ファッションHulu

fc2blog_201510261052582e5.jpg


+ Read More

愛していると言ってくれ

fc2blog_20140126164720bca.jpg


+ Read More

エアデート

3時間睡眠で死にそうになりながら朝イチでエステ(脱毛)へ。
すっぴんだし眠いしエステ行ったら帰って寝よ…とか思ってたんですが、一度外に出てしまえばせっかくの休日、せっかくの早い時間、有効に使わないともったいない。
Echicaで休憩しつつiPhone片手に作戦会議。
TABアプリで最寄りのイベントを検索している時にハッとする。今日水曜日だ。


そうだ。京都行こう。


じゃなかった。間違えた。


そうだ。映画観よう。


ってことで表参道から電車で乃木坂へ移動し、乃木坂から雨の中てくてく歩いて六本木ヒルズまで。

目的だった「NINE」を観終わってもまだ15時台で、せっかくのレディースデーなのだからと続けて「噂のモーガン夫妻」まで観てきた。
一人で暇持て余してたわけじゃなりません。エアデートです。


334837_001.jpg


「NINE」観たらものすごく「Chicago」を見なおしたくなってきた。近々借りてこよ。
女性キャストの中では若い女優陣よりもDANZENソフィア・ローレンと、ジュディ・デンチに目を奪われた。
堂々とした美しさと圧倒的な存在感のソフィア・ローレン。立ってるだけで粋。あれで75歳ってカッコよすぎる。「ひまわり」まで観たくなってきた。
プロフィール見てびっくり。ジュディ・デンチも同じく75歳なのですね。ソフィア・ローレンとはまた違った年の召され方ですがめちゃくちゃチャーミングだった。
ジュディ・デンチは007での「神経質で厳格そうな人」っていう印象が強すぎて今まで全く注目したことのない女優さんだったんですが、NINEの中のジュディは面倒見が良くて愛に満ちててユーモアがあってすごくキュートだった。ボブの髪型も似合ってて可愛かった。
ジュディ(ていうかリリー)に対してのグイドの心開いている感が見てて微笑ましくて、二人の関係性には羨ましさすら感じてしまった。あーいうの、いいなあ。
自分が70をいくばくか過ぎた頃に、外ではシカッと働きつつ色気振りまいてる50代の男性から、コアプライベートで少年のような弱さと可愛げを見せられたりしたら愛しくてしょうがないだろうなあ。ああ、fly away妄想。

すんごい踊れるケイト・ハドソンにびっくりし、相変わらず美しいニコールキッドマンにため息。なんなんですかね、あのルックス。えこ贔屓されすぎだろう。ファーギーもかっこよかったしペネロペも相変わらず小悪魔な感じで可愛かった。
て言うかハッ!!!映画観ても何も気づいてなかった。ペネロペとニコールが共演って、考えてみると、スゴイことだね。


uwasano_new_kari_main_large.jpg


モーガン夫妻は、熱烈SJPファンでなければDVDで問題なし。というのが正直な感想です。(これ以上はもう語らない)
どっちの映画でも本篇前にSATC2の予告が流れてそれだけでもう涙。
SATC2とアリスがすごく観たい。
第9地区」、B級フレーバー漂いすぎてて予告見ただけで半笑いっつーか吹きそうになったんだけど、アカデミー賞4部門もノミネートってマジですか。


帰りにFreeTEMPO名義最後のアルバムらしい「Life」と、店内に居た時に流れてて気になった「Cinematic Funk」を購入。


 


王将で餃子と炒飯と麻婆豆腐買って帰宅。

タクシーも一切使わず、自分的には100点の休日でした。




全然関係ないけど
使い始めたアクアベルタ



近々詳しく書きたいんだけど、一言で言ってめちゃくちゃ良いーー!!
そして酒飲みでモノグサで最低に最悪なアレをちょくちょくやってしまう女子にはめちゃくちゃ優しい!!
※最低に最悪なアレ=酔って帰ってきてめんどくさくて化粧水つけないどころか落としもしないで寝るアレ。
どう優しいかって言うのはまた次回にでも。

アクアベルタ買いました?ってブログに書いてたら愛用者の方から「『スノーウィーソープ』との組み合わせが最高」とコメントをいただき(calmさんありがとうございました!)、すっごく気になっている。
@コスメ見ててシーランの「エンハンシャル洗顔粉」もすごく気になった。
化粧水変えたことだし洗顔も見直そうかなと今リサーチ中です。



banner_11.gif


rankingbanner05.gif



引きこもり連休

「人のセックスを笑うな」と「クワイエットルームへようこそ」と「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」のDVDを借りてきて、ほぼ引きこもっていた連休。

3つとも、原作を先に読んでいる。
「人の...」なんて、初版が出たころに買ってるから「いったいいつのだ?」と思って、久しぶりに本を手に取ってみたんですけど、2004年だって。ぎゃふーん。もうそんな経つの?
ほんとかどうかわかりませんが、山崎ナオコーラさんは、過去に、「R-18文学賞」に応募して落選したことがあるって聞いたんだけど、ほんとなのかな。

「腑抜けども...」は今日、これから見るんですが、「人の....」に関しては、やっぱなあ…映画を見るなら原作読まないほうがいいんだろうなあ...と思ってしまった。
永作ちゃんは、かわいい。永作ちゃんが「ユリちゃん」をやるって知った時にも「お、合うんじゃない?」って思ったんだけど、やっぱ、ちょっと違った。あくまであたしの思うユリちゃんと、なんですけど。松山ケンイチさんの演じる「みるめくん」とじゃれあっているシーンは「いいなあ!」って思うくらいに微笑ましかった…が、「みるめくん」があの若さだと、あたしももうどうしても「ユリちゃん目線」で見てしまうので、「まあ…長続きはしないよね」と、なんだか冷静な目で見てしまった。2004年に読んだ時には、あたしは完全に「みるめくん目線」だったはずだったんだけどな。

「ハッピーマニア」の中で、シゲカヨがためちんと初めて会った時、今にも「好きオーラ」を放出させてしまいそうで、

「相手を好きな自分」より「カワイイ自分保持」に集中しなくては

って、自分を戒めるシーンがあるんだけど、このシーンを見たとき、リアルだなあ…としみじみ思った。
なんというか、男女の間にある、愛情に関しての不等号に、人は、思ってる以上に敏感じゃなかろうか。そして特にそれは、「相手の愛情<自分の愛情」の時よりも、「相手の愛情>自分の愛情」のときのほうが、より敏感に察知出来てしまう。

相手の愛情よりも、自分の愛情のほうが大きい時というのは、焦る。だけど、だからこそ夢中になってしまう。だって、「焦る」と「焦がす」は同じ字だもん。
自分の愛情よりも相手の愛情が大きい時には、相手を「好き」だという思いはあっても、その思いは随分と穏やかで、何も見えないくらいに夢中になって、眠れなくなるほど身を焦がす、って、ないと思う。

みるめくんはまっすぐに「相手を好きな自分」を出していて、そのひたむきさにほろりとさせられる反面、これをリアルに置き換えたら…と無粋なことをやってみると、「うーん…。いじらしいとは思うけど、全てを振り切ってまで一緒になりたいとは思わないよなあ」などと思ってしまう自分もいる。そしてユリちゃんも、そうだったんだろうと思う。
ほんと、映画とか音楽とか文学とか、五感から入ってくるエンターテイメントって、目耳にした時間が違えば、受け取り方も変わってきますよね。その受け取り方が自分のバロメーターみたいでおもしろいんだけど。

松山ケンイチさんには、全然興味無かったけど、角川文庫のこのポスターはすごくかっこいいと思う。

20081013_1.jpg

60年分の 愛とか 夢とか 絶望とか。

っていう惹句も印象的。


「クワイエット...」のほうは面白かった。原作の端折り方がウマイ!原作の雰囲気を崩さず、映画の流れに支障をきたさない展開で、素直に楽しめました。原作を書いたのが松尾スズキさんで、監督をやっているのが松尾スズキさんだからうまく折り合いをつけられたのかなとも思うけど、でも、逆に、自分が原作を書いたものって、本になるまでに、すでに散々推敲しているわけだから、端折りたくないことのほうが多いはずで、自分でやるんだったら人に削ってもらうほうが気持ち的には楽なんじゃないかという気がする。楽というのは「削りたくないけど削る、っていう人がいるんだからしょうがないじゃん」みたいに、「気持ちがおさめやすい」という意味で。
俯瞰から見て冷静にトリミングし直す作業と言うのは、きっと、想像以上に切なく心苦しいことなんじゃないかなと思います。だって自分が書いた文章だもの。自分が思いを巡らせて作り出したシーンだもの。いや、意外と、その作業を行うことによってカタルシスを得られるのかも??んー。わかんない。本人のことは、本人にしか。

そして内田有紀さん。あれだけカラーレスなメイクなのに、あれだけ顔のパーツがくっきりしてるって、すごい。よく見ると、いやよく見なくても男顔なんだけど、ぱっくり割れた目頭とか、インクつけて画用紙に載せたら版画になりそうなくっきり二重に目が釘付けになります。パンクな衣装もよく似合ってて可愛かった。

    


さ。今から「腑抜けども....」見て、また来週1週間がんばります。


ブログランキング
気が向いたらクリックおねがいしまっす(ノ∀`*)ゝ

ついでにこちらも★
rankingbanner05.gif
GBCランキング


左下の「拍手ボタン」も訪問ついでに押して行ってくださるととっても励みになります。
気が向いたら是非(´∀`*)



ときめきナナリアル。

ぷちっとご無沙汰しております。
気付けば1週間ぶりの更新。
最近こんなの買いました。


20080308_2.jpg
FUJIWARA’Sカット!!吉本超合金 COMPLETE DVD-BOX


奈々っぺ的に思い入れの強いの番組である「吉本超合金」のDVD。「ときめきメモリアル」ならぬ、「ときめきナナリアル」の1ページを飾る番組です。
これ、ずっと前にVHSのほうを買って持ってたんですけど…って発売日見てびびった。2003年だって!!!だけどこれ、DVD化されるまでに結構な時間が経ってた気がする。放送終了したのっていつだったのかな。
さておき、これのVHSを人に貸したら4年くらい経つ今も戻って来てない上に、我が家には今VHSの再生機器がない。
でも久しぶりに見たくなって、なんとなく楽天で検索してたら20%offで売ってたので買ってしまいました。

関東では放送されてなかったんだっけかな。
奈々っぺの地元福岡では大阪の2、3週間遅れで深夜に放送されてて、夜中に見つつ、翌日は録画したのを再度見つつ、げらげら笑ってた覚えがあります。
当時、全国的にはまだまだ無名だったバッファロー吾郎やケンコバもよく出てました。バッファロー吾郎もケンコバも大好き。

超合金の何が好きだったかって、あの泥臭さ。
通称「ラブゲーム」と呼ばれる要は罰ゲームの内容がローカル色全開の泥臭さで、芸人さんとは本来こういうことを遂行するべき人たちなのではないか、と思えるものばかりでした。

だってね、例えばね、地上1.5メートルくらいの高さから地面と平行に伸ばした足、のスネ、に向かって分厚い国語辞典を落としたりするんだよ。
画面的には超地味なのにリアルに痛そう。リアルに痛そうなのに超地味な画面。
なんか、その辺の公園とか土手でロケやってそうなスケールの小ささがが好きでした。



改めて見て驚いたのが、当時のFUJIWARAってあんなに若かったのか、ってことでした。




ブログランキング
気が向いたらクリックおねがいしまっす(ノ∀`*)ゝ

ついでにこちらも★
rankingbanner05.gif
GBCランキング


左下の「拍手ボタン」も訪問ついでに押して行ってくださるととっても励みになります。
気が向いたら是非(´∀`*)




見隊聞き隊。

奈々っぺももうよい大人。女子中学生や女子高校生から見れば完全にミドルエイジであります。

の割に蓄えておかなければならないはずの知識は乏しすぎるほどに乏しく、勉強して来たはずの事もだだ漏れさせて垂れ流す一方。

そんなわけで一般常識+時事問題集を買い、今こつこつと勉強し直しているところであります。

総合適性検査(いわゆるSPI)対策の問題集なのであらゆるジャンルの問題がおさめられているんですけども、もうね、こうも解けないと「自分にがっかり…」とか通り越して吐き気を催すね。

昨日渋谷のツタヤで買って、その後ツタヤ内のワイヤードカフェで一人もくもくとやってたんですけども、途中から目眩がしてきたよ。動悸が激しくなったよ。一人えずいていたよ。

とりあえず奈々っぺの好きな漢字からやろうと、漢字のページを開いてみた奈々っぺ。


次の漢字の読みを答えなさい。

問1:趨勢

問2:膏肓

問3:驟雨




…………チラリ。(←解答を見ている)



問1の答え:すうせい

問2の答え:こうこう

問3の答え:しゅうう



あ〜〜ね!すうせいね!こうこうね!しゅううね!


……ってならねえ!!!絶対ならねえ!!!!

「あ〜〜ね!」じゃねえよ。

解答見ても全然しっくりこねえよ。


にしても、日本史の問題とか見てると懐かし過ぎてもう笑っちゃうね。

なんかもう、出てくるワードの一つ一つがグッとくるね。

「租・庸・調(そ・よう・ちょう)」

なんて見ると「でーーーたー!!!(笑)」って変なテンションになるね。

「墾田永年私財法」

なんて出て来た日にはもう何かが振り切れるね。

ツーショ撮りたくなるね。



そして本日の本題。

もう随分前に手元に届いてたのですが機会を逃してて記事にしてなかったこちら。



oooku2.jpg



映画大奥のDVD。

mixiのほうではちらと触れたのですが「プラダを着た悪魔」とかとはまた違ったおもむきの「女子の好き」がぎゅっと詰まった映画。

とにかく色が綺麗。女中たちの着てる着物、背景に映り込む風車、金魚鉢、屏風エトセトラ。どれもまー雅やかで見目麗しい。

そしてまたこのDVDのパケも素晴らしい。上の写真を見ていただくと分かるように、スペシャルエディションは木箱に入れられているのであります。



中も凝ってて開けるとこんな風になっています。

oooku1.jpg
献上品のようなうやうやしさ。



面白かったんだけども西島秀俊にあまり魅力を感じない奈々っぺは、生島役をもう少し色気のある俳優さんにやってほしかったなあと思わなくもなかったです。椎名桔平とかさあ。まーでもこれは単に個人的な好みの問題なのですが。

そしてもう一つは「すべらない話」の第三弾。

初回版には特典映像が収められたDVD付き。



suberanaihanashi3.jpg

地上波では未公開だった宮川大輔のネタが面白かったです。






●2015.08.06追記●

未だに西島秀俊の魅力がよく分からない。

って、若干意地張ってる。

プラダを着た悪魔

ドラえもんが居たら何の道具を出してもらう?

という問いに

もしもボックス(orスペアポケット)

と答える人にあまり魅力を感じない奈々っぺです。こんばんは。

逆に、「ひい木」とか「ツモリナール」とかあんまりピンと来ない上に大して役立ちそうに無い道具の名前を挙げられると何故かきゅんとします。(どうでもいいけどドラえもんの道具一覧がココで見れます)



で、今日の本題。

4988142489623.jpg

プラダを着た悪魔



楽天ブックス内のレビュー見てたら奈々っぺと同じく発送が遅れた&予約購入にも関わらず初回特典のブックレットがついてなかった、っていう(怒りの)書き込みがたくさんあったんですが、今回は奈々っぺもそーーーーーとーーーーーガッカリしました。

発送遅延お知らせメールの中に「キャンセルも出来ます」みたいな一言すらなかったし。

そのメールが来たときはガックリしつつも「でもこの管理を担当してた人相当怒られたんだろうな…」とか思うと「まあいっか…しょうがない」って思えた(ような気がした)けどやっぱしょうがなくないみたいで、

初回盤じゃないんならレンタルでいいんじゃないの?とか思ってイライラッとしていた頃モノグラムのように「楽天 楽天 楽天.....」とプリントされた忌々しい封筒に入って我が家に嫁入りしてきました。


結論から言うと、もういいや。です。

だっておもしろかったもん。やっぱレンタルじゃダメです。持ってないとダメです。

確実にこれから何回も何回も見て、多分おなじみあいちんにすんごいとるにたらないシーンのどうでもいいアクションのモノマネとかやってしまうんだと思います。んで「わかんねーよ!」とか言われるんだと思います。

もうね、女子の「好き」や「憧れ」がぎゅぎゅーーっと凝縮された映画。RANWAY編集部内の衣裳部屋(ダサい呼び方してすみません)の中が画面越しに見ても魅力的過ぎて「ぎゃああああ」と叫んでしまいました。カメラ持って社会化見学に行きたい!

とにかくメリルストリープがかっこよすぎます。

ゴージャスかつエレガントなファッションにしてもそうですが、それだけじゃなくて佇まいや所作や眼差しや言葉の発し方の一つ一つがべらぼうにかっこいいのです。

メリルストリープの出てる映画をたくさん見てるわけじゃないけど、今まで彼女が演じてた役を引き合いに出させる隙を与えないほど完璧に「鬼編集長ミランダ」を演じていて、優れた女と書いて女優とはよく言ったものだわ…と除優奈々っぺは感服してしまいました。

アンディ役のアン・ハサウェイもあのままバービーサイズにして部屋に飾っておきたいくらい可愛くて観てる最中に「かーーーわーーーいいいいいいぃぃぃぃ!!!(悶絶)」といちいち口に出さないと気が済まないくらいでした。

アンディと同じ髪型にしようかどうしようか今本気で迷っている奈々っぺであります!



325271view016.jpg



アンディの先輩役エミリー(上の画像右)は、アンディよりも世に多く生息してるタイプの女子ではなかろうかと思います。

アンディに優しくない時期もあるんだけどその気持ちも分かるし、良くも悪くもすごく女の子らしくて憎めないキャラクターでした。


観た方もこれから観る予定の方もたくさん居ると思うので内容には触れませんが一言だけ。

クライマックスの直前まで「こんな痛快な映画観るの久しぶりだ!」って思ってたのに、最後の最後でちょっと裏切られました。

あとアンディの彼氏が苦手なタイプです。(どうでもいい)


すべらない話其之弐


回を増す毎に尻つぼみしてる感は否めませんがそれでも好きっす。
宮川大輔とケンドーコバヤシがたまりません。
20061215024303
初回限定特典として「すべりしらずお守り」というのがついてました。
頼ってしまいそうだ。


img35938933.gif
人志松本のすべらない話 其の弐



ブログランキング
気が向いたらクリックおねがいしまっす(ノ∀`*)ゝ

ついでにこちらも…(ノ∀`)ゝよろしくです★
rankingbanner05.gif
GBCランキング


「其の弐」が出るYO!!!!

家でゆっくりのんびりネット出来るのもあと数日…と思うと切ない奈々っぺです。こんばんは。
全然関係ないんですが、さっき楽天ブックス覗いてて知ったんですけど、「人志松本のすべらない話 其の弐」が12月に発売されるYO!!!!(もちろん"壱"は所持)


yrbn-13144.jpg  yrbn-13145.jpg
人志松本のすべらない話 其の弐

左が初回版、右が通常版です。


しかーし、楽天ブックスではもう予約分売り切れ!!(´д`lll)
なので奈々っぺはコチラで注文。(楽天ブックスと同じく送料込み)
こういうモノまで送り先を新しい住所の方に設定するのってなんだか感慨深いというかしんみりしちゃいますな…。




ちなみに「其の壱」はコチラ。





ブログランキング
気が向いたらクリックおねがいしまっす(ノ∀`*)ゝ

ついでにこちらも…(ノ∀`)ゝよろしくです★
rankingbanner05.gif
GBCランキング

ついに我が家にも…

ほんとに今更なんですけど、ついに我が家にも









ちょっと前からこいつが居ます。



061101_174717_ed.jpg




ブログランキング
気が向いたらクリックおねがいしまっす(ノ∀`*)ゝ

ついでにこちらも…(ノ∀`)ゝよろしくです★
rankingbanner05.gif
GBCランキング
●過去ログランダム表示●



●愛用品ログ一覧●

fc2blog_20141114011140e3d.jpgfc2blog_20131215083012ca2.jpg
fc2blog_20150213013703f08.jpgfc2blog_201502101300178da.jpgfc2blog_20131222133640db6.jpgfc2blog_201311011114277ba.jpg
fc2blog_20131105124305216.jpgfc2blog_201311180228231b1.jpgfc2blog_20140401035020166.jpgfc2blog_20140419115949bdb.jpg
fc2blog_201311041253183ac.jpgfc2blog_20131104125241c83.jpgfc2blog_201311011115436b2.jpgfc2blog_20131101111556736.jpg
fc2blog_201311051132592b6.jpgfc2blog_20131101124245813.jpgfc2blog_201401071218522a5.jpgfc2blog_201311011241517f7.jpg
fc2blog_201311011242226d3.jpgfc2blog_201401111255144ca.jpgfc2blog_2013112812265944b.jpgfc2blog_20140408054901db4.jpg
fc2blog_20140505162514765.jpgfc2blog_20131119022911a17.jpgfc2blog_20131123141106243.jpgfc2blog_2013110612513398a.jpg
search
profile

奈々

Author:奈々
82年製。

instagram @18nana
Twitter @r18nana_2

「30代なに着る?」アンケート。
ads
楽天
all categories/all archives
 
calendar
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
links
このブログをリンクに追加する
R