ハウスキーピング

早起きして自転車に乗って出かける。

TO DOリストに書いていたことを、片っ端から片付ける。

■ジムの解約

■公共料金の支払い

■住居の更新料の支払い(もうそんな時期なのです)

■通帳記入

■日用品の買い物

全部済ませてスッキリ。

ジムは、9月に入会したんですが、明日から11月と言うのに、

一度も行きませんでした。

いや、行けなかった理由もあるんですよ。

もう、1か月以上前に、家の中でスペクタクルな転倒をかましてほんとに見事に


「ぼりっ」


と足首をひねってしまい、いまだに痛みがとれない。

足首ひねったのはジムに入会する前だったんだけど、すぐに治るだろうと思って入会したのに、ヒール靴で歩くのすらいまだ困難だし、痛くて正座も出来ない。運動なんて、全然出来ない。

とは言え、スパだけでも行っときゃいいものを、それすら行かないあたしです。

足が治っても行かないであろうことは想像に難くない。

ので、今月中に解約しておきました。
「入会しても、行かないものは行かない」事を知るための授業料であった。

解約手続きを済ませた後は日用品を買い足しに。



これら。
20091030_1.jpg
芳香剤・ダウニー・食器用洗剤

ところで「JOY」って、あのジョイの欧米版?


キッチンクロスを買いに、無印へ行ったら、これがオススメされていたので買ってみた。
20081030_3.jpg
落ちワタふきん12枚組
糸をつくる工程の中で、取り除かれた「落ちわた」で作られているらしい。
12枚もあるので、当分買い足さなくて済みそう。


あと、ビジュアル的に可愛くないモノモノもいろいろと買い足し。
(見た目が可愛くないので画像小さめ。クリックすると大きくなりますが)
20081030_2.jpg



100均のシートマスクは必需品。⇒過去記事
まだストックあるんだけど、なくなったときに買いに行くのが面倒なのでとりあえず5個だけ買っといた。
シートマスクを浸すのに使う精製水とRoCの化粧水も。ちなみにROCは今月4本目です。
あとは趣味とも言える水回り掃除用のカビキラーや「水だけで落ちる」を謳うエポックなスポンジ。
掃除に使ったダスターなんかに噴きかけておこうと思って買ったアルコール。
と、詰め替え用ハンドソープ。



そうそう、うち、ハンドソープを無印のコレに入れてるんですけど
4547315853830_m.jpg
PET詰替ボトル クリア 250ml用



使ってるうちに、中が曇ってくるじゃないですか。あれがすごくイヤで、曇りがわかんないように、ハンドソープはいつも満タンにしているという。
基本、ズボラでものぐさなんですけど、変なとこだけ神経質。
ていうか、そんな気にするんだったら



こっち買えよ。って話なんですけどね。
4548076712565_m.jpg
PET詰替ボトル ホワイト 250ml用



無印のネットストア見てたらこんなの発見。
寒くなってきたのでゆたんぽが気になる。(持ってるんだけど)
T00107_2.jpg
ポリエチレン湯たんぽ・小 470ml


マイクロファイバー湯たんぽカバー・小


こっちもかわいい。⇒ポリエステルボア湯たんぽカバー・小

ゆたんぽと言えば、ココで紹介したコレもやっぱかわいい?。
img55355423_2.jpg



なーんか、当たり前のことなんだけど、晴れた日に早起きして自転車に乗ってたら、唐突に天啓を得たような気分になった。

不摂生な生活してるときは不眠気味でお腹もあんまり空かなくて酒ばっか飲んでたけど、
ちゃんと早起きして活動すれば普通に夜は眠くなって、ちゃんと早起きして活動すれば普通にお腹が空くんだよなあ。

って、ほんとに当たり前なんだけど、思った。

そう言えば、こないだあいちんと話してる時にすごくハッさせられたことがあった。

奈々っぺ:「あいちん…なんかあたし、今すごくクリエイティブな気持ちだよ。なんかすごくクリエイティブなことがしたいよ」


あいちん:「あー。やっぱ『芸術の秋』って言うくらいやしね」


あいちんの言ったことに、すごく合点がいった。
昔から言われてることにはそれなりの理由があるんだなあ。
昔の人は、それを裏付けるような科学的根拠がなくたって、ちゃんと体で知ってたんだなあ。
現代社会は、意に反し、意に背くものが多すぎる。目覚まし時計一つとったってそうですよね。支障をきたさない限り、目覚まし時計を使わないで目を覚ましたい。駆け込み乗車はしたくない。人に迷惑をかけない限り、素直に、そして「アソビ」と言う名の「ゆとり」を持って暮らしたい。

と、まあ、すごく健やかな気持で帰宅して洗濯と掃除をしていたら、ますます健やかで穏やかな気持ちになりました。

自転車移動時・洗濯掃除時に、えんえんリピートしてたのが「モダーン今夜」と言う、変わった名前のアーティストの曲。すんごいサワヤカで、自転車と掃除と洗濯と晴天にとても合う。

モダーン今夜 - かもめ島
モダーン今夜 - 天気の存在する理由 - かもめ島

モダーン今夜 - 愛しいリズム
モダーン今夜 - 愛しいリズム - EP - 愛しいリズム


「かもめ島」で歌われてる


彼女は話してくれたっけ  昔の話を

風の一つ一つにだって  物語があって

吹くにも  止むにも  わけがあると



って歌詞が、なんか好きなんです。


ブログランキング
気が向いたらクリックおねがいしまっす(ノ∀`*)ゝ

ついでにこちらも★
rankingbanner05.gif
GBCランキング


左下の「拍手ボタン」も訪問ついでに押して行ってくださるととっても励みになります。
気が向いたら是非(´∀`*)

議事録

20081028_1.jpg
携帯からブログ更新中のあいちん。


ローシーインワー片手にあいちんと女子サミット
(※↑白ワイン)


奈「あいちん…。あたし、ときめきたい。ときめきたいよあいちん」


愛「うん」


奈「ねえ、あいちん、ときめきってどこで買えるかな。どこに売っとんかな」


愛「さあ……












  ヤフオクかな。」







存外、的外れではない気がする。





K点

The_Velvet_Underground_And_Nico.jpg


+ Read More

セーブポイント

20050607210007.jpg


+ Read More

残念なお知らせ。

覚悟はしてたけど…

いや、覚悟してなかったからこんなにもおどおどまごまごしているんですけど…

ついに…ついに…恐れていた事態が…起きてしまいました。








リアル知人にブログがバレました。






……リアル知人?





知人?





ふふ…





知人っていうか






元彼だ!!!





バカ!!誰が?わかんない!けど、バカ!!とりあえず、バカ!!!うわーーーーーん!!!!

ああ、もう、走り出したい。

走って逃げたい。

どこに?とりあえず、どっか西の方。西荻窪。ぎゃ!元彼に近づいてしまった!

じゃ、京都。しかも11月あたり。紅葉。紅葉が見たい。

いや、それは最近湧き上がっているただの観光願望だ。

そんなんじゃなくて、ほんとに、どっか逃げだしたい。

中野浩一並みに、足もげんじゃねーの?くらいにペダル漕ぎまくってどっか遠くに逃げ出したい。(チャリなのか)

ていうか中野浩一並みにぐるぐるペダルこいでたら「ちびくろサンボ」に出てくるトラのように、溶けてバターになってくれないだろうか。

誰かホットケーキに使ってはくれないだろうか。

上からはちみつをかけてはくれないだろうか。


と、まあ、完全に気がふれそうな(「そう」な?)状態になっていたので、おなじみあいちんにテロ電話。(休日の午前10時台に)

朝から電話で女子サミット。というよりも完全に一方的なあたしのデトックストーク。

あいちんと1時間くらい話したら、不思議と落ち着いてきた。

なんか、いいキッカケになったような気もしてきた。

ブログ含め、日記と言うのは、どれだけ自虐的に書いていようとも、どれだけピエロを演じていようとも、結局はナルシシズムのあらわれで、

自分に自己顕示欲があることを、しかもそれが強いことを、3年以上ブログやってるあたしが否定できるわけもない。

あります自己顕示欲。あります自己愛。してます自己陶酔。

のくせに、あたしは、自分のブログを、リアル知人には隠している。何故なら、あたしは自己顕示欲や自己愛は強くても、自己評価が低いから。

ガツガツ前のめりになってしゃきしゃきブログの更新をしているくせに、「なんていうブログなのか教えて」と言われても、教えない。自分の書いているものに、まるで自信がないから。

有り余る自己顕示欲を持っていながら、そしてそれをこうやって押し出していながら、すこぶる低い自己評価。

表面(自己顕示欲)と内面(自己評価)のこの温度差よ…。アイスの天ぷらか!!!

クリスマスソングのレゲエカバーにも似たこのちぐはぐ感は、我ながらずっと感じていた。

読まれて困るようなことなら、読まれて恥ずかしいと思うようなことなら、最初から書いちゃだめなんですよね。

仮に書くとしても、完全に、書いた主があたしだと分からないようにするとか、絶対に人目に触れない場所で書くとか、いくらでも方法はあったはずで。

最初、信じられなくて、信じたくなくて、「あたしじゃないんじゃない?」とバックレようとしてみたが、

「絶対そうだよ。だって『R-18』ってやつでしょ?」

って。ぎゃふーん。

パージェーロ、パージェーロ、はい、パジェロ獲得でーす!!


発見のされ方がまた、あたしの詰めの甘さが起因しているだけに、悔やもうにも悔やみきれない。

「残念なお知らせがある」と言って切り出されたこの話。

「絶対○○(あたしの本名)のテンション下がるよ」とかなり脅されて切り出されたこの話。

腹はくくっていたものの、予想以上に残念で、予想以上にテンションの下がる話であった。

そんなことを分かっていながら、彼が何故、ブログを発見したことを教えてくれたのかと言うと、

彼の周囲では同じワードで検索をかけたりする人も居るから。

そしてその人たちのことを、あたしも知っているから。

その人たちに見つかって困るのなら、そして対処の仕様があるのなら、教えた方がいいと思って教えてくれたらしい。

相当悩んだみたいだけど。

それは…たしかに…困る。だけど、「肉を切らせて骨を断つ」ような戦法である。

しかも、ネット上には「キャッシュ」というものも存在するので、もう手遅れ★←ほんとに黒星。

「歴代彼氏」が5人いるとしたら、正直言って、「ブログを見られたくない人ベスト5」を歴代彼氏たちが独占する。

それくらい、あたしは、自分と色恋沙汰に陥った人には見られたくないと思っている。

でも、もう、そんなこと言っても後の祭り。

もう二度とここは覗かないかもしれないけど、でもごめん。

愚痴書いたことあってごめん。どれとは言わないが。(そしてしっかりと読まれているっぽいが)

まだちょっと無理だけど、もうちょっと腹くくれるようになったら、あなたの就いている職業に貢献できるような宣伝を、伏字ナシに大々的にやるからゆるしてね、○ッ○ー。←名前

そしてあたし。バレたくないなら書くな!書くんだったら堂々とやれ!!

そんな決意をあらたに、今後の身の振り方を模索中です。


おーっと、そして今月下ちゃんのとこに遊びに行ったらホワイテックスの紹介とともに涙の出そうな嬉しいことが書いてあった!!月下ちゃんありがと〜!!!!

オススメしすぎてまわしもののように思われてそうですが、一切、まわされてない。むしろ、まわされたいくらいだ!!そして毎月現品提供してほしい。

自腹で20か月飲んでるからホワイテックスにつぎこんだ額が単純計算で20万。

ほとんどセールで買ってるから割り引かれるとしても約18万。

……。

考えない。

そして、盛りすぎた。値段を。16万ちょい、くらいか?

いずれにせよ、こんだけコストがかかっても続ける理由は一つしかない。それに見合う効果があるから。

にしても月下ちゃん、ピュアメディカルさんの言う「美容ブロガー」はあたしのことじゃないと思うよ。

あたし全然「美容」ブロガーじゃないもん。

コンセプトの定まってない迷子ブログだもん…。今も迷子。

でも嬉しいこと書いてくれて本当にありがとうー!!!

オリジナルサントラ

4988064291007.jpg

SEX AND THE CITY[THE MOVIE] COLLECTOR’S EDITION



予約受付がスタートしたSATC THE MOVIEのDVD。

4人券を買ってはいたものの、どーーーーしても使えなくって(←コレクター体質)、結局、試写会でしか見なかったという…。

でもいいんです。もともと私は映画館よりも家でまったり見る方が好きなので、DVDが出たら家でゆっくりまったり鑑賞する予定です!

で、これは映画版でなくドラマ版の話なのですが、ドラマの挿入歌で気になるものが結構あって、そういう気になった曲たちをがんばって探しては入手し、「SATC」という名のプレイリストにぶっこんで、オリジナルサントラ作ってます。(暗すぎ)

わたし含め、探してた人が多いのではないかと思われる、SATCの最終回にて、ミランダがマリーを探すところ、キャリーが美術館から飛び出すところ、で流れてる曲。
MC Solaar - La belle et le bad boy

流産したシャーロットがエリザベステイラーのドキュメントを見た後に、ブレディの誕生日パーティーへ出かけていく時流れている曲。
Regina Carter - Pavane

スタンフォードとキャリーがプロムパーティーに出席した時に流れてた曲。のちにマーカスが合流して、仲違いしていたスタンフォードと仲直りする。
Chicago - If You Leave Me Now

キャリーが空中ブランコに乗ってる時に流れてる曲。
Michelle Branch - Breathe

リチャードとサマンサがプールサイドで踊っているときに流れてる曲。
Sade - By Your Side

心臓の手術でビッグがNYに戻ってきたときに、キャリーとビッグがホテルで一夜を過ごした翌日に流れてた曲。
Zero 7 - In the Waiting Line



今でも聞くだけで目頭熱くなる、最終話のエンディング。



Candi Staton - You Got to Love




キャリーがランウェイを歩くときに流れてるCheryl Lynnの「got to be real」も大大大好きなんですが、なぜかi Tunes StoreにはCheryl Lynnバージョンがなくてリンク貼れず。


------2015.10.11追記------
まさにこのシーンのYouTube発見。

>>SATC - Carrie Falls On The Runway

私今でもこのシーン見るだけで泣ける。

------ここまで追記------




しかしこの記事「SATC関連」カテゴリに入れるべきなのか、「音楽」カテゴリに入れるべきかすごく迷う。

結果、「SATC関連」に入れました。




●2015.05.11追記●
しかしヒマなのか。

エゴラッピン

20081022_1.jpg
BEST WRAPPIN 1996-2008


EGO-WRAPPIN'を聴くと、親友Yちゃんを思い出す。

Yちゃんとカラオケに行くと、私はいつも、「Yちゃん、色彩のブルース歌って」とお願いしていました。
振り返ってみると、それはもう7年くらい前のこと。

「くちばしにチェリー」がリリースされてからは、やはりまた、「くちばしにチェリー」を歌ってもらっていました。
Yちゃんは、ウィスパーボイスで、とても儚げにEGO-WRAPPIN'を歌っていて、そういう声が出せない私は、うらやましくも心地よく、Yちゃんの歌うEGO-WRAPPIN'を聴いていました。

EGO-WRAPPIN'の中で、個人的に一番好きな曲は「満ち汐のロマンス」に収録されている「かつて…。」という曲。
ノスタルジックなメロディの上にのせられた、細切れの言葉達。
それぞれは単純で、でも繋がりが不明瞭で、歌詞の真意は掴みづらい。

だけど、懐旧の念を起こさせるメロディが、「かつて」のいつかや「かつて」の何かを聴く人に想像させる。その風景はとてもレトロで、汽車や石畳のある街を思い起こさせます。

この曲の何が好きって、具体的に言えないんだけど、長い前奏のあとに歌いだされるそのタイミングとか、か細く吐き出すような声の出し方とか、文章っぽくない歌詞の乗せ方とか、全ての兼ね合いが好きで、数年前も、こればかり聴いていました。

旧PCにも入れてたんだけど、壊れて以来聞けなくなっていたので、ベストが出ると知って、発売日に買いに行きました。今もえんえんリピート中。


再入荷中

このとき書いてたマーキュリーデュオのワンピースが再入荷してるのでお知らせ。

pc_aw08m8120w041_1.jpg
ファッションウォーカーJJモードでも予約販売中です。


これ買った時にカタログをもらっていたんですけど、カタログ掲載してた商品でかわいいーと思ってたのは全部10月中旬入荷予定で、いつ入るのかなーと思ってたら、それらも入荷されていました。

このコートとか
pc_aw08m8120c002_5.jpg

このワンピース
pc_aw08l8120w010_5.jpg


を、鈴木えみちゃんが着てたんですけど、かわいかった?。


● 着画 ●
20081019_2.jpg


ついでに、このときに、「買えなかった」と嘆いていたものの、
結果的に買えたDURASのワンピース。

↓コレ↓
M-dua-a15-0075.jpg

タートルニットを着られる季節になってきたので、
いそいそと引っ張り出して着画を撮ってみる。


が、全身って、撮るの、難しいーー!!
IMG_2863_2.jpg

IMG_2859_2.jpg

タイトフィットするワンピースなので、非常に緊張感漂う衣服。
「今日は腹いっぱい食う!」
なんていう日には、まるで向いていない。

DURASのモデルさんみたいに、クラッチバッグを持って歩きたい。
ちなみに、パンプスは、コレ


ブログランキング
気が向いたらクリックおねがいしまっす(ノ∀`*)ゝ

ついでにこちらも★
rankingbanner05.gif
GBCランキング


左下の「拍手ボタン」も訪問ついでに押して行ってくださるととっても励みになります。
気が向いたら是非(´∀`*)

chloe

20081017_2.jpg



こないだ買ったクロエの香水。
見てるだけで顔がゆるんでしまうボトルデザインです。


今週も、みなさまお疲れ様です。
いや〜…今週はほんっと忙しかった。ほんっと疲れた。

そして、話変わって、本日またしてもA/Wのニューアイテムを注文。
northcornerさんで、ベレー帽を。



これの黒を注文しました。

9373213.jpg
オリジナルselect ウール ベレー帽


ハリのある、かためのベレー帽が欲しくって探してたんですけど、あたしがいろんな店頭で見たものは、なーんかくたっとした、柔らかいものばかりで。きっとたくさんあったんだろうけど、いかんせんベレー帽ブームですから、「これは!」というのからどんどん売れてしまってたんでしょうね。

写真しか見てないからなんとも言えないけど、「生地の目が詰まった上質なウールフェルトのベレー帽」と説明されていたのでこれなら大丈夫かも、と。
このベレー帽をこのジャケットこのワンピースに合わせる予定(ノ∀`*)ゝ昨日の日記に載せたグレースコンチネンタルのシルクワンピースにも、素材的にケンカしないようであれば合わせたい。




ゆたんぽ

楽天内のインテリアショップを見ていて「なにこれ?」と思った写真。



img55357280.jpg



なんだったのかと言うと、実はこれ、





ゆたんぽだって!

かわいいーーー!!!


img55355423_2.jpg



上の写真は「ラビット」で、ほかに、「ミンク」と「シープ」があるんですけど、

ホンモノのような手触りの、フェイクファーなんだって。

フェイクだからお値段的にもすんごいリーズナブル。

湯たんぽも気になるけど、もっと気になるのがコレ!!

同じシリーズのブランケット。


img55360806_2.jpg



見るからに気持ちよさそう…。

こんなゴージャスで3500円ってすごいよね。

ゾクゾク

こないだ注文したモノモノが続々と我が家に。

プラチナVCセラム以外は揃いました。


20081016_3.jpg




テンションの上がる光景。

20081016_2.jpg




載せるの忘れてたけどこのときにちらっと触れた
ルナソルのアイリッドベースNもとっくに到着済みです。

20081004_11.jpg

手前、1代目。

このアイベースは、あたしの肌色に合うみたいで、

目以外の場所にコンシーラーとしても使えるニクいやつです。




あと、地味な買い物ですが、こんなものも買いました。

20081016_1.jpg

寝ながらメディキュット



元祖メディキュットを愛用してるんですけど、今月号のグラマラスにニュータイプの「寝ながらメディキュット」が載ってて、即注文。

元祖メディキュットは着用したまま寝られない、というのが難点だったのですが、それを見事にカバーした逸品。さっそく愛用してます。(これ書いてる今も履いてる。寝てないけど。)





引きこもり連休

「人のセックスを笑うな」と「クワイエットルームへようこそ」と「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」のDVDを借りてきて、ほぼ引きこもっていた連休。

3つとも、原作を先に読んでいる。
「人の...」なんて、初版が出たころに買ってるから「いったいいつのだ?」と思って、久しぶりに本を手に取ってみたんですけど、2004年だって。ぎゃふーん。もうそんな経つの?
ほんとかどうかわかりませんが、山崎ナオコーラさんは、過去に、「R-18文学賞」に応募して落選したことがあるって聞いたんだけど、ほんとなのかな。

「腑抜けども...」は今日、これから見るんですが、「人の....」に関しては、やっぱなあ…映画を見るなら原作読まないほうがいいんだろうなあ...と思ってしまった。
永作ちゃんは、かわいい。永作ちゃんが「ユリちゃん」をやるって知った時にも「お、合うんじゃない?」って思ったんだけど、やっぱ、ちょっと違った。あくまであたしの思うユリちゃんと、なんですけど。松山ケンイチさんの演じる「みるめくん」とじゃれあっているシーンは「いいなあ!」って思うくらいに微笑ましかった…が、「みるめくん」があの若さだと、あたしももうどうしても「ユリちゃん目線」で見てしまうので、「まあ…長続きはしないよね」と、なんだか冷静な目で見てしまった。2004年に読んだ時には、あたしは完全に「みるめくん目線」だったはずだったんだけどな。

「ハッピーマニア」の中で、シゲカヨがためちんと初めて会った時、今にも「好きオーラ」を放出させてしまいそうで、

「相手を好きな自分」より「カワイイ自分保持」に集中しなくては

って、自分を戒めるシーンがあるんだけど、このシーンを見たとき、リアルだなあ…としみじみ思った。
なんというか、男女の間にある、愛情に関しての不等号に、人は、思ってる以上に敏感じゃなかろうか。そして特にそれは、「相手の愛情<自分の愛情」の時よりも、「相手の愛情>自分の愛情」のときのほうが、より敏感に察知出来てしまう。

相手の愛情よりも、自分の愛情のほうが大きい時というのは、焦る。だけど、だからこそ夢中になってしまう。だって、「焦る」と「焦がす」は同じ字だもん。
自分の愛情よりも相手の愛情が大きい時には、相手を「好き」だという思いはあっても、その思いは随分と穏やかで、何も見えないくらいに夢中になって、眠れなくなるほど身を焦がす、って、ないと思う。

みるめくんはまっすぐに「相手を好きな自分」を出していて、そのひたむきさにほろりとさせられる反面、これをリアルに置き換えたら…と無粋なことをやってみると、「うーん…。いじらしいとは思うけど、全てを振り切ってまで一緒になりたいとは思わないよなあ」などと思ってしまう自分もいる。そしてユリちゃんも、そうだったんだろうと思う。
ほんと、映画とか音楽とか文学とか、五感から入ってくるエンターテイメントって、目耳にした時間が違えば、受け取り方も変わってきますよね。その受け取り方が自分のバロメーターみたいでおもしろいんだけど。

松山ケンイチさんには、全然興味無かったけど、角川文庫のこのポスターはすごくかっこいいと思う。

20081013_1.jpg

60年分の 愛とか 夢とか 絶望とか。

っていう惹句も印象的。


「クワイエット...」のほうは面白かった。原作の端折り方がウマイ!原作の雰囲気を崩さず、映画の流れに支障をきたさない展開で、素直に楽しめました。原作を書いたのが松尾スズキさんで、監督をやっているのが松尾スズキさんだからうまく折り合いをつけられたのかなとも思うけど、でも、逆に、自分が原作を書いたものって、本になるまでに、すでに散々推敲しているわけだから、端折りたくないことのほうが多いはずで、自分でやるんだったら人に削ってもらうほうが気持ち的には楽なんじゃないかという気がする。楽というのは「削りたくないけど削る、っていう人がいるんだからしょうがないじゃん」みたいに、「気持ちがおさめやすい」という意味で。
俯瞰から見て冷静にトリミングし直す作業と言うのは、きっと、想像以上に切なく心苦しいことなんじゃないかなと思います。だって自分が書いた文章だもの。自分が思いを巡らせて作り出したシーンだもの。いや、意外と、その作業を行うことによってカタルシスを得られるのかも??んー。わかんない。本人のことは、本人にしか。

そして内田有紀さん。あれだけカラーレスなメイクなのに、あれだけ顔のパーツがくっきりしてるって、すごい。よく見ると、いやよく見なくても男顔なんだけど、ぱっくり割れた目頭とか、インクつけて画用紙に載せたら版画になりそうなくっきり二重に目が釘付けになります。パンクな衣装もよく似合ってて可愛かった。

    


さ。今から「腑抜けども....」見て、また来週1週間がんばります。


ブログランキング
気が向いたらクリックおねがいしまっす(ノ∀`*)ゝ

ついでにこちらも★
rankingbanner05.gif
GBCランキング


左下の「拍手ボタン」も訪問ついでに押して行ってくださるととっても励みになります。
気が向いたら是非(´∀`*)



テツワン

シフォン素材で、オフホワイトやベージュ系の色で、なんかやわらかーい印象を人に与えるワンピースやトップスに弱いです。

20081004_2.jpg


一番左は、MERCURYDUOのワンピース(過去記事)で、もう、2年近く前に買ったものなんですけど、今でも大のお気に入り。
ウエストと両袖口をリボンで結ぶようになっているんですが、利き腕のせいなのか右袖のリボンがすぐほどけちゃうんですね。しかも、着ている状態だとすんげー結びにくいの。なので、一緒にいる男子に結んでもらえるという、甘美な特典がついてきます。(やかましいわ)

左から二番目は飛ばして

右から二番目はこのときのやつ。値段忘れちゃったけど、すーんごい安かったことは覚えている。短めなので、下にショートパンツ履くことが多いです。

一番右はLanguageのチュニック。(過去記事)グリーンも買ったけど、こっちのほうがダンゼン出番が多いです。ショートパンツと合わせることが多いけど、デニムのサロペットとも相性ヨシ。スッケスケなのでインナー必須。暑い時期はチューブトップとかを下に着てましたけど、これからの時期はタートルのニットとかを下に着ます。


で、飛ばしていた左から2番目のワンピースがニューフェイス。
前回、集英社のFRAG SHOPについて触れましたが、これもFRAG SHOPで取り扱われてたんですー。⇒


MOREとのコラボなんだって。
20081004_10.jpg
「Ouvrage Classe」っていうブランド名すら知らなかったんですけどね…。



夏場はオサレ指数が底辺…つーかむしろ盆地なので、ラクーな格好ばかりしちゃうんですけど、この服を着てあいちんに会ったら

あいちん 「あたし、奈々ちんのそういう格好が一番好き」

とお褒めの言葉をいただく。
↑に載せてるMERCURYDUOのワンピースとかも、あいちん絶賛なんですよねー。
たぶんね、アイボリーとかベージュ系の色って、自分の肌色に合ってるんですよね。こういう系の色着てると、いつもよりぐっと顔色が冴えるし、肌色が白く見えるし、清潔感も出るしで、いいことづくめの鉄板ワンピース、略してテツワンなのであります。
これからも、似たようなのを見つけたら買っちゃうんだろうな?。


20081006_1.jpg
SERMONETAのグローブ、これにも合わせる予定+.゜+.゜(´∀`*)+.゜+.゜


ブログランキング
気が向いたらクリックおねがいしまっす(ノ∀`*)ゝ

ついでにこちらも★
rankingbanner05.gif
GBCランキング


左下の「拍手ボタン」も訪問ついでに押して行ってくださるととっても励みになります。
気が向いたら是非(´∀`*)

モアモア

表参道駅を利用される方ならご存知かと思いますが、表参道駅の構内は、いつも、なんらかの広告でジャックされています。
雑誌の広告だったり、テレビ番組の広告だったり、ブランドの広告だったり、化粧品の広告だったり。そう言えば、バレンタイン期間はGODIVAの広告でジャックされていました。

で。最近、表参道をジャックしていたのが、「MORE」の広告。
「MORE」って、生まれてから一度も買ったことのない雑誌のひとつだったんですが、ナオちゃん(ちゃん呼ばわり)が着ていた千鳥格子のジャケットが気になったので、生まれて初めてMOREを買ってみた。



で、これが、表参道内にででんと貼られていたポスターと同じ写真。
20081004_7.jpg


でね。このジャケット、1万ちょいなんですよ。やすーい!
しかもしかも、知らなかったんですけど、MOREも含む、集英社刊の雑誌に掲載されていた商品が「FRAG SHOP」っていうオンラインショップで買えるみたいで、さっそく覗いてみた。
SPUR掲載のこのコートとかこのグローブとかかわいー。

奈々っぺが気になったナオちゃん着用のジャケットも、取り扱っておりました。⇒
が。奈々っぺが覗いた時には売り切れてて、再入荷についての記載もなかったので、他を検索し、マガシークで注文。


で、届いた。
20081004_6.jpg


仕事行く前に届いて、そのときしてた格好の上からそんまま羽織って撮っただけなので、インナーとボトムの組み合わせとか兼ね合いとか、全然考えてないです。すんません。
このジャケットにこないだ買ったSERMONETAのグローブを合わせたい?+.゜+.゜(´∀`*)+.゜+.゜

で、このジャケットって、スナップの大きさが特大なんですね。
理由はわかんないんですけど、あたし、なーんか「デカいスナップ」好きなんですよね。
スナップに限らず、ボタンとか、デニムの金具(あれ、なんて呼ぶの?)が大きいと、気に入る傾向にあるようです。


気付くと集まっていた。不思議。
20081004_8_2.jpg


ブログランキング
気が向いたらクリックおねがいしまっす(ノ∀`*)ゝ

ついでにこちらも★
rankingbanner05.gif
GBCランキング


左下の「拍手ボタン」も訪問ついでに押して行ってくださるととっても励みになります。
気が向いたら是非(´∀`*)



SERMONETA GLOVES

まだ写真撮ってないけど、
マーキュリーデュオで衝動買いしたワンピース。
pc_aw08m8120w041_1.jpg
あたしはオフホワイトを購入しました。


ブロックチェックの「何か」が欲しかったもので。
秋物、着々と投入中です。
モノトーンが好きなのは相変わらずですが、クラシカルテイスト・レトロテイストが好きなのも相変わらず。
そういえば、載せてなかったけど、随分前にココで「買えなかった」と嘆いていたDURASのワンピースは、嘆いた数日後に買えたのでありました。買えた時にはもう3月だったので、なんだかんだと薄着になっていき、あんまり出番なかった。なので今年の秋冬も着る予定。

それはいいとして。今回衝動買いしたワンピースにしてもそうなんだけど、五分とか七分とかの袖の服が好きで、そんで、寒くなってきたら、七分袖や五分袖の服に合う、シックな手袋をはめたいなーと、ずっと思っていたんですね。
SATCの映画の中では、キャリーがすごく可愛くグローブを合わせてて、その可愛さに動機息切れ。

20081004_1.jpg


去年の末くらいにレザーのロンググローブ買ったけど、やっぱ、安いと、フィット感がよろしくない。
まあでも、まだ10月だし、おいおい探していくかー、くらいに思っていたんですが、先週の土曜日、六本木ヒルズのエストネーションにふらーっと寄りましたら、色のきれいなレザーのグローブたちがばーっと陳列されていたので、何の気なしに見てみた。

キルティングっぽいのやら、ボッテガ風に編みこんであるのやら、いろいろと種類はありましたが、ほとんど2万超えだった上に、あたしが欲しいと思っているのは、ほんとに何も凝ってない、シンプルな黒のレザーグローブだったんで「ナシナシ」と思って撤退しようとしていたところ、店員さんに捕まる。(毎度のこと)

捕まりながら目を泳がせていたら、あたしの真後ろに、まさに凝ったところがなにもない、シンプルの極み、みたいなグローブがあることに気付いて「あー、こういうののほうが好きだなー」と言ってたら、試着をすすめられる。え、でも。と思ったけど、

「まあ…でも…これも高いだろうし。どうせ買わないし。着けてみるだけ」

と試着しちゃったもんだからさあ大変。

えー、なにこのフィット感ー!!
きもちいー!
すっげ、手がきれいに見えるー!!

それはヤギの皮を使ったSermoneta(セルモネータ)というイタリアブランドのグローブで、あたしは知らなかったんですけど、本国ではすんごく有名らしく、イタリアではNO.1のグローブメーカーであるらしい。ローマに本店があるそうなのですが、ローマの本店では1日に1000組以上売れることもあるんだって。

フィッターさん曰く、ラムレザーは、「馴染む」のではなく、悪い意味で伸びてしまうそうなのですが、ヤギのレザーは悪伸び(?)せず、きれいに馴染んでいくのだそう。しかもね、ちゃんと「サイズ」があるの。あたしの場合はSサイズでした。
そんでもってこのグローブ、ヤギ1頭から1組しか作れないんだって。

そんなこと聞いちゃったらなおさら高そうだ、と思って、「ちなみにおいくらなんですか」と聞いたら、そのごくごくシンプルな、一番あたし好みだったグローブは1万ちょいだった。
2万はするだろうと思っていたのに、突然の肩透かし。ええええ。買えちゃうよー!!


ま、そうなるよね。
IMG_2818_edited-1.jpg

IMG_2820_edited-1.jpg

IMG_2821_edited-1.jpg



自分でつける分にしてももちろん大満足なんだけど、あたしはこれを、誰かにプレゼントしたい!!って思いました。母親とか父親とか。ギフトとしてすごく最適な感じがする。
あー、はやくこのグローブをワンピースに合わせたいよー!
しかも、最近買ったアウターもまた、このグローブと合う感じなんですー!アウターはまた次の機会に。今年の秋冬はグローブとか千鳥格子とか取り入れてレトロな格好したい。
あと今欲しいのが、ボリュームのある黒のミニスカ。それに濃いグレーのタートルと黒タイツ合わせたいー。ああ、秋冬になると俄然元気になってしまう。


帰ってきてエストネーションのサイト見て知ったんだけど、Sermonetaのグローブを取り扱うのは、1月末までで、取扱開始日があたしが行った日の前日(10月3日)だったみたいです。始まったばっかりだったのか。そんでもって、エストネーションでは、毎年Sermonetaを扱ってるんだって。一度試着すると欲しくなること間違いなしですー。


楽天でも東レのショップで取り扱ってます。奈々っぺのはたぶんコレ
サイト見て思ったんですけど…「山羊」って書いてあるのに「シープスキン」って書かれてるのはなんで???ヤギのこともシープって言うの?



ブログランキング
気が向いたらクリックおねがいしまっす(ノ∀`*)ゝ

ついでにこちらも★
rankingbanner05.gif
GBCランキング


左下の「拍手ボタン」も訪問ついでに押して行ってくださるととっても励みになります。
気が向いたら是非(´∀`*)



サミットいろいろ。

週末のイロイロ。

◆ 金曜日、黒田屋にて、あたしの保護者的存在である、ステキングジェントルのYさまとサミット

ウニ焼き・キノコ盛り・出し巻き卵・伊勢海老・黒毛和牛を食す。が、食べるのと話すのに夢中で、一番最初に出てきたウニ焼きしか撮れず。ビール2杯、日本酒1合を飲み、その後、一人でバーに行って(何故!!)飲み直す。

20081004_4.jpg



◆ 土曜日、西麻布・六本木で男友達とサミット

西麻布をウロウロしているときに男友達から電話。


男友達 :「ビールが飲みたいんだけど」


どこに居るのか尋ねたら、新宿御苑の近くに居ると言う。


奈々っぺ:「付きあってもいいけど、あたし、西麻布から動かないよ」


男友達 :「…………」


話し合いの末、六本木で手を打つ。


六本木で軽く食事を終えた後、西麻布まで移動し、初めて行くバーで飲み直す。
新規開拓のお店、なかなかよかったです。しかし、西麻布4丁目はハシゴがしやすくていいね!

20081004_5.jpg
↑ある程度食べ終わった後、思い出したように撮ったので、ほぼ残骸。



◆ 日曜日、あいちんと女子サミット&ライブ観覧。

奈々っぺも顔見知りの、あいちんのサポートメンバーがライブをやるというので、見に行くことに。
ライブは夜からなので、ライブ前にSATCの映画を見よう、と約束していたのに、まんまと寝坊。
あいちんに平謝りして、待ち合わせ時間を、映画終了後に変更してもらう。(ちなみにあいちんは、一人で映画見てます。ほんとにすみません…)

夕方6時半、新宿であいちんと合流。

新宿に行くと高確率で立ち寄るフラッグスカフェで食事しつつ、女子サミット。

あいちんのブログにも書いてありますが、あいちんと立ち寄ろうとした日は、今まで何度もあったのに、なぜか、あいちんと居る時はいつも並んでたので、ほかに行ってたんですよね。あたしが一人で行く時はいつも入れるのに。招き猫?>あいちん

20081006_2.jpg


食事を済ませたあと、御苑近くにあるライブハウスへ移動して、ライブを観覧。

ライブ観覧後は、再びあいちんとお茶しながら女子サミット。
「イケメン」について考えてみる。
あたしもあいちんも「1回くらい、超顔の良い若い男子と付き合ってみたい」と口には出すものの、誰もが男前と思う男子を好きになったことがない。

かっこいい男の子を見て「かっこいいなー」と思う感覚はあるんだけど、若くてかっこいい男の子とどーにかこーにかなってる自分がまったく想像出来ない。
若い男の子って、痩せてる人多いじゃないですか。ちゃんと、鍛えられた筋肉が作った凹凸なのか、脂肪が少ないから凹凸があるように見えるのか、どっちか分からない、あの、削がれた体型が、どーーにも、興奮しないんですよねー。(言葉選べ)
むしろ、腰まわりにちょっと肉ついてきちゃった、みたいな体型のほうが愛着がわく。
ジャニ系のカッコカワイイ男子と自分がどーにかこーにかなってるところはまるで想像出来ないし、「…無いな」って思うけど(それは相手のセリフだ)、北村弁護士はアリだと思うあたしです。むしろ積極的に抱かれたいと思うあたしです。(マジか)
ちなみにあいちんは「板尾さんがいい〜★」って言ってました。揃いも揃ってコメントしづらいチョイスですまんね。

でね、男前って「初対面マックス」なんですよ。印象が。だから、接してると、意識してなくても「減点法」な見方になってしまうという。
ブサイ…いえ、味のある顔をしている男の人っていうのは、初対面マックスじゃなくて、「加点法」なんですよね。顔以外のいいところって、接してるうちに、徐々に見えてくるものだから、「ああ、この人、魚の食べ方がきれいなんだ…」とか、「この人、ビニ傘じゃなくてちゃんとマイ傘持ってる!!」とか、そういうのも、プラスになっていくわけですよ。わけですよ、って、一般論かの如く言っちゃってますけど。そんなことでときめいてしまう女ですみません。

逆に、男前って「顔カッコイイのに、この人、笑うとたまにブタ鼻になる…」とか、「この人、顔カッコイイのに、『モデル』のこと『デルモ』って言ったー!『メガネ』のこと『ガネメ』って言ったー!!『男』のこと『ヤロウ』って言ったー!!!え、じゃあなに?『女』のこと『ナオン』って言っちゃったりするの?いや、それどころか『スケ』だったりしたらどうしよー!!ププー!!」とか思って引いちゃうわけですよ。

っていう話をあいちんと一通りして爆笑したあと、唐突に溜息ついて一言。










あたしたち、自分の顔見てもの言おうか。







質問系コメントのお返事

質問系だけ簡単に、取り急ぎお答えさせていただこうかと思い、この記事の追記に書いておきました。質問系のコメントをなさった方は、お時間のあるときにでもご覧になってくださいませ〜。




+ Read More

オトメンテナンス

土曜日、サントリー美術館からカフェへ移動し、一息ついたあと、久しぶりに六本木ヒルズでも寄ってから西麻布に行こうかなー…と思いながら、ミッドタウンを後にしようと出口へ向かっていたら、なんとなく、1階にあるブルーベルのフレグランスカウンターが目に留まる。

オンラインショップではやたら品切れをかましているクロエの香水が、いっぱいあるではありませんか。
一度香りをかぎたいと思っていたマークのデイジーも並んでいたので、なんとなく寄り道してみる。

ちなみに、昔、マークから初めて発売された香水であるコレは、奈々っぺの愛用香水の一つ。これも一時はすんごい品薄でしたよねー。楽天内はどっこも売りきれだったから、i Beauty Storeで買ったもんなー。今は割とありますね。⇒
ガーデニアの香りが好きなんですけど、夏場はちょっと重くて避けていた。でも最近涼しくなってきたので、出番が増えています。この日につけていたのもマークでした。

クロエはボトルの可愛さにやられそうになったけど、冷静に考えてみて、ぴったり好みの香りというわけではなかったので見送り、デイジーはデイジーでいい香りなんだけど、決め手に欠けて、こちらも見送り。

でもやっぱり、クロエのパケは、かわいい。
持ってるだけで、上がりそう。

な、わけで、香水は買いませんでしたが、これを、買ってしまいました。



クロエのボディローションーーーーっ。
ああ、見てるだけでシアワセなパケ…。



20081005_1.jpg



しかも、店員さん曰く、保湿力もなかなかだそう。
ちょーど、クリームよりもライトな使い心地のボディケアもの欲しいー、と思ってたので即決でした。
楽天で探してみたけど、全部売り切れでした…。⇒



ほくほくした気分で店員さんがパッキングしているのを眺めていたら、


店員さん 「普段は、どういった香りのものをお使いですか?」


奈々っぺ 「あ、今日はまさに、ソコにあるのと同じ、マークのやつ使ってます」


店員さん 「あ、どうもありがとうございます。お客様、こちらのボディローションがあるの、ご存知ですか?」


奈々っぺ 「え?」


そこでゴソゴソと出されてしまったのが、奈々っぺが使っているマーク香水と同じ香りのボディローション。


店員さん 「よかったら、どうぞ」


と、手に塗って試される。


嗅いでみる。


あたりまえだけど、奈々っぺが使ってるマークの香水と同じ香り。


すなわち、奈々っぺの好きな香り。
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・ 
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

「あの、それも一緒にお願いします。」


だ、だって…、今更「じゃあクロエ無しで」とか言える雰囲気じゃなかったんだもん…。ていうか、両方持って帰りたかったんだもん…。店員さんも、すんごくかわいくて親切でさー!!



というわけでお持ち帰り。



20081005_7.jpg


左は愛用中の香水。



店員さんが、これはけっこうレアな商品で、入ってきてもすぐ売り切れる上に、次の入荷は毎回未定なんですー、みたいなこと言ってたんですけど、「ま〜たぁ〜」とか思ってて、帰ってきてネットで検索してみたんですが、たしかに出てこなかった。見つけきれなかっただけかもしれないけど。@コスメでもクチコミ2件だけ…。



使うのがたのしみー!!


20081005_8.jpg



あ、ちなみに、そのあとに寄った六本木ヒルズのエストネーションにも
クロエの香水いっぱい置いてありました。



2008.12.21追記
その後、まんまと買ってしまいました





tokyo PICASSO

9月下旬、電車に乗っていた時に、なんとなーく見上げた視点の先にあった、車内の広告。

それは一枚の広告で、国立新美術館と、サントリー美術館で同時開催される「巨匠ピカソ展」の案内が、半々で記されていました。
左側が国立新美術館の詳細、右側がサントリー美術館の詳細で、両端には「目玉」と思われる、趣の違った別々の絵が載っていたんです。あたしの目に留まったのは、右側の絵。それは、サントリー美術館に展示されるのであろう、男性の肖像画でした。

こういうこと言うと、「イタイ人」って思われそうなんだけど、あたしはその広告を目にしたとき、男性の肖像画と、「目が合った」って思ったんです。
じっと見てるとますます目が離せなくなって、ぜひこの絵の実物を見てみたい、見に行こう、と思いました。

ちょうどその数日後、本屋に寄ったら、雑誌「Pen」が、ピカソの特集を組んでいたので、予習復習用に買ってみようかなー、と思いながらパラパラと立ち読んでみた。

あたしが知ってるピカソ情報と言えば、「青の時代」があったとか、作品で言えば「海辺の母子像」、「ゲルニカ」を知ってるくらいで、そのほかに知ってるのは、年の離れたジャクリーヌを後妻に迎えて晩年を送った、とか、そんな程度。
だから、今回の「魂のポートレート展」の広告に使われていた男性の肖像画がなんなのかも、全く知らなかったんですね。

「Pen」をぱらぱらとめくっていたら、広告に使われていた男性の肖像画も紹介されていました。
「日本初公開」という紹介文を読んで「へえ〜…」と思った直後、この絵のタイトルを見て、戦慄が走りました。

なんでかっていうと、あたしが、「目が合った」と思って、目が離せなくなった男性の肖像画が、ピカソの自画像だったから。


それがこの絵。
20081005_2.jpg
「自画像」 

「亡くなった友人、カサジェマスを思いながら青を用い始めた」とピカソは語っている。1901年のこの自画像は青の時代、20歳の時の作品で日本初公開。自画像をテーマにしたサントリー美術館の展示の冒頭を飾る代表作だ。(雑誌「Pen」10/15号P75より抜粋)



きっと、人が聞いたらバカバカしいんだろうけど、その絵が自画像であるという事実を知ったとき、「あたし、ピカソと目が合ったんだ!!」って思ったんです。ね。バカでしょ。でも、ほんとにそう思ったの。
もとから見に行く気でいたけど、これは絶対に絶対に見に行かなくてはいけない気がしました。
そんでもって、行くなら、展覧会の初日に見に行こうと決めたのであります。

以前も、ブログの中で引用したことがありますが、「怖い絵」という、絵画のメタファーなどを紐解いてある本の中で、

小説ではあるが、『フランダースの犬』の中で主人公ネロが、ルーベンスの『キリスト昇架』を見たくてたまらず、ついに無断で教会へもぐり込んでこの傑作を目の当たりにした時、『ああ、神さま、もうぼくは死んでもいい』とまで思う。それほどの深い満足を与える力が、かつて絵画にはあったのだ。



という一文があり、この内容に、とてもゆさぶられたんですね。
あたしは、絵の良し悪しなんてまったくわからないし、おそらく、これからも、わからないと思う。
だけど、自分が何かしら心を動かされたのであれば、それに抗う必要なんて全くなくて、むしろ、素直に従ってみようと思ったんです。企画展の封切日に、美術館を一人で訪れてみようなんて思ったのは、人生初だったし、思っただけじゃなくて、モノグサが服を着て歩いているようなあたしがそれを行動に移したのだから、これが、「絵の力」なのかなって思いました。

絵画のスゴさなんてまったくわからなかったし、小学生の頃なんて、誰かがワザと変な絵を描けば「あ、ピカソだピカソだ」とかちょっとバカにして言ってたくらいですから(あたしだけでなくね)、ピカソに尊敬の念を持ったことは一度もなく、有名すぎるほどに有名だけど、ピカソの絵を好きだと思ったことなんて一度もなかった。

ポーラ美術館に行った時に、海辺の母子像の実物を見て、同行者が「この赤を描きたかったんだよね。ピカソは」って、母親の持つ一輪の赤い花を指したときに、ピカソのおかげというより、同行者の注釈のおかげで、ほんの少し絵の持つ奥行を感じられて「へ〜」と思ったくらいで。

でも、今回、ピカソの友人だったというカサジェマスの、簡単な背景を美術館で知ったからというのもあったのでしょうが、この自画像を見たときに、「絵を見て目頭が熱くなる」という初めての経験を味わいました。
カサジェマスは、悲恋の末に、自分で引き金を引いてこめかみを撃ち、若くしてその生涯を終えたのだそう。今回の、サントリー美術館での展覧会では、「カサジェマスの死」という、こめかみに銃弾の跡の残る、息を引き取った後のカサジェマスを描いた絵も展示されていました。

ナマの絵に迫力があるとかそんなんじゃなくて、いや、もちろん、もりもり描かれた油絵なんかは、絵の具による凹凸なんかもわかって、迫力ありますけど、それよりも、実際に、このキャンバスの前に、画家本人が立っていた時間もあったのだということに思いが巡らされて、感慨を覚えますね。
見たことのないアトリエの風景なんかも想像しちゃって、そのときの気候はどうだったんだろう、とか、描いているときにジャクリーヌなり、過去の恋人なりが、「ピカソ、お茶入りましたよー」なんて声をかけてくることもあったのかな、とか思ったりして。

描いた画家自身が没した後に、他人がアレコレと憶測で論じている評って、ちょっと白けた目で見てしまうし、画家本人が絵に込めた真意を他人が読み取るなんて無理なんじゃないの、と思っているので、絵画のメタファーとかはどうでもいいんだけど(まあ、多少思いを馳せてみることはありますが)、単純に「あ、いいな」とか「あ、これ好きだな」くらいの感覚で、これからも、目に留まったものだけをちまちまと見に行けたらいいなって思っています。
好きか嫌いか、気になるか気にならないか、絵を見る時の心持なんて、そんなんでいいんじゃないのかなーと、思う、アート音痴の奈々っぺなのでした。


「海辺の母子像」
20081005_6.jpg



「ゲルニカ」
20081005_5.jpg



サントリー美術館入り口。
20081004_3.jpg


今回の展覧会「巨匠ピカソ愛と創造の軌跡/魂のポートレート」の図録は美術館で購入。
(図録は、サントリー美術館のオンラインショップで買えるみたいです。)
下は、数日前に買った「Pen」。
IMG_2822_edited-1.jpg




PLAY BOYでもピカソの特集組まれてました。







エアデート

20081004181829
電車の中で見た告知ポスター

初日に行こうと決めていた

サントリー美術館のピカソ展。

休日だけど

ちゃんと午前中に起きて

家事を済ませて

ミッドタウンくんだりまで。

一人じゃないよ。

エアデートだよ。(物は言いよう)

見終わって、一息中。

ミッドタウンの前は、

毎日のように通るのに

飲食店以外のテナントが

ちゃんと機能している時間帯に

来たのは初めてです。

一息ついたら

西麻布に飲みに行く予定。

今日は新規開拓するつもり。

行ったことのないお店は

月or土曜日に赴くべし。

にしてもこのバーガー、

女子の敵のような食べ物。

どうやっても

きれいに食べられない。

エアデートでよかった。
●過去ログランダム表示●



●愛用品ログ一覧●

fc2blog_20141114011140e3d.jpgfc2blog_20131215083012ca2.jpg
fc2blog_20150213013703f08.jpgfc2blog_201502101300178da.jpgfc2blog_20131222133640db6.jpgfc2blog_201311011114277ba.jpg
fc2blog_20131105124305216.jpgfc2blog_201311180228231b1.jpgfc2blog_20140401035020166.jpgfc2blog_20140419115949bdb.jpg
fc2blog_201311041253183ac.jpgfc2blog_20131104125241c83.jpgfc2blog_201311011115436b2.jpgfc2blog_20131101111556736.jpg
fc2blog_201311051132592b6.jpgfc2blog_20131101124245813.jpgfc2blog_201401071218522a5.jpgfc2blog_201311011241517f7.jpg
fc2blog_201311011242226d3.jpgfc2blog_201401111255144ca.jpgfc2blog_2013112812265944b.jpgfc2blog_20140408054901db4.jpg
fc2blog_20140505162514765.jpgfc2blog_20131119022911a17.jpgfc2blog_20131123141106243.jpgfc2blog_2013110612513398a.jpg
search
profile

奈々

Author:奈々
82年製。

instagram @18nana
Twitter @r18nana_2

「30代なに着る?」アンケート。
ads
楽天
all categories/all archives
 
calendar
09 | 2008/10 | 11
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
links
このブログをリンクに追加する
R