飛ばす人が居て、それを不謹慎だと非難する人が居て、不謹慎よりも不寛容になっていることが問題だと指摘する人が居る。

「未曾有」と言われる一大事で、日本中の人を巻き込んでいるわけですから、分母の数を考えれば、自分の考えとは相容れない人を目にする確率が上がるのは、当然のことなのでしょう。

だから言うけど、私にはやっぱりユーモアが必要で、こんなときでも「くすっ」とくるようなことがあると、とても救われる。

地震が発生した翌日の夜、頻繁に来る余震のせいで一睡も出来なくて、寝ることを諦めた。
上下にヒートテックを着用し、デニム履いて厚手のスエット着てその上にダウン羽織ってニットキャプ被って底の厚いスニーカーを履いたまま夜を明かした。
次の日の昼、その格好にマスクをプラスして、ネットで拾い読みした災害時マニュアルを参考にした荷物を持って、完全武装で和可ちゃん宅へ。
和可ちゃんの家に着いてから初めて気付いたんですが、私、















パンツ履いてませんでした。















落ちつけと。

そこ大事と。

肝心なとこ無防備でどうすると。


でも、和可ちゃんと笑ってしまって、ちょっと肩の力が抜けたのもまた事実なのでした。





停電に備えて和可ちゃんが買ってきたサンダーバードのようなライト。

20110315_1.jpg



なんだけど



20110315_2.jpg


なんか、惜しいサイズ。





わ【×倭/和】

日本人の住む国。日本のもの。古代、中国から日本を呼んだ名。


わ【和】

1 仲よくすること。互いに相手を大切にし、協力し合う関係にあること。「人の―」「家族の―」
2 仲直りすること。争いをやめること。「―を結ぶ」「―を講じる」
3 調和のとれていること。


わ【輪/▽環】

1 曲げて円形にしたもの。また、円い輪郭。環(かん)。「鳥が―を描いて飛ぶ」「指―」「花―」


4 人のつながりを1に見立てていう語。「友情の―を広げる」



―出典:goo辞書











関係ないと言われたら、それまでだけど。









wa











九州新幹線が全線開通 震災に配慮し式典とりやめ
JR西が「みずほ」「さくら」のCM中止

打ちのめされるようなすごい本

湯山玲子さんの「四十路越え!」(参照)の巻末、「今読むべき本ベスト8」7位にランクインしていた田丸公美子さんの「シモネッタのデカメロン」が気になり、楽天ブックスに寄せられたレビューを拝読。
田丸さんと懇意にしていらしたという米原万里さんの名前を目にし、「打ちのめされるようなすごい本」の存在を思い出す。

週刊文春で連載されていた「私の読書日記」を含む、米原万里さんの書評集。
本が好きだという私に知人が譲ってくださったのですが、いただいた当初、ざっと目を通した目次の中に親しめそうな名前を全く見つけられず、

「執行猶予」

と本棚の奥へとしまいこんでしまったのは09年夏。

およそ1年半の時を経てその存在を思い出し、なんだか「読むなら今」という啓示を受けたような気がして、「シモネッタのデカメロン」が届く前に読んでみるかと、そんな具合でページをめくってみたのでした。

しかし、冒頭一発目に紹介されていた本が工藤精一郎/鈴木康雄訳の「ゴルバチョフ回想録」。


いきなりくじけそうになる。


セルライトローラーで張り切りすぎてこさえた大量の青タン on the ふくらはぎ を見た時くらいにしかその存在を思い出さないゴルバチョフ(の頭頂部)。
それくらい馴染みも思い入れもない人物であるからして、本来ならば確実に素通りする類の本。

挙句、

「二段組み各八〇〇枚という重さと暑さ。口述筆記したタイピストは腱鞘炎になったんじゃないかしら。こちらは読んでるだけで腱鞘炎になりそうだ。日本の平均的サラリーマンの住居面積や、出勤時のラッシュアワーを知りながら刊行に踏み切った出版社の蛮勇は見上げたものである」

と更に腰が引けて気が重くなるようなウィークポイント(免責事項?)も皮肉交じりに、でも歴然と記されている。
なのに、なのにです。
読み進めるうちにそんなことはどうでもよくなってくる。それでも読んでみたいという気にさせられてくる。それが米原さんの書評なのです。

アレクサンドル・ゲルツェルンの「過去と思索」については

「活字離れが叫ばれて久しいこの国で刊行しようなんて、市場原理に照らしてみたら愚挙以外の何ものでもない。」

とスパイシーにツッコミつつも、

「それでも翻訳者が翻訳せずにはいられない、編集者が出版せずにはいられなくなるような力を、この作品自体が持っているということだ。」

普段であれば全く興味をそそられない本というのは、往々にして愛想がない。
ほんとに読者を獲得したいと思って出版されているのか?と疑問に思うような排他的タイトルと近寄りがたい装丁。
オンラインショップ徘徊を習慣としている私には多分に思い当たる節があるのですが、実物は良品なのに、なんでそんなにPR下手なの?と不憫に思うものが数多く存在する。(写真写りが悪いとか、オンラインショップのデザイン自体がイケてなくて買い物する気にならないとか)
そして多くの人は、そんなことを全く知らずに通り過ぎてしまうのです。それも当然の成り行きなのですが。

PR下手でありながら、素通りするのはもったいない本の案内役として、潜在的読者をまずは入口に誘導する米原さん。
そこからは牽引力と扇動力のある筆致でもって「気になる!読みたい!」衝動に駆り立て、その衝動が及ぼした影響は読後のドッグイア数が雄弁に物語ります。

とは言え、「気になる!読みたい!」という期待はあくまでも想像の域を出ていないので、「予告だけ見るとすんごいイイ話そうに見えたのに実際見てみたらとんだ肩透かしな映画」のようなことになりかねないのでは、なんて米原ワールドの浅瀬に居る時には警戒心が働いたりもします。
しかしそんな警戒心は、読み進めるうちにはるか彼方へぶっ飛びます。のちに読んだ「シモネッタのデカメロン」で、田丸公美子さんはこう語っていました。

「彼女の舌鋒にはいつもはらはらさせられている。それにもかかわらず彼女のファンが多いのは、ロシア仕込みの毒舌が権力者に対しても臆せず発せられるからであろう。」

その言葉から窺い知れるように、米原さんの文章には、大人の事情が絡んだオブラートや、媚びた宣伝色が一切ないのです。
それは、米原さんの文章を読めばきっと誰もが感じると思います。

ただ、米原さんと私とでは情報処理能力や把握力に雲泥の差があるので、同じものを同じように面白いと思えるのかは、実際に読んでみるまで分かないのですが。(笑)
それでも、私の持っている本が2冊だけ「打ちのめされる...」に登場していました。
それは、姫野カオルコさんの「ツ、イ、ラ、ク」と、斎藤美奈子さんの「趣味は読書。」。

どちらも大好きな本でありながら、それをどう伝えればいいのか分からなくて歯がゆい思いをしていたのですが、既読の私ですら新鮮に思える切り口で、言葉に出来なかったモヤモヤを代弁してくださっており、部屋着姿に慣れて忘れていた好きな人のスーツ姿を久しぶりに見て惚れ直したような気分。

斎藤美奈子さんは私の大好きな文芸評論家なのですが、米原さんは「類い希なる毒舌の才と芸が冴え渡っていて、ああ、もしも自分の著書がこの評者に酷評されたら、打撃のあまり三年間ぐらい立ち直れない」と斎藤さんの論評を絶賛しており、斎藤美奈子さんの方も米原万里さんの「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」解説の中で「米原万里が当代きっての名エッセイストであることに異論のある人はいないでしょう。(略)忙しいさなかに彼女の本を開いてしまったばっかりに、何度私は仕事を中断されたか知れません」と、双方のファンとなった私には大変嬉しい両想いっぷりを見せてくれています。(斎藤美奈子さんの「趣味は読書。」については09年の過去日記でちらりと)

「打ちのめされる...」ですっかり米原ワールドに魅了され、次に読んだのが前出の「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」。

プラハ(チェコスロバキアの首都)で少女時代の5年間を過ごしていた米原さんは、プラハのソビエト学校、つまり、プラハの現地学校ではなく、プラハにあるインターナショナルスクールに通っていたそうなのですが、日本生まれである米原さんが「日本共産党代表として各国共産党の理論情報誌『平和と社会主義の諸問題』編集委員に選任され、編集局のあるチェコスロバキアの首都プラハに赴任(by wiki)」することになったお父さんに連れられて渡欧したように、同級生たちにもさまざまな事情があり、それぞれに故国があり、実に50カ国以上の国の子供たちが集まっていたと述べられています。

米原さんがプラハを去ったのは1964年。
以降、「プラハの春」やベルリンの壁崩壊、ペレストロイカによるソ連の崩壊など、20世紀後半の東ヨーロッパは激動の中にあったわけですが、日本で生まれ育った現在20代の私には、年齢的にも距離的にも「遠い話」である感は否めません。
ですが、少女時代の私がごくごく普通に行ってきたのと同じように、米原さんも、お互いの家を出入りし、一緒に駄菓子を買い、本を貸し借りするようなごくごく普通の友情関係をプラハで築いていたわけです。その旧友たちが東欧史に残る様々な歴史的事件の渦中に身を置き、波紋がじかに及ぶ場所で生活しているのをニュースで知らされるという心情は、想像に余りあるものがあります。

「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」は、激動の東ヨーロッパを背景にしながら、プラハのソビエト学校時代の友人であるギリシャ人のリッツァ、ルーマニア人のアーニャ、モスリム人(ユーゴスラビア、ボスニア)のヤースナの消息を確かめた記録であり、解説の斎藤美奈子さんの言葉を借りるなら「個人史の本も、現代史の本も、個別に存在してはいるものの、両者を見事に融合させたという点で、まれに見るすぐれたドキュメンタリー作品」に仕上がっています。

激動の東欧史が絡んでいるとはいえ、ずっしりと重たい内容に終始しているわけでありません。
本書の中で三番目に収められている「白い都のヤスミンカ」章にはこんなエピソードが登場します。
ちょっと長くなるけど、気が向いたら是非読んでみてほしいエピソードです。

その日の授業は、マリヤ・アレキサンドロヴナ先生のこんな質問から始まった。
「人体の器官には、ある条件下では六倍にも膨張するものがあります。それは、なんという名称の器官で、また、その条件とは、いかなるものでしょう」
(略)
「では、ターニャ・モスコフスカヤ、あなたに答えてもらいましょう」
(略)父親がソ連大使館の二等書記官だったターニャは、祖父が革命に功績のある将軍であることをことあるごとに鼻にかける気取った嫌なヤツだった。


もじもじして答えようとしないターニャを「真面目に答えなさい」と叱りつけるマリヤ・アレキサンドロヴナ先生。叱られたターニャは

「私の両親は、パパもママもとても厳格なんですよ。お祖父ちゃまの名に決して恥じないよう、はしたない言動は慎みなさいと、いつもいつも言い含められていますもの。先生は、そんな私に恥をかかせる気ですか?絶対に絶対に答えられません。口が裂けても嫌です」

ターニャが何を想像して身もだえているのかを察知して教室は大爆笑。
ちなみに正解は「突然明るいところが暗くなったような条件下の瞳孔」で、ターニャの次に指された優等生のヤスミンカが、さらりと解答したのでした。

マリヤ・アレキサンドロヴナ先生は、ターニャに

「あなたには、三つのことを申し上げておきましょう。第一に、あなたは宿題をやって来ませんでしたね。第二に、とても厳格な家庭教育を受けておいでとのことだけど、そのおつむに浮かぶ事柄が上品とは言い難いのは偉大なお祖父さまのおかげかしら。そして、第三に……」
と言いかけたところで、先生は突然恥ずかしそうにうつむいて口をつぐんだ。


先生の言葉の続きが気になった生徒たちは騒然とし、「第三に、なに!?」と追及するものの、先生は話題を転換させようとしてヤスミンカに別の質問をします。

「眼球において第一レンズ、第二レンズの役割を演じているのは、何という器官ですか」

ヤスミンカは

「第一レンズの役割を果たしているのは角膜、第二レンズの機能を果たしているのは水晶体」

と難なく解答し、一旦着席しようとするものの、何を思ったのか再び立ち上がるのです。

「あくまで私の想像なんですが、先生がおっしゃりたかったのは、次のようなことではありませんか」

マリヤ・アレキサンドロヴナも生徒たちも虚を突かれて間が空いた。その隙を突くようにヤスミンカは顔色一つ変えることなくサラリと言ってのけた。

「第三に、もしほんとうにターニャがそう思っているのなら、そのうち必ずガッカリしますよ」



電車の中で読んでて思いっきり吹いた。



「彼女の代表作をあげるとしたら、おそらく本書『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』になるのではないかと思います。米原万里にしか書けない題材と方法論という点では、いつだってまあそうなのですけれど、(略)あの米原万里が唯我独尊の自分史なんか書くはずないわけで」

と斎藤美奈子さんが語る所以はこのあたりにもあると私は思っています。
「シリアス」枠内だけに留まらず、思わず吹き出してしまうような箇所もたくさん登場するのです。

ところで田丸公美子さんの「シモネッタのデカメロン」の「シモネッタ」とは、下ネタ好きの田丸さんに米原さんがつけたあだ名。(もともとは自分のあだ名だったらしい。「デカメロン」についてはwiki参照)
そんな米原さんに、女帝「エカテリーナ」にちなんで「エ勝手リーナ様」と名づけたのが田丸さん。

お二人は本当に仲が良かったようで、「シモネッタのデカメロン」では、解説にかえて田丸×米原の対談が収録されています。

更に、文庫版あとがきには「万里と私の最後の一年」と題された、米原さんと田丸さんの、文字通り最後の一年のことが綴られています。

その中で語られた

「類稀な知性と文才を持つ万里の本を読むたびに、私は筆を折りたくなったものだ」

という言葉は、身内びいきの欲目でもなければ、故人を偲んだ美辞麗句でもなく、田丸さんの本音だと思います。

米原さんの文章を読むと、たかだかブログやツイッターと言えども、不特定多数の目に触れる場所で駄文を垂れ流している自分がとんだ恥さらしに思えてきて、その愚かさに消え入りたくなるほどです。「ほど」っていうか、なってる、実際。


「打ちのめされるようなすごい本」は、米原さんが「打ちのめされた」本たちの書評集だけれども、読む者を何より「打ちのめして」いるのは、米原万里さんの書いた文章だと思う私なのでした。



20010308_1.jpg


   



●米原万里●
9歳から14歳まで少女時代の5年間、現地にあるソビエト連邦外務省が直接運営する外国共産党幹部子弟専用のソビエト学校に通い、ロシア語で授業を受けた。1964年中学2年生の3学期に帰国。
明星学園高等学校を経て東京外国語大学外国語学部ロシア語学科に入学。同大卒業後は東京大学大学院に進学しロシア語・ロシア文学を専攻。同大学院露語露文学修士課程を修了。
ロシア語講師を経て1978年頃よりロシア語通訳・翻訳に従事。
1983年頃からは第一級の通訳として、ロシア語圏要人の同時通訳などで活躍したのち、晩年は、肉体的にも精神的にも負担の多い同時通訳からは身を引いて作家業に専念。
2006年5月25日に他界。満56歳没。
(参考:wiki)

●受賞歴●
1995年 『不実な美女か貞淑な醜女か』で1994年度第46回読売文学賞随筆・紀行賞
1997年 『魔女の1ダース』で1997年度第13回講談社エッセイ賞
2002年 『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』で2002年度第33回大宅壮一ノンフィクション賞
2003年 『オリガ・モリソヴナの反語法』で2003年度第13回Bunkamuraドゥマゴ文学賞


banner_11.gif


rankingbanner05.gif



●過去ログランダム表示●



●愛用品ログ一覧●

fc2blog_20141114011140e3d.jpgfc2blog_20131215083012ca2.jpg
fc2blog_20150213013703f08.jpgfc2blog_201502101300178da.jpgfc2blog_20131222133640db6.jpgfc2blog_201311011114277ba.jpg
fc2blog_20131105124305216.jpgfc2blog_201311180228231b1.jpgfc2blog_20140401035020166.jpgfc2blog_20140419115949bdb.jpg
fc2blog_201311041253183ac.jpgfc2blog_20131104125241c83.jpgfc2blog_201311011115436b2.jpgfc2blog_20131101111556736.jpg
fc2blog_201311051132592b6.jpgfc2blog_20131101124245813.jpgfc2blog_201401071218522a5.jpgfc2blog_201311011241517f7.jpg
fc2blog_201311011242226d3.jpgfc2blog_201401111255144ca.jpgfc2blog_2013112812265944b.jpgfc2blog_20140408054901db4.jpg
fc2blog_20140505162514765.jpgfc2blog_20131119022911a17.jpgfc2blog_20131123141106243.jpgfc2blog_2013110612513398a.jpg
search
profile

奈々

Author:奈々
82年製。

instagram @18nana
Twitter @r18nana_2

「30代なに着る?」アンケート。
ads
楽天
all categories/all archives
 
calendar
02 | 2011/03 | 04
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
links
このブログをリンクに追加する
R